スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイボートでシロギス釣り     

マイボートでシロギス釣り      
kisu02.jpg
kisu05.jpg
kisu01.jpg
           

8月17日(日)、弟のマイボートで中部国際空港沖にシロギス狙いで釣行した。昨年も夏休みの同時期に出かけたがポイント到着後、第一投を投入してまもなく弟の子供の船酔いで残念ながらリタイアしたにがい思いがある。新聞情報では良型サイズが上がっているとのことで今年こそはと期待を胸に弟と二人で出かけることになった。自宅を朝五時半に出発し、途中釣りエサ店でイシゴカイを二杯購入し、日光川河口から出航した。良型キスのポイント、中部国際空港沖までは航程30分ほどだ。天気は快晴、海は湾内なので凪ぎだ。しかし朝から日差しが強くすごく暑い。7時前にポイントに到着したが既にシロギス狙いらしい乗合船が二隻ほどポイントを探しながら流している。とりあえずボートを停めて始めることにした。水深は15mほど。片天秤の2本バリのキス仕掛の準備をしてイシゴカイをつけて軽く投げ込んだ。ゆっくりリーリングしながら寄せると途中根掛かりしたような重み。ズシリと重いが力を入れて巻こうとするとなんとか巻ける。どうも生体反応は無いようだ。ゴミかと思って水面を覗くとなんと良い型のタコだった。思わず美味しいそうな外道にニンマリ。しかし弟は第1投目から本命キスをヒットさせている。遅れをとるまいと私も少し遠くにキャストしてゆっくり引き寄せるとすぐにプルプルッと小気味良い引き込みがあり軽く合わせ追い食いを待ったが反応は無いのでそのまま巻き上げると20㌢オーバーのまさに良型のキス。初っぱなから良いポイントに当たったのでここで釣ることに決め、アンカーを入れることにした。その後は大きさはバラバラだが投入すると必ずヒットするようになった。1時間ほどしてアタリが遠のいたなと思ったら周囲の船はとっくにいなくなっており、これは遅れをとってはなるまいとすぐアンカーを上げて船団が集まっている方に向かった。移動したポイントで早速仕掛を準備して投入すると今度はグイーッと引き込むシロギスとはチョット違ったアタリだった。上がってきたのは小さなメッキだ。どうやらシロギスのポイントではないようだ。そこでは数匹メッキを釣ったのみで潮が止まってきたのかシロギスのアタリが遠のいてきた。ちょうどエサも残り少なくなったのと暑さに耐えられなくなってきたので10時前に沖上がりすることにした。当日の釣果は23~15㌢のキス25匹、メッキ4匹、タコ1杯だった。今度はもう少し涼しくなったらまた挑戦してみたい。

記事 竹川徳雄

週間釣りニュース 中部版 掲載



スポンサーサイト

伊勢湾タチウオ ドラゴン級ゲット!

伊勢湾タチウオ ドラゴン級ゲット!
tachi0011.jpg
ドラゴン ゲット
tachi0010.jpg
tachi0015.jpg
tachi0012.jpg
tachi0008.jpg
tachi0003.jpg


8月15日(金)鳥羽本浦の山洋丸でタチウオ狙いで釣行した。前はタチウオと言っても自分の中の釣りのターゲットにはなかったが、ことし2月に初めてタチウオ釣りに行き、あの独特の強烈な引きに魅了され思わずとりこになってしまった。当時すぐにまた行こうと計画したが、俗に幽霊魚と言われるだけあって姿をくらまされ釣行時期を逸してしまった。最近伊良子沖でタチウオが急に釣れだしたとのことで早速タチウオファン?7名集めて山洋丸さんにお願いして釣行決定となった。当日は6時出船とのことだったが余裕をもって行こうと5時には港に着いたが別船のイカ釣りのお客さんも多く既に桟橋は賑わっていた。早速荷物を準備して船に向かうと既にミヨシ側は釣り座が埋まっており我々は大ドモ含め両舷に分かれて釣り座を構えることにした。私は左舷大ドモに釣り座を構えた。船長から船宿仕掛けが配られ予定時間に出航となった。途中湾内のいけすでエサのカタクチイワシ(生き餌)を積み込んで先ずは型の良い大物の実績がある石鏡沖に向かった。航程は20分ほど、海は凪で天気は快晴で蒸し暑い。ポイントに着くと船長から『水深76mです。底からゆっくり巻いて誘ってください。』と開始の合図があった。当日の私のタックルは竿・シマノ海攻マダイⅠ3.0、リール・シマノ電動丸600HミチイトPE4号200m巻き、仕掛けは自作でハリスにワイロンを使ったトリプルフックの2段仕掛け。オモリは80号だ。ここのタチウオ釣りは活きイワシを使うので釣り方も通常のサバやサンマの切り身を使うときのようにしゃくって誘う必要はない。船長の指示棚から低速で巻き上げてくれば向こう合わせで喰い上げてくる。アタリが来ても早合わせは禁物だ。必ずぐっと食い込むまで待った方が良い。経験から竿は少し柔らかい胴調子の方がバラシが少ないように思う。早速、第一投を投入して巻き上げるが私にはアタリがない。第一投から胴の間の方ではポツポツ上がりだした。さあ頑張ろうと思ったところだが、アタリが少ないのか船長から移動の合図。今度は、釣れているという伊良子沖に向かうとのこと。走ること20分程でポイントに到着。ここは師崎からも近いので周りにはタチウオ狙いの船も多い。仕切り直して投入し底を切って巻き上げかけると今度はすぐコツコツと前アタリ。そのまま微速で巻き上げると竿先に大きなアタリ、もう大丈夫だと確信し大きく合わせるとしっかりハリ掛かりしたようだ。引きを楽しみながら抜き上げたのは70㌢程の本命タチウオ。久々の対面に感激だ。さすが今釣れているポイントらしくあちこちで竿が曲がり出した。周りに聞くとどうもアタっている棚もバラバラのようだ。アタる棚が定まればもう少し手返し良くできるのだが、80mから電動で微速巻きをするとどうしても時間がかかってしまう。しかし飽きない程度にアタリが来て釣れるので楽しい。この辺で一発ドラゴン級のアタリが来れば良いのだが・・・と思って仕掛を投入すると60m付近で一瞬糸ふけができ降下が止まった。これは途中でエサを喰い上げたのかもしれないと思いすぐさまクラッチを入れて微速で巻き上げに切り替えた。それでもまだ糸ふけがとれない。巻き上げ速度を速めるとやっとコツコツとアタリが出た。とすぐさま竿先が海面に突っ込む激しいアタリ。すぐに大きく合わせ鋭い引きを味わいながら慎重に巻いてくると光る姿が見えた。かなり大物だ。ラインを緩めずいっきに抜き上げるとなんと127㌢の大物。まさにドラゴン級だ。もちろん当日の最長寸。もう今日はこれ一本で満足という感じだ。その後も数は上がるが型はいまひとつ。そこで10時を過ぎてもういちど大物が上がるという石鏡沖に戻ることになった。その後反応を求めて何度も移動するが石鏡沖では思ったほど釣果が上がらず残念ながら12時で沖上がりとなった。しかしながら伊良子沖で一時は入れ食いタイムもあり皆十分引きを味わうことができた。当日の私の釣果はタチウオ127~65㌢8匹イシモチ1匹。今後もタチウオはまだまだ期待できそうなので楽しみだ。

『鳥羽本浦 山洋丸 0599~32~5967』

記事 竹川徳雄

つり情報掲載
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。