スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大王崎でイサキ・アカイカのリレー

大王崎沖でイサキ・アカイカのリレー                   
6月30日(土)、大王崎波切港の海友丸に釣り友の福崎氏と望月氏の三人で訪れた。当初は福井の玄達瀬が解禁になったのでそちらへの釣行を計画していたが低気圧の影響で出船できるか微妙とのことで急遽前日に予定を変更し太平洋側なら大丈夫だろうと大王崎の海友丸に問い合わせすると『アカイカが釣れています。』とのこと。また、この船はアカイカの前にイサキも釣って頂きます。とのことでダブルで楽しめると思いすぐ予約をいれて当日の釣行となった。船長より漁港に午後2時に来てくださいとのことで余裕をみて名古屋を午前10時頃に出発し途中道路も順調で午後1時前には漁港に到着した。釣船の係留場所の周囲はきれいなトイレもありまた駐車場も広く荷物の積み降ろしも便利だ。今回初めての利用なので仕掛け、餌等の勝手もよくわからないので船長にお任せすることにした。当日の天気は快晴でかなり暑い。漁港から海を見る限りは凪のようだ。待つこと30分ほどで漁港に船長が到着。さっそく船長が持ってきたお勧めの仕掛けを購入する。イサキ用にはマダイ用のハリ10号、ハリス4号、全長6mの2本バリのフカセ仕掛け、アカイカ用はヤマシタの3号のオッパイスッテ5本仕様。イサキ用にオキアミを一人1枚づつお願いした。定刻の午後2時、早速準備して荷物を船に積み込んで出船となった。当日は、本来乗り合いであるが釣り客は我々のグループのみであったのでゆったり釣り座を構えることができた。私は左舷トモ、福崎氏は右舷トモ、望月氏は右舷ミヨシに釣り座を構えた。大王崎沖のポイントまで航程約10分程で到着。沖に出ると波はさほどでもないが風が結構強い。当日の私のタックルは竿『シマノ海攻マダイ330』、リール『シマノ電動3000XT』PE6号300㍍巻き。早速、船長の合図で開始。『オモリ100号、タナ25㍍位からやってください。』とのこと。結構潮が速い。ミヨシに流れている。カゴにオキアミをつめて第一投を投入。27㍍まで仕掛けを落とし込みコマセを振って少しづつ巻き上げて25㍍でアタリを待った。しばらくしてもアタリがない。すると隣の福崎氏が竿を曲げている。船長より『イサキじゃないな、サバかな。』やはり取り込んだのは40㌢ほどのサバ。型は良い型だ。すぐに私の竿もギュンギュンしなっている。どうやらサバが回ってきたようだ。
サバ目的じゃなかったのでポイントを移動することになった。新しいポイントに到着。船長からのアドバイスで『コマセはあまり多く巻かないでください。』とのこと。コマセを撒きすぎるとサバが寄ってくるそうだ。ここのイサキは瀬についているのでコマセはパラパラ程度で充分食ってくるそうだ。船長のアドバイスにしたがって再投入。タナはやはり25㍍程。投入するとすぐにグングンと小気味よいアタリ。アワセを入れて電動の巻き上げスイッチを入れる。やっと25㌢級のイサキをゲットした。その後ダブルでヒットし30㌢級もゲットした。同じタナで20㌢程のアジも食ってきた。隣の福崎氏はすでにイサキを10匹ほどゲットしている中には35㌢を超える型の良いものも混じっているようだ。その後午後4時を回った頃か強烈なアタリ、あげてみると30㌢を超えるウマヅラハギと45㌢のゴマサバだ。またしてもサバの群れが回ってきたようだ。その後仕掛けが切られて何ともならなくなった。船長から『そろそろアカイカに行きましょうか。』とのことでポイント移動してアカイカ釣りに変更することになった。ポイント移動も10分程でより岸に近い。水深20㍍程でかなり浅場のようだ。船長の話ではポイントはいろいろあり40~50㍍の深場もあるが、浅いところの方が同じ長さの仕掛けならば幅広く誘えるから効率がよいとのこと。ただ根掛かりしやすいから底は必ず切るようにとのアドバイス。
早速仕掛けを船長お勧めのオッパイスッテに替えて投入。『乗りが良くなってきたら誘った方が良いけどそれまでは疲れるから置き竿で良いよ。』とのこと。しかしながら全然アタリなし。2,3日前までは明るいうちから結構乗ってきたらしいが昨日も明るいうちは全然乗らなくて、今日はどうなのかなと思っていたら午後6時を回った頃からノリノリになってきたらしい。今日もそうなることを期待してしばらく待つことにした。すると船長から『来たよー』との声が、見ると船長も2本竿で胴長20㌢程のアカイカを取り込んでいる。『身切れしやすいからゆっくり取り込んでください。』
とのアドバイス。私は、イカ釣りは6~7年ぶりだが三重のこの地方でのイカ釣りは初めてだ。どんなアタリが来るんだろうかと思っているとすぐに私の竿先にガタガタと震えるアタリ。乗ったと思い電動でゆっくり巻き上げるが水面手前で軽くなってきた。どうやらバレたようだ。すぐに再投入し底をきってゆっくり上下に誘ってみる。するとまたすぐに乗ってきた。やはり手持ち竿にしてアタリを感じると何とも言えない良い感触だ。ゆっくり手巻きで巻き上げることにして巻き上げかけると2,3回巻いたところでまたずしりと重くなった追い乗りしてきたようだ。仕掛けの上のほうに乗ったアカイカが水面に出たとたん勢いよくスミを吹いた。慎重に2尾取り込んだが、下に乗っていた1尾はスミを吹いて逃げるのが見えた。隣の福崎氏は大きく竿を曲げて巻いている。大きいようだ。『バレたー』の声。中段のスッテにかなり大きいのが乗っていたらしく取込む際にスッテのハリス切れで落としたらしい。もったいない。アタリは結構あっておもしろいが、取込みが結構難しく水面上でバラすことが多い。そこで船長より『巻き上げの時に水中ランプを竿の先端まで巻き取って取り込んだ方がいいよ。』とのアドバイス。船長の指示通りやってバラシが少なくなった。今回はイサキと共用で長めのマダイ竿を使用したが柔らかめの短い竿の方が有利なようだ。しばらくしてアタリがなくなってきた。どうしたのかなと思ったら、船長からタナが上がってきているよとのこと。タナを5~7㍍程にして誘うことにするとまたすぐ乗ってきた。25㌢程の型の良いのが乗ってきた。釣り友も頑張って釣っているようだ。福崎氏は20尾超えたと言っている。そして午後8時を回った頃からか、だんだんアタリが遠のいてきた。船長からの『そろそろ終わりにしましょうか。』の合図で納竿となった。当日の私の釣果はイサキ30センチ~25センチ4尾、アカイカ胴長27~20㌢13尾、サバ2尾、アジ2尾、ウマズラ1尾だった。船中でアカイカは30~20㌢75尾と大満足とまではいかないが初めてのアカイカ釣りで小気味よいアタリを充分堪能することができた。今後、アカイカの群れも一段と浅場に寄るとのことで爆釣を期待し再度挑戦してみたい。
釣船
大王崎
海友丸
0599―72―3123



ika02.jpg

ika03.jpg

ika01.jpg

スポンサーサイト

鷹栖沖で完全フカセに挑戦

鷹栖沖で完全フカセに挑戦                   

6月1日、会社が創立記念日で休みということもあり解禁になった鷹栖沖に半年ぶりで釣行した。解禁の5月1日から乗っ込みシーズンでマダイが数釣れているようで土日の予約はいっぱいのようだ。当日は釣り友の福崎氏と池田氏の3人で釣行。釣船は船宿の鷹栖フィッシング町さんにお願いし旭丸さんを指名した。旭丸さんは昨年の9月に自己最高の90㌢大マダイを釣らせてもらって良い思いがあり今回も期待したい。当日は名神高速の集中工事ということもあり自宅名古屋を余裕をもって7時過ぎに出発したおかげで途中渋滞等もあったが予定2時間前の11時には現地に着いた。こういった渋滞情報等は前もって入手し遅れて船宿に迷惑かけないようにしたいものだ。船宿で午前の釣況を聞くと潮が速すぎて全然ダメとのことで不安がよぎる。今年初めての鷹栖釣行なのに・・・
爆釣を祈って準備して旭丸に乗り込む。午後1時に予定通り出航。海は波風無く穏やかである。6月にしては少し肌寒いが絶好の釣り日和だ。鷹栖沖までの航程は約15分、ポイントに到着しアンカーがおろされ戦闘開始となった。釣り座は右舷ミヨシに池田氏、トモに福崎氏、左舷トモに私となった。私と福崎氏は完全フカセで池田氏はテンビンで始める事にした。私のタックルは竿はアルファタックル『誘いマダイ301』、リールはダイワ『シーボーグZ500FT』、ラインはフロロカーボンの7号を300m巻いている。仕掛けはハリス6号で11号の伊勢尼3本バリ。早々に準備して期待を胸に第1投を投入。やはり聞いたとおりかなり潮が速い。あっという間に100mほど出てしまう感じである。とりあえず250mほど出してみてアタリがないので仕掛けを回収した。付けエサは付いたままだ。やはり潮が速いので上層に仕掛けが浮いているのだろう。完全フカセ釣法は仕掛けを潮の流れに任せ自然に流し同時に船からコマセを巻いてやる釣法だ。魚が掛かったときの引きはダイレクトに竿に伝わり手応えは最高だ。当然のことながら船からまくコマセと仕掛けが同調していないと釣果が上がらない。そこで今度は仕掛けにサルカンを二つほど付けて再投入した。しかしながら全く反応がない。潮は動いているのに、やはり速すぎるのか。同行の釣り友にも全くアタリが無いようだ。船長が無線で他の船の状況を聞いたがどこの船も芳しくないようだ。そうこうしているとテンビンで釣っていた池田氏が28㌢のチダイを上げた。しかしまだこの程度じゃ活気づかない。完全フカセ釣りでは、リールのスプールが音を出して回転しラインが出て行くのが醍醐味である。ただしヒットしたときのリールのバックラッシュにはくれぐれも注意したい。せっかくヒットした獲物をばらすことにもなる。時間は午後3時を回った。もうこうなったら夕まづめの時合いを待つしかないのか、
船長の判断で少し潮が緩いと連絡のあった白浜沖に移動することになった。
白浜沖のポイントに来たが他の船も移動しているようで数隻の船がいる。既に午後4時を回っている。期待が膨らむのと裏腹にアセリが出る。そして30分程したころか、福崎氏のリールが連続警報音を出している。間違いなくヒット。立ち上がって大きく合わせを入れると竿が大きく弧を描いた。大物らしい。手前まで寄せてくると浮き上がってきた。間違いなくマダイだ。船長がタモ入れして上げると68㌢のきれいなマダイだった。85mでヒットしたようだ。やっと活気づいてきて私も気合いを入れて再投入。するとまたしても隣の福崎氏にヒット。かなり大きいようでラインが一進一退を繰り返している。こういうときは決して無理は禁物だ。船長がタモを用意して構えると痛恨のバラシ。75mでヒットし30m程巻いたところでばれたようだ。仕掛けのハリはしっかり付いていたので掛かりが浅かったのかもしれない。その後も私には大物のヒットは無くアタリも感じないまま回収しようとした仕掛けについていたという感じで33㌢のマダイと25㌢のメバルをゲットした。結局私と池田氏の二人は完全フカセのアタリを味わうことなく日没を前に納竿となった。当日の釣果は船中で68㌢のマダイを頭に46㌢~30㌢4匹、チダイ、ソイ、メバル各1匹の釣果で鷹栖沖にしては少し寂しい釣果で終わった。これからは6月中旬には玄達瀬も解禁になり夏になれば青物も期待できるので今後のリベンジに期待したい。これから鷹栖沖の完全フカセに挑戦される方へのアドバイスとして竿は3m程度で50号くらいの負荷の竿なら何でも良い。リールは中型の両軸でスプールの回転が軽いものが良い。フロロカーボンの6号~8号を300m程度巻いて頂きたい。PEラインはこの釣法には適さないので注意して欲しい。空巻きで仕掛けの回収のことを考えると手巻きより電動が有利だ。夏場の日本海は比較的天候は安定はしているが突然の変化で沖止め(船が出港禁止になること。)になることも多いので覚悟が必要だ。条件が揃ったときは大物ゲットも期待できる。ぜひ80㌢越えのマダイを狙って頂きたい。


takasu001.jpg

takasu002.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。