FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウタセ五目本格始動 鳥羽本浦2007年9月24日(月)

ウタセ五目本格始動 2007年9月24日(月)祭日 曇り                    
 
9月の3連休で天気も安定してるようなので鳥羽市本浦の山洋丸さんに電話を入れてみるとハマチ、カンパチの青物が結構釣れているとのことだが連休中日の23日はあいにくいっぱいとのことでやむを得ず連休最終日の9月24日に予約を入れて釣り友の望月氏と2人で釣行した。当日は天気予報では小雨から曇り。12時出船なので若干余裕を持って午前9時に名古屋を出発した。途中で飲み物等を調達し現地に着くと11時頃で若干余裕があった。釣り座は先着順だが当日は午前出船していなかったようですでにトモの方には竿が立てられ場所取りされていた。我々は二人で左舷の胴の間で餌巻きの両サイドに竿を立て、早めの昼食をとりながら支度をして待機することにした。沖を見ると湾内だが風もあり予報通り波も結構あるようだ。12時になり船長からサービスの船宿仕掛けが配られ出航となった。途中、湾内でウタセエビの漁船から餌のウタセエビを積み込みポイントへ向かった。航程は約30分程。湾の外に出るとかなりの波である。胴の間に座っていたらシブキで濡れてとても我慢できずキャビンの中にはいった。そうこうしているうちにポイントに到着しアンカーが下ろされ船長から開始の合図。かなりうねりもある。とりあえずオモリ50号で始めることにした。当日の私のタックルはシマノ海攻マダイ330に電動リールシマノ3000XTの組み合わせ。ラインはフロロカーボン透明の6号を巻いている。この釣りには潮の流れが影響するためPEラインは適さない。もしリールにPEラインが巻いてある場合は、先に10m程フロロかナイロンのラインをつなぐと良い。私の仕掛けは自作の胴付き3本針仕掛けを使用。ミキイト6号、ハリス5号1.5m、ハリ伊勢尼12号である。ポイントの水深は25m前後。エサのウタセエビを付けて第一投を投入。底取りをしようとしたとたんいきなりひったくるようなアタリ、ひょっとしてワラサ?緊張感がみなぎる。しっかり合わせドラグを少しゆるめると音を立ててラインが出る。するといきなりラインがふけたと思ったら前方水面で魚が跳ねた。シイラだ。とにかく引きはすごい。少し寄せたところでハリス切れ。しかしながら久々にファイトした。気を取り直して再投入。周りを見るとトモの方で騒がしい。見ると竿が弓なりだ。上がってきたのはまるまる太ったハマチ。すぐに私の竿先もグングンと大きなアタリを見せている。合わせを入れてドラグを緩め電動で巻き上げる。水面に来るまで何度かラインが出ていった。ハリスを持って抜きあげると40㎝ほどのハマチと35㎝ほどの良型のアジ。アジ1匹でも型が良いので良い引きをする。その後もあちこちでポツポツ釣れた。若干釣果のペースが下がったのか船長から『一度あげてください。』とのこと。アンカーをあげて若干位置を変えて再度開始。船長が餌巻きでコマセのウタセエビを巻いたとたん船中あちこちで歓声が上がっている。午後3時を過ぎた頃か入れ食い状態になってきた。ハマチ、アジが交互にやってくる。アジも大きいものは40㎝級で引きも強いが食べても美味しいだろう。45㎝のハマチがダブルでヒットするともちろん竿先は海面に突っ込んでいく。思い切りグッと合わせる。この瞬間が釣り師にはたまらない。海面にきたらハリスを持って思い切り抜きあげる。まるで漁師になった気分だ。ハリス5号にしているのでこれくらいのハマチなら抜きあげても大丈夫だ。依然入れ食いが続いている。さすがにクーラーもいっぱいになってきてこんなに釣ってどうしようと思えてきた。釣れないときもあるのに全く贅沢な悩みだ。船長の話では、このところ安定して釣れているとのことでこれから更に型もよくなりおもしろくなるとのことだ。船長からのアドバイスで竿は長めの方が何故か釣果があがるとのこと。確かに周囲を見ていると短めの人はあまり釣っていないようだ。一般にウタセ用の竿というと手持ちの短めのものを想像するがどうもここでは逆のようだ。船長の論理は魚は船の外から食ってくるから船から遠い方が有利というものだ。あくまでも推測とのことだが。長めの竿を持ってきて良かった。
しかしながら最近釣果に恵まれていない私としては久々の入れ食いだ。これだけ入れ食い状態になってしまうと関係ないかもしれないがハマチの場合ウタセエビの新子を好んで食べるのであまり大きいものより小さいものをつけた方が食いが良いらしい。その時のつけかたは頭から刺さないで尾っぽのちょんがけで良いとのこと。もうこれ以上釣ってもしょうがないので私はしばらく休憩することにした。鯛でも釣れれば気を取り直して頑張るのだがいまの状況では仕掛けを降ろせば先にハマチか大アジが食ってくる状況だ。海面を見ると大きなシイラが数匹泳いでいるのが見える。まだ水温が高いということらしい。そうこうしているといると夕方になり左隣の方にマダイが釣れた。型は30㎝程だが、それをみて私も気を取り直して再度投入したがまたしてもハマチがかかった。ハリを外していると船長より納竿の合図。釣果は充分満足。今日はほぼ全員のクーラーが満タンだろう。私も真剣にやれば軽く100匹は超えただろう。私は、必要以上に釣らないことも釣り師の大事なマナーだと思っている。今日はほとんどハマチと大アジで船中マダイは数匹だったがこれからはいよいよ秋マダイのシーズンになりマダイの数釣りが楽しめるようになるだろう。釣況を見て是非また挑戦したい。
当日の私の釣果は、ハマチ45㌢~38㌢20匹、アジ40㌢~33㌢15匹久々に釣果に恵まれた1日であった。自宅に帰って夜遅かったが早速ハマチとアジを刺身にして食べたが味は最高。やはり美味しいウタセエビを食べているせいか伊勢湾の魚はほんとに美味しい。
▼問い合わせ 鳥羽本浦 山洋丸 0599―32―5967
 

続きを読む »

スポンサーサイト

台風あけの福士川に苦戦

07年9月15日福士川に釣り友くらの、西川君と鮎釣り釣行
大型の台風4号で1週間経つのにどこもなかなか水位が下がらず
鬼怒川も1m高で無理
どこに行こうか迷う中福士川に決定
朝5時出発
順調な行程で現地の佐野おとり店本店に7時半頃に到着
東京は天気が良かったが現地に着くと雨・・ あーあ
しばらく休憩するもなかなか止む気配がない。
天気予報は晴れなのに・・
オトリ屋のおばちゃんが入れてくれたお茶を飲みながら
地元常連の方と雑談しながら休憩
10時過ぎて雨が小雨になってきた。
決意して川にはいることに 水位がまだ30センチほど
高いようでオトリ店の前の川はかなりの濁りだ。
常連の方にポイントを教えて頂き2箇所に別れ竿を出すことに
した。私は西川君と上流のテトラの周囲のポイントに入ることに
しかしながらかなりの流れがあり初めてでは川を切って対岸に
わたるのは厳しいと判断し迂回してあるいてまわりやっとポイント
に到着。早速準備してオトリを泳がせる。
タックルはダイワ 銀影プライム9m かけハリは3本で7号イカリ
泳がせてまもなくアタリがあり型は小さいがいきなりゲット
オトリは変えずそのまま再投入。
するとやはりテトラの手前で15分ほどで掛かった。
結構型が良くいきなり下に流された慎重に下流の縁に寄せて取り込んだ。
オトリを交換し投入。 さすが元気に泳ぐがなかなか次が続かない。
12時をまわり常連さんが来て食事にしようとのことでおとり店に
もどることにした。
もう雨は上がって湿度が高く蒸し暑い。


鷹巣沖完全フカセ 不発!

07年9月1日
釣り友 福崎氏、望月氏と8月のリベンジで鷹巣に挑戦した。
天気晴れ
名古屋を10時に出発し賤ヶ岳サービスエリアで昼食をとり予約を入れた町フィlツィングに向かった。道路は順調で13:00頃には
現地着。町の主人のアドバイスで明るい内フカセをやって夜になって
胴付きで青物を狙うことにした。
準備も整っているので3時を繰り上げ2時に出発とした。
港に待っているのは旭丸。さっそく荷物を積み込み出発。
ポイントまで約30分 早速アンカーを入れて開始の合図。
私は左舷トモ、望月氏は右舷トモ 早速第一投を投入した。
150m出た頃かいきなりールが警報音を発しクラッチが切れた。
すぐにアワセ入れるが掛かったような・・・ 半信半疑
とりあえず巻いてみることに・・・
ばれた~~~
痛恨のバラシ
回収して仕掛けをチェックすると既製品の仕掛けを使ったため
針先にビニールのキャップが刺さっておりそれでハリ掛かりしな買ったんだろう。悔しい。
オキアミ付けるときに何故わからなかったんだろう。???
やはりかなり焦っていたんだろう。
しかし悔しい。
気を取り直して再投入するも全く音沙汰無し。
釣りともも全然。
船長の合図で仕掛けをあげ ポイントを移動することになった。
船長より あれっ アンカーが滑って上がらない・・
参ったなー
手伝ってどうにかアンカーを巻き上げ港にもどることになった
最悪・・ これで終わりか?
他の船を手配してくれて変わるか?との話しもあったが
修理のおじさんがきて何とかなりそうだとのことでしばし待つことに。
やっと治って再出発。
なんとか夕まづめで一発大物をと気合いを入れるが・・・
続かない 全くアタリ無し 潮はよく流れているが
そうこうしているうちにあたりは暗くなってきた。
もうそろそろ青物に変えようかとの船長からの合図
しかしながら胴付きにしても全然来ない。
しばらくしてメバルと子鯛を一匹づつゲット
釣り友の望月氏と福崎氏はポツポツと鯛を釣っていた。
胴付きにかえたが青物が来る気配はない。
船長よりマイカが釣れるよ。マイカにしたらどうだとのアドバイス。
イカ仕掛けを持ってきた釣り友はマイカを釣りだした。
俺もと思い 船長に仕掛けを借りて始めるもののなかなか来ない。
やはり水中ランプがあるのとないのとの差か?
望月氏に小さなランプを借りて再度始めるとやっと待望の一杯が
乗ってきた。
それからポツポツと乗り中には40センチほどの良型も来た。
アンカー事件で船長も気を遣って遅くまでやってくれたが
10時で沖上がりとなった。
リベンジを期待したが惨敗という結果におわった。
次回に期待したい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。