スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾タチウオ初挑戦

東京湾タチウオ初挑戦
051.jpg
053.jpg
050.jpg
055.jpg

東京湾のタチウオの釣果上昇中とのことで7月27日(日)タチウオエサ釣りで川崎のつり幸さんを訪れた。6時50分出船とのことで30分ほど前には着いたが既に船はほぼ満席状態。どうも2,3日前今期最高のトップ80本超えの釣果が出たらしくてお客さんが多いようだ。私は釣り友の中村氏、内田さんと共に空いていたミヨシに釣り座を構えた。少し釣りづらいかもしれないが広いので我慢しよう。当日の天気は快晴でかなり日中はかなり暑くなりそうだ。準備を済ませ予定通り6時50分に出船。当日のポイント大貫沖までの航程は約50分程、乗船客は25名程で満員御礼だ。ポイントに到着するまでの間に中乗りさんからエサの付け方、しゃくり方を教えて頂いた。エサはサバの切り身で小魚に見せるため背の黒っぽい方から縫い刺していくとのこと。釣り方は棚まで仕掛けを降ろし30㌢刻みでしゃくりると良いようだ。
ポイントに到着すると既に20隻ほどの釣船がひしめいている。まさにタチウオ銀座と言ったところか、ポイントはかなり狭いようだ。そんな中で船長はタチウオの魚影を探し魚探で反応を探っている。早速、船長からの指示で釣り開始となった。船長のアナウンスで『水深10m~水面まで反応出ています。』とのことであった。どう猛なタチウオもエサを喰うのは意外に下手なのか早合わせは禁物のようである。東京湾タチウオ釣り初挑戦で第一投を投入した。10mまで仕掛けを降ろししゃくろうとしたとたんいきなり食い上げてくるようなあたりだ。しばらく待って合わせるもハリ掛かりしない。エサを付け直して再投入。今度はアタリがあっても食い込むまでリールを巻きながら待ってほぼ水面まで来たところでグイーっと持って行かれた。思い切り合わせ初ヒット。隣を見ると既に中村氏も内田さんも本命をゲットしている。船中アチコチで歓声が沸き上がっている。どうも第一投から入れ食いタイムに入ったようだ。またすぐにモゾモゾッとアタリがあったので慎重に巻くがどうもエサだけ取られていた。すぐさま仕掛けを降ろすと水深7m程で仕掛けが止まったするといきなりギュンギュンと激しいアタリ。そのままゆっくり巻き上げると今度はひったくるようなアタリ。上がったのはドラゴン級とまでは行かないがメータークラスの銀色の眩しい魚体。開始1時間ほど経ち入れ食いタイムは去った。しかし開始直後で10本くらいは上げただろうか。その後船長から移動のアナウンス。ポイント移動した後準備して再投入した。コツコツとアタリはでるがどうもハリ掛かりしない。意外にも疲れて置き竿にしている内田さんはコツコツと釣果を伸ばしている。どうもミヨシに乗っているせいか船の揺れが誘いになっているようだ。午後になって午前の半日船が帰ったせいか若干船は少なくなったがアタリも遠のいてしまった。ミヨシ側はあまりアタリが無いが胴の間ではポツポツと上がっているようだ。そのまま朝のような入れ食いタイムを迎えることなく14時30分で沖上がりとなった。我々の釣果はそれぞれ100㌢~65㌢15本程。船中トップは胴の間の方で48本とのことだった。東京湾タチウオ初めてにしては上出来かな。これからまだまだ型が良くなるとのことなので是非また挑戦したい。
スポンサーサイト

玄達瀬大物メダイ豪引

玄達瀬大物メダイ豪引020.jpg
023.jpg


中学時代の同級生の船戸氏より福井の玄達瀬にいかないかとの誘いがあり勿論二つ返事でオーケーし、7月6日(日)待ちに待った釣行となった。船戸氏の知人の大橋さんが早くから越前フィッシングセンターに予約を入れており当日は余裕を持って名古屋を午前2時頃に出発し途中越前フィッシングセンターにより氷等を積み込んで鷹巣港に向かった。5時頃には港に到着したがまだ人はまばらだった。早速荷物を降ろして準備をしていると漁徳丸の船長が到着したので釣況を聞くと鷹巣沖は潮が速すぎでまた玄達瀬はこのところ潮が動かない日が多くたまにヒラマサの大物が釣れているようだが全体的には余り芳しくないとのことだった。とりあえず船長の話は聞かなかったことにして期待を胸に出航することにした。天気は快晴だ。港を出ると海はべた凪状態だ。コンディションは最高だがあまり天気の良い日に釣れた記憶がない。まあとりあえず頑張ろうということでポイントに向かうことにした。ポイントまでは約一時間の航程。船長は全速で船を走らせている。そうこうするうちにポイントに到着し船長が僚船に無線で状況を聞くと予想通りどうも潮の流れが緩いらしく最初からメダイ狙いのポイントに行く船も多いようだ。我々は釣れる確率が低いこと承知で完全フカセで一発大物狙いでいくことにした。アンカーが入り船長から開始の合図が出ると早速仕掛けを準備して大一投を投入した。水深は30mほどだ。船戸氏は右舷トモ、私は左舷トモに釣り座を構えた。他の二人はミヨシ側でテンビンフカセでやることになった。我々完全フカセ組の仕掛けは一発大物にも何とか耐えれるようにハリス8~10号にヒラマサバリ14号の二本針だ。ラインを20m程手で送り出すと潮は緩いながらもなんとかラインが出るようになった。とりあえず100m程出して仕掛けを回収するがエサがない。2,3度繰り返すがやはりエサ取りが多いようだ。船の下をのぞき込むとかなりのウマズラハギらしい魚影が浮いてきている。ミヨシ側のテンビン組は一生懸命ウマズラハギを釣っている。そこでエサ取りを交わすべく少し深いポイントに移動となった。水深45m程だ。仕切り直して仕掛けを投入すると船戸氏のリールのスプールがビューンと音を立てて回転しラインが出ていった。慎重に合わせを入れるとハリがかりしたらしく竿が弧を描いた。慎重に巻き取りタモに収まったのは68㌢のメダイ。完全フカセでメダイが釣れるのを見たのは初めてだ。その後すぐ船長の竿にアタリ。かなり多きいようだ。無事に上がったのは83㌢のこれまた大きなメダイだ。さすがメダイだけあって引きはすごい。その後私にもヒットしたがどうも軽い。上がったのは残念ながら40㌢程のウマズラハギだ。これも食べて美味しいのだが、なんとか一発ヒラマサを狙いたい。するとまた船長の竿にひったくるようなアタリ。25m程出したところで7号のフロロのミチイトを切られたようだ。残念。あの速さからたぶんヒラマサの仕業だろうとのこと。その後何度も移動を繰り返すがテンビン組がウマズラの入れ食いになるだけで我々完全フカセ組にはアタリ無し。天気快晴で海の上はかなり暑い。脱水症状にならないよう水分補給も重要だ。その後は残念ながら大物ヒラマサに願いが通じることなく納竿時間の12時を迎えた。当日の釣果は船中で83~68㌢のメダイ2匹、40㌢のイシダイ1匹、40~33㌢のウマズラハギ26匹だった。是非また一発ヒラマサを狙って挑戦してみたい。

問い合わせ=福井 越前フィッシングセンター
電話=0776(22)1095

記事 竹川徳雄

テーマ : 魚釣りに行こう - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。