FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

071208鳥羽本浦 山洋丸 ヒラメ・マダイ

ヒラメ・マダイ狙いで釣行も残念!

hatamasu
071208 鳥羽本浦 山洋丸 ヒラメ・マダイ 天気快晴 北西風強 波あり

12月7日 横浜の忘年会を早々に切り上げ電車に飛び乗った
なんとか名古屋に23時半頃につきかえって準備
酔い止めが無く弟より調達
02時に釣り友福崎氏が迎えにきて2時過ぎ蟹江を出発
途中休憩するも4時半に港に着
集合5時半とのことで少し仮眠することに
かなり車が多い
取りあえずクーラーを桟橋に運んだ
5時過ぎ周りがざわついている
起きて準備にかかる
結構風がある
船宿の女将さんより桟橋右の船に乗ってくださいとのことで
右の船に乗ることに おやじ船長の船だ
すでにミヨシ側は竿がたてられている
どこがいいかな~~
流し釣りとのことでミヨシが有利との噂もあり ほんとか?
結局午後のウタセのことも考えともにすることに
右のともにした。
途中いわしを積んでポイントに
やく30分ほどか
早速鰯が配られ戦闘かいし
おもり60号で流すことに
かなり潮が速いようだ
あたりがない
やっと右舷ミヨシであがった
しかし私には来ない
おっ~~ きたー
あがったのはハタマス くえの子供らしい
残念ながら本命じゃなかった。
悔しい
しかしかなり風も強く波もある
船が大きいから平気だが5トンくらいの船じゃ揺れてたまらないだろう
そうこうするも結局本命の当たりのないまま納竿となった。
11時半沖上がり
いったん戻って今度はウタセマダイだ・・・
がんばるぞー
えさのウタセエビを積み込み出航だ
ポイントについたが結構波がある
潮はどうかな
今度は釣り座を変わり左舷オオドモに座った。
早速投入 30号のおもりで始めるが潮がかなり速い
しかし船長はおもりをもっと軽くしないと釣れないとのこと
15号に変えて再投入
その後8,5,3号と変更
これじゃフカセ釣りに近い感じだ
いつもと違う慣れないウタセの釣法に少しとまどいを感じながらも
船長の指示通り続行
右舷とも側でマダイがあがった50センチほどの型常連の方のようだ
しばらくして指示された棚で流しているといきなり竿先がつっこんだ
あわててあわせをいれてリールを巻くが途中で痛恨のバラシ
その後やっとのせで30センチマダイゲット










スポンサーサイト

071201 久々のヒラメ 外川にて

2007年12月1日(土) 銚子 外川  晴れ 快晴暖かい 
15℃
 前日より民宿に前泊現地に21:00着 食事を取り23:00就寝4時起床4:30出発 途中コンビニに立ち寄り食料他調達し現地に向かう港に着き船に荷物を積み込み出航準備
釣り座は右舷大とも 今日のメンバーは我々5名他2名でかなり余裕である。
準備が整い5:40出船 天気よく朝から暖かい カイロの準備をしたが必要ない感じである。 走ること約30分ほど天気はよいが少しうねりがある船は大きく揺れている。
ポイントにつき開始の合図
早速えさの鰯をつけて期待を込めて第一投
竿先にいきなりモゾモゾっとあたりが・・
少しラインを送りしばらく待ってあわせた。
乗った感じ 巻いてみるが あれっ
ググッー あ いるいる まずは船長に声をかけ慎重に巻き上げる
あと5㍍ ヒラメだ 
たもで取り込んだが型はいまいち それでもヒラメはヒラメだ
1k無い程度か・・・ 船長に鹿島サイズとバカにされてしまった。
さあ 取りあえずほっとして2投目投入
しかし後が続かない。
えさの鰯が追われて暴れているのが食い込んでこない。
そうこうしているうちに右舷ミヨシでゲット
同僚のk君だ。 k君は2度もバラシがあったらしい。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。