スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨居沖でマルイカ・アジのリレー釣りに挑戦    

鴨居沖でマルイカ・アジのリレー釣りに挑戦  

00
                   
 
 美味しいマルイカが東京湾の浅場に寄ってきたということでいてもたってもいられず会社の釣り仲間で船を仕立てて6月28日(土曜)釣り大会を開催することになった。内房に行くか三浦に行くか迷ったが今回は初心者も多いためおみやげも確保できるようにとマルイカとアジがリレーで楽しめる鴨居大室の五郎丸さんにお世話になった。総勢24名と多いので船は通常乗合で使っている大型船を用意して頂いた。当日は午前6時半集合で7時半出船の予定だったがみんな気が早く6時過ぎには半分以上が集合した。天気が良いので港はどこの船宿も満員で活気づいている。ちょうど梅雨の谷間に入ったのか快晴で海もべた凪である。7時前には全員集合し受け付けを済ませて荷物を船に積み込んだ。船長の合図で予定より若干早く出航となった。港を出てポイントまでの航程はほんの10分程だ。ポイントに着くと既に周囲はマルイカ狙いの釣り船でいっぱいである。船長から「水深16mです。準備ができた人からやってください。」と開始の合図。
早速、指定の60号のオモリを付け第一投を投入した。仕掛けは船宿のマルイカサビキ・エロチカウイリー5本角だ。オモリが着底すると上下にサソイを入れ聞き上げてみるが触りはあるようだが乗ってこない。そうこうしていると私の右隣の会社の若手が早々と本命をゲットした。最初の流しで船中3杯くらい上がり移動となった。周囲の船もあまり上がっていないようだ。これだけ釣り船が多いとイカ君もどこに乗って良いか迷ってしまうのだろう。三回目の流しでやっと私にもヒット。仕掛けが着底後ゆっくり聞き上げると微妙に乗った感じがしたのでバラさないようにゆっくり巻き上げミキイトを緩めないように慎重に仕掛けを手繰り寄せると一番下の薄ピンクのスッテに乗っておりその日初の15㌢ほどのかわいいマルイカを無事ゲットした。今日は是非とも釣り人の特権ともいえる沖漬けを作ろうと醤油・みりん・酒・昆布だしで煮込んだ特製のタレを持ってきたので釣れたイカをバケツの中で墨を吐かせタレに漬けた。その後、イカの群れを追って何度も流すがイカの乗りは渋い。私は左舷トモに釣り座を構えていたが、ミヨシもトモも全体的にポツポツと言う感じでイマイチ釣果が延びない。11時を回り船長から「後一流しで早めにアジに切り替えましょう。」とアナウンスがあった。
最後の一流しとなったが釣れる気配も無く仕掛けを回収しようとすると変な手応えがあり巻き上げると釣った感覚なくなんとか2杯めをゲットした。船全体の釣果は7~0杯だ。気を取り直してアジのポイントに移動となった。ポイントまで約30分程。凪で走っていても潮風が気持ちいい。ポイントに到着するとコマセのイワシミンチと付けエサのアカタンが配られた。早速タックルをビシアジ用に変更すると船長から「水深70m、タナは底から3mです。」
と開始の合図があった。早速第一投を投入し底を切ってコマセを大きく2,3回振るといきなり竿先にブルブルッとアタリ。電動のスイッチを入れゆっくり巻き上げると30㌢程の型の良いアジが上がってきた。幸先良いかもと思ったのもつかの間、全くアタリが無くなった。どうも潮が右舷側に流れているようだ。潮上になる左舷は皆さっぱりだが右舷側はオマツリしながらもポツポツ上がっている。外道だがサバやシマカツオも上がっている。マルイカが釣れない場合の押さえに午後アジとのリレー釣りにしたのだがアジ釣りにこんなに手こずるとは思ってもみなかった。「入れ食いでクーラーに入りきらなかったらどうしよう。」なんて思って来たのだが・・・
ポイントを数回移動するものの右舷と左舷の釣果の差はいっこうに変わることなく無情にも3時過ぎに沖上がりタイムとなった。港に戻り全体的に貧果の中での表彰式となった。優勝はマルイカ7匹、アジ11匹と低レベルのものとなってしまった。平均的にはマルイカ4~3杯、アジ7~5匹程度の釣果に終わった。釣果はいまいちであったが梅雨の合間の好天に恵まれ楽しい一日を過ごすことができ皆満足できたようだ。釣況をみて是非ともまたリベンジしたい。
02
aru03
スポンサーサイト

玄達開幕 メダイ爆釣

gen03
gen05
玄達開幕 青物不発もメダイ爆釣
6月21日、待ちに待った玄達瀬に釣行した。早くから福井県の鷹巣フィッシング町に電話を入れ予約していたが当日の予報は梅雨前線が停滞し芳しくないようだ。天候悪いのを覚悟で釣友である福崎氏と望月氏の3人で前日の夜名古屋を出発し船宿で仮眠を取ることにした。朝5時に起き外に出ると空はもやってはいるが雨は降っていない。早速受け付けを済ませ準備をして港に向かうと既に旭丸の中村船長が準備万端で待機していた。海はべた凪のようだ。天気予報が外れたおかげで最高の釣り日和になりそうだ。これで釣れれば言うこと無し。荷物を積み込み6時前に出航した。航程は約1時間程、べた凪なので波もなく潮風が気持ち良い。ポイントに近くなると釣船の大船団が見えてきた。まるで5月の鷹巣沖の解禁の頃を思わせるようだ。多くの船が縦横無尽に走りポイントを探している。瀬の浅いところは水深20m程でかなり浅い。やがて船長がポイントにアンカーを入れ船が安定したところで釣り開始となった。水深は40m程だ。釣り座は右舷トモにに福崎氏、左舷トモに望月氏で私は右舷ミヨシに入った。オキアミを蒔いてみるがどうも潮が動いていないようだ。とりあえず完全フカセの仕掛けを準備をして第一投を投入した。仕掛けは一発大物に耐えれるようにヒラマサバリ15号の2本バリにハリス10号だ。しかしながらラインを20m程手で送り出すがラインの出が悪い。どうも二枚潮になっているようだ。それではと泳がせ釣りで青物でも狙ってみようとまずは左舷側でサビキでアジを釣ろうと思うがいきなり大きな当たりがきて巻くと40㎝近いウマズラハギだ。仕掛けが底に届く前にウマズラハギが掛かってきてしまう。入れ食い状態だ。それにしてもここのウマズラは型が大きい。そうこうしているうちに望月氏にアタリだ。かなり大きいようだ。青物かもしれない。慎重に巻きたぐり寄せるものの残り20mほどのところで痛恨のバラシ。その後完全フカセの仕掛けには誰にもアタリが無いので船長の判断でポイント移動することになった。何度も移動を繰り返して仕掛けを投入するが潮が動かず全く反応が無い。一発大物の引きを期待したのだが残念だ。午後になり船長からメダイを狙いに行ってみようと提案がありメダイのポイントに移動することになった。水深は70m程だ。船長より魚探の反応を見て「45mくらいでやってみて。」と指示があった。早速天秤フカセに仕掛けを変更しエサ取りがいるかもしれないので付けエサはイカの短冊を付けて投入した。50m位からかごを振って45mで待つことにした。すると5分もしないうちに竿先が海面に突っ込んだ。ドラグを調整しながら慎重に巻きハリスを手繰るとメダイらしい魚体が見えてきた。無事に船長が構えるタモに収まったのは60㎝程のメダイだ。メダイは水面まで抵抗して引くので釣る醍醐味がある。その後は投入してしばらく待つとすぐにアタリが来て面白い。しかしながらメダイは口が柔らかいので途中まで巻いてバラすことが何度もあった。すると今度は右舷トモで福崎氏が格闘している。見るとかなりの大物のようだ。電動リールのスプールが逆転してラインが出ていっている。しばらくの格闘の末、観念して船長のタモに収まったのはなんとモンスター級のメダイ。船上で船長が計ると86㎝、9.3kgあった。まさに玄達の主という感じだ。こんなに大きなメダイを見たのは私も初めてだ。釣った本人もビックリだ。その後も同じポイントでメダイが釣れ続いた。やがて5時になり青物の型を見ぬまま沖上がりとなった。当日の釣果は船中で86~52㌢のメダイ16匹、45㌢のコブダイ1匹、38~32㌢のウマズラハギ6匹だった。今年初めての玄達で残念ながらアンカー潮で大物ヒラマサには出会えなかったもの型揃いのメダイの強い引きで十分堪能することができた。なんとかまた一発ヒラマサを狙って挑戦みたい。
gen02
gen04
gen01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。