スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重県大王崎にてマイボートでマダイゲット

大王崎沖で完全フカセに挑戦                   

4月21日、三重県大王崎沖に乗っ込みマダイ狙いで出かけた。前日より釣り友の長崎氏より誘いを受け当日午前8時に釣り友の福崎氏と名古屋を出発11時に現地で長崎氏と合流し長崎氏所有のマイボート(釣船タイプの和船)で出航。エサはオキアミで3人で七枚半用意してもらった。当日は天気は快晴だが、かなり波がある様子。とりあえず行きましょうとのことで出航したが英虞湾の中は波は外と比べものにならないほど静かである。波でカキ養殖のイカダが揺れる。乗合船と異なり周りに気兼ねしなくて良いのが何より良い。ポイントまでの航程は約40分程、かなりうねりがあり船長の長崎氏は苦労している。今年はマダイの乗っ込みが例年より早く型も良いと聞いているので期待が持てる。ようやくマダイのポイントに着き船長はアンカーを投入した。水深は65m。周囲を見渡すと数隻の船が既に釣っている。早速準備をして始めることにした。波風こそ無いがウネリがあり揺れが大きい。
船長の長崎氏は右舷トモ、  
私は左舷トモに釣り座を構えた。このあたりの釣りは一般的にはテンビンフカセが主流のようだ。釣り友は二人ともテンビンフカセで始めた。私はせっかくだからいつも日本海でやっている完全フカセ釣法に挑戦してみつことにした。私のタックルは竿はアルファタックル『真鯛誘い270』、リールダイワシーボーグZ500FTにラインはフロロカーボン6号を300m巻いてある。仕掛けは伊勢尼12号3本バリ、ハリス5号2m、ミキイト6号である。第一投を流し始めると潮は意外と流れており30mほど出たあたりから軽快にラインが出ていく。時折スプールの回転が速くなり警報音が鳴る。アタリか?気のせいのようだ。150mほど出たあたりだろうか連続してラインが出ている。とりあえず合わせてみようと思いきりしゃくってみるがどうも軽い。ラインがかなりフケているようだ。リールの巻き上げスイッチを入れゆっくり巻き始めた。すると20mほど巻いたところでいきなり竿がしなりマダイ特有のググッとくる三段引きのようなあたりがきた。よしっと思いしっかりハリがかりさせるためにもう一度思いっきり合わせをいれた。気持ちいい三段引き、間違いなくマダイだと確信しドラグを少しゆるめ電動で巻いた。近くに来てラインをたぐり寄せると姿を現したのは58㌢のマダイ。釣り友は二人ともテンビンでやっているがまだアタリは無いようだ。そこで二人とも完全フカセに替えてやってみることにした。すると左舷ミヨシの福崎氏の竿も弧を描いている。やはり150㍍超えで来たようだ。取り込んだのは61㌢のきれいなマダイ。テンビンでの釣りと異なりこの釣法は魚の引きがダイレクトに伝わってくるため何とも言い難い快感を味わうことができる。
続いて手釣りで完全フカセをやっている船長の長崎氏にもアタリがありファイトしている。竿釣りと違い手釣りで巻き上げる感触もたまらないようだ。上がったのはやはり60㌢程のマダイ、型がそろっている。これで全員ボウズ無しとなり少し気分的に楽になった。船長はテンビンと完全フカセの両方でやっている。始めてからテンビンには全くアタリが無かったが2時間程たったところでやっと30センチほどのグレをゲットした。潮が速く150号のオモリを付けて投入しているが、ウネリが大きく小物ではほとんどアタリが分からない。このような状況では完全フカセも有効だなと感じた。船長から『
ウネリも収まらないので暗くならないうちに早めに帰ろうよ』とのことで気合いを入れて最後の一投を入れた。潮が二枚潮でアタリが非常にわかりにくい。上潮はトモに流れているが下は船と直角に左舷側に流れている。だからアタリがあってもよっぽど走らなければ分からない。
最後だからと思い、思いきり200mほどラインを出してみた。船長の合図でそろそろ終わりにしようとのことでリールの巻き上げに入った。すると30m程巻いたところで竿が絞り込まれた。おっと掛かっている。思い切りしゃくって合わせた。ハリ掛かりしたようだ。その後ゆっくり巻いて上がってきたのは38センチのちょうど食べ頃サイズのきれいなマダイ。これで最後の納竿となった。当日の釣果は船中でマダイ61センチ~38センチ5匹、グレ30センチ1匹 まずまずの釣果だった。これから解禁になる福井鷹栖沖の完全フカセ釣りが楽しみだ。
daio01.jpg

AYU05.jpg

スポンサーサイト



マダイ爆釣

伊勢湾乗っ込みマダイ本格始動
90㌢ 7.3㎏筆頭に60㌢オーバー3匹ゲット 

鳥羽市本浦の山洋丸さんに電話を入れてみると「今年は早くから良型が釣れているよ。」とのことで早速予約を入れ4月14日に釣り友の望月氏、舟津氏と共に3人で釣行。当日は天気予報では雨の予定であったが意外に早く低気圧が抜け快晴になった。しかしながらかなりの風がある。釣り座は先着順とのことでなるべく早く着けるよう名古屋を午前8時頃出発。現地には出船予定12時の2時間前に到着。早めの昼食をとりながら支度をして待機することにした。沖を見ると湾内だが風も強くやはり波も結構あるようだ。
午前のアジ便で出ている船が桟橋に戻ってきて荷物を積み込み出船。途中、筏で餌のウタセエビを積み込みポイントへ向かった。航程は20分程。船も大きくゆったりしているので快適だ。またトイレ・キャビンも広くきれいで女性、子供でも安心だ。ポイントに到着しアンカーが下ろされ船長からサービスの船宿仕掛けが配られ開始の合図。潮はトモからミヨシのほうに流れている。「オモリはトモは重くミヨシの方は軽めに調整して下さい。」と船長の指示。かなり潮が速いようだ。私は左舷トモに釣り座を構えていたのでとりあえずオモリ60号で始めることにした。当日の私のタックルは胴調子の3mのマダイ竿に中型電動リールの組み合わせ。ラインはフロロカーボン透明の6号を巻いている。この釣りには潮の流れが影響するためPEラインは適さない。もしリールにPEラインが巻いてある場合は、先に10m程フロロかナイロンのラインをつなぐと良い。私は仕掛けは市販のウタセマダイ用胴付き3本針仕掛けを使用。ミキイト5号、ハリス4号、伊勢尼11号である。ポイントの水深は25m前後。エサのウタセエビを付けて第一投を投入。底取りをしようとしたとたんいきなりアタリ、しっかり合わせて慎重に上げてみると30㌢ほどのまさに桜鯛と言うべき非常にきれいなマダイである。これは今日は、さい先が良いと思い気合いを入れなおす。しかしその後が続かない。エサ取りが多いようだ。船長の話では「午後一から釣り始めの時間は、そんなに活発に食ってこないからあせらずゆっくりやっていいですよ。」とのこと。「そのかわり午後4時を過ぎた頃から活発に食いが立ってきますからそんなつもりで仕掛け等入念に準備しておいて下さい。」とのアドバイスがあった。昨日も午後4時過ぎた頃から入れ食いになったらしい。第二投以降はエサ取りの猛襲に手を焼くことになった。こんな時は、手返しが早くできる電動リールは有効だ。エサ取りをかわすため棚を少し上げることにした。そうこうしているうちに底から5m程切った棚で40㎝程の良型のマダイが上がってきた。良隣に釣り座を構えている釣り友はカワハギ、アジ等を取り込んだようだが本命のマダイの型はまだ見ていないようだ。そして3時半を少しまわった頃か置き竿にしていた竿が弓なりに海面につっこんだ。すぐに合わせ電動リールの巻き上げスイッチをオン。小気味良い巻き上げ音を上げている。かなり大きいようでラインが出ていったり一進一退。ドラグを気持ち閉め込んでみる。こういったときドラグの閉めすぎはバラシにつながるので禁物である。私は万が一大物がきても良いように手で力をいれて引ける程度にゆるめている。もちろんんこのままでは合わせられないので合わせるときはリールのスプールをグッと押さえて合わせるようにしている。そうこうしているうちに浮いてきたのは型の良いマダイ、隣の舟津氏にタモ入れをお願いしゲットしたのは60㎝のきれいなマダイ。時合いに入った予感。今度は舟津氏が隣でファイトしている。大物の気配である。小生がタモを準備して構えると目の前で痛恨のバラシ。ハリ掛かりが浅かったのかもしれない。気を取り直し私も再投入。すると連続してヒット。今度も大物の予感。上がったのは少し黒ずんでいるが良い型のマダイ。計ってみると61㌢あった。その後50㌢未満のマダイ4匹、50㌢のクロダイ1匹を追加し時計を見るとすでに午後6時を回っている。船長に釣った魚を絞めていただき、ホームページに載せる写真を撮ってもらっていると置き竿にしていた竿がまたしても弓なりになっている。あわてて釣り座に戻り竿を立てて、しっかり合わせを入れ、リールをセットした。かなりの大物のようだ。リールが巻き上げるどころかラインが出ていっている。引きからするとマダイに間違いない。絶対にバラすまいと手で慎重に巻くことにするがかなり強い引きをしている。やっとのことでタモに収まったのは68㌢・4.1㎏のマダイ。最後に有終の美を飾り納竿となった。船長より「写真撮り直しになっちゃったじゃないですか。」とうれしい冗談もとび出した。運がい良いときは最後まで運が良いものだなとつくづく実感した。
当日の私の釣果は、マダイ68㌢を頭に60センチ以上3匹、50㌢~24㌢5匹、47㌢のクロダイ1匹で久々に釣果に恵まれた1日であった。
▼問い合わせ 鳥羽本浦 山洋丸 0599―32―5967
 
AYU01.jpg


AYU02.jpg


AYU03.jpg

AYU04.jpg

メダイ終盤戦

メダイ終盤?
3月4日、福井県小浜の漁生丸に私含め4人でメダイ狙いで釣行した。船長の上田さんからの連絡で早く来た方が良いとのことで3時半に名古屋を出発し6時に現地到着、近くの釣り餌店でまき餌用のオキアミとつけ餌のイカ短冊、ホタルイカ等を購入し乗船した。ポイントまで航程30分程、船長の合図で開始となる。エサ取りがいるので底から10m程切って65mくらいでやってみてとのこと、私は同行者の望月氏とともに釣り座を構え早速準備私は左舷とも側。
当日使用した私のタックルは、竿がオモリ負荷50号の3.3m胴調子竿、中型電動リール、ミチイトPE6号、オモリ50号、仕掛けは大型の片天秤で幹糸7号ハリス6号1mの3本針、針は伊勢尼13号を使用。当日の天気は日本海なのに快晴ポカポカ陽気でべた凪、絶好の釣り日和という感じ。夏の日本海はこんな日も多いが今頃は珍しい。来週からまた崩れるとのことだが。
1年ぶりのメダイ釣りでワクワクドキドキってな感じで第1投目を投入、エサはとりあえずオキアミを付けた。エサ取りのようなあたりがあり上げてみるとしっかりエサは取られている。少しタナを上げてやってみることにする。船長はミヨシの方でサビキでチダイ、カワハギをポツポツ上げている。釣りタナを55mほどに上げたところ私にも30㎝ほどの型の良いチダイが来た。本命メダイのあたりは誰にも無し。
海面は湖のようにべた凪で潮も動いていない。そうこうして開始1時間ほど経ったころか、右舷ともの望月氏の竿先がいきなり海面につっこんだ竿を持ち上げファイトしているが中々あがってこない。本命らしい。そうこうしてやっとのことであがったのは75㎝ほどの型の良いメダイ。釣りタナは66m、ホタルイカに来たとのことで私も仕切り直してつけエサを3本バリにオキアミ、ホタルイカ、サンマのぶつ切りと全部変えて付けて投入。すると65mで止めたところでいきなりググッとひったくるようなアタリ、『来たー』思わず叫んでしまった。
グングン引いている。良い感触。メダイは食べてもおいしいけど水面に来るまで抵抗するから引きが最高におもしろい。上がってきたのは55㎝ほどのメダイ。型はやや小さいがとりあえず本命ゲットで満足。先端に付けたサンマに来ていた。サンマは事前にスーパーで購入していったもの。エサ取りが多いときなどはサンマとかイカのようなとれにくいエサが有効です。活気づいたのもつかの間でアタリが遠のき全くアタリ無しという感じ。通りすがりのメダイだったのか?その後ポイント移動を繰り返したがエサ取りの猛襲で本命まで届かずといった感じ。ウマズラハギとチダイがポツポツで結局本命メダイは朝の2匹のみで納竿時間を迎えることになった。当日の釣果は本命メダイ75~55㌢2匹、チダイ30~24㌢6匹、ホウボウ30㌢1匹、ウマズラ10匹

福井 小浜 漁生丸にてMEDAI

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。