FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子外川ヒラメ釣行

11月になり鹿島沖も解禁となり外房一帯でヒラメの好釣果が続いているとのことで11月29日、銚子外川の源正丸を訪れた。源正丸の宮内船長は巷では少々口は悪いが多く釣らせることで有名である。聞くとこのところ8㎏級の大型もたびたび上がっているとのことで期待が持てる。釣行メンバーは釣り友の木之下氏、片岡氏、蔵野氏、藤倉氏と私含め5人である。最近は冬時間で5時集合の5時半出船で夏場に比べると1時間遅く楽である。朝5時過ぎに外川港に着いたがまだ周りは真っ暗だが港は船の明かりと釣り人でにぎやかだ。船は我々の他1名で6名の釣り客を乗せて出船となった。釣り座はミヨシとトモに分かれることにした。私は右舷トモに釣り座を構えた。昨日は低気圧の影響で出船できなかったようだが今日はうってかわって風もやみ波も治まっている。5時半をまわり釣船が一斉に港を出港した。狙うポイントは大物が狙える一級ポイントの川前沖。ポイントまでは40分程の航程だ。沖に出ると波はないがまだ大きなウネリが残っている。ポイントに到着すると早速、船長から開始合図が出た。さっそくイワシをすくって仕掛の準備をして投入した。やはり第一投は気合いが入る。水深は30m程だ。我こそはと思うがなかなかアタリがこない。10分ほどですぐポイント移動となった。2度目の流しで右舷ミヨシの片岡氏が竿を曲げている。取り込まれたのは残念ながら本命ではなく40㌢程型の良いソイだった。その後またすぐに片岡氏にアタリがあり船長がタモを持って構えると今度は本命ヒラメだった。無事ゲット。型は2kgを超える良型だ。ちなみに片岡氏は私の竿を使ってから三回連続オデコ無しと好釣果に恵まれている。残念ながらその後の流しでは1時間程は船中誰にもヒット無し。船長曰く潮はよく流れているようだがアタリが無いのはウネリの影響があるとのこと。他の僚船から無線が入るがまだほとんどが釣れていないようだ。そうこうするうち今度は左舷胴の間の木之下氏にヒット。無事に2kg程の良型が上がった。すると今度はまたしてもミヨシの片岡氏にヒット。2.5㎏級を取り込んだ。やはり竿が良いのか? 時間も半ばを過ぎたが以前私にはアタリ無し。その後は船長のアドバイスで左舷から右舷胴の間に釣り座を替わった蔵野氏にアタリ。最初根掛かりだったようで竿を大きくしゃくり上げて根掛かりが外れたとたんにいきなりヒットしたようだ。慎重にやりとりして上がったのは3.4㎏の良型だ。そて最後に片岡氏がこれでもかと3枚目を追加したところで時間が来たので沖上がりとなった。私は、残念ながら今年初めてのオデコを食らった。自分なりには先月も6枚ゲットして今年は絶好調だったのに残念だ。是非また次回リベンジしたい。当日の釣果はヒラメは3.4㎏~1.2㎏3枚~0枚、他に外道でイナダ、ソイ、マトウダイ等が上がった。竿頭は片岡氏で3枚。外房は今年は魚影も濃く外川ではかなりの大物も上がっているようなので皆さんもぜひ挑戦されたらいかがでしょうか。

銚子外川港
源正丸



スポンサーサイト

伊勢湾伊良子沖で連日大爆釣のタチウオ釣りに挑戦

伊勢湾伊良子沖で連日大爆釣のタチウオ釣りに挑戦
tati
tati02

伊勢湾の今年のタチウオは10年に一度とも言われるほど大繁殖しており7月頃から連日爆釣が続いているらしい。夏場は数は上がるものの型は今ひとつであったがこのところメーター級が揃うようになってきたとのことで早速、11月22日の釣行を決め知多半島にある師崎港の七福丸に予約を入れた。連休初日でかなり混雑が予想されるがやむを得ない。当日釣り友の福崎氏と朝6時に船宿に着いたが既に船にはかなりの方が乗っておりトモ側は既にいっぱいである。中乗りさんに案内され左舷胴の間に並んだ釣り座を構えた。その後もどんどん釣り客が訪れ左右の間隔は1mも無いほどだ。これはオマツリ連発の予感。サバの切り身のエサと仕掛け1組みが配られ、30名弱の満員御礼状態で予定通り7時の出船となった。ポイントまでは50分程だ。天気は快晴で波は0.5m程。絶好の釣り日和だ。ポイントに到着すると既にタチウオ狙いの船団が密集している。東京湾程ではないが、ポイントはかなり狭いようだ。そんな中で船長はタチウオの魚影を探し魚探で反応を探っている。早速、船長からの指示で釣り開始となった。船長のアナウンスで『水深55mです。底5mから30mくらいまで誘ってください。』とのことであった。また「仕掛を降ろすとすぐに食ってきますから食ったら一気に巻き上げてください。」とのことだった。船宿から渡されたテンビンズボ釣り仕掛け(タコベイトの一本針、オモリ80号)を付け第一投を投入した。50mまで降ろしリールのクラッチを入れ巻き上げようとしたとたん竿先にガクッガクッとアタリがきた。そのまま電動で微速で巻き上げると今度は竿を大きく曲げるあたりだ。乗ったことを確信し竿を大きくしゃくって合わせを入れた後中速で巻き上げるといきなりメータークラスが上がった。船長の言うとおりいきなり食いついてきた。右舷左舷ともむらなく一気にあちこちで上がりだした。しかし今度は、予想したとおりアチコチでオマツリが連発しだした。船長の「食ったら一気に巻いて」はオマツリ防止のためだった。せっかく当たっているときだけに残念だ。その後私も左右の方と何度もオマツリしたが、仕掛けが無事棚まで落ちたときには必ずタチウオをゲットすることができた。東京湾のタチウオ釣りとは異なりこちらでは大きなアクションを入れて誘ったりはしない。船長の指示棚を電動リールの超スローでだらだらと巻き上げるだけだ。タチウオはあまり俊敏な動きをしないのであまり早く動かすと追いかけてこない。途中アタリを感じてもそのまま微速で巻き続け少し待ってエサを食い込ませてから聞き合わせを入れて合わせる。アタリを感じてもタチウオを掛けることができなかったら仕掛を上げてエサを確認する必要がある。カワハギ同様、非常にエサ取りがうまい魚なので魚とのやりとりも面白い。12時を回り沖あがりの時間となった。当日の釣果は私がタチウオ115㌢~80㌢を18本、釣り友福崎氏が25本だった。30本は軽いと思っていたが途中仕掛のオマツリによるロスタイムが響き今一歩の釣果となった。船宿の話では平日は空いているので50~70本はコンスタントに出ていますよとのことだった。平日釣行はサラリーマン釣り師にはなかなか難しいが是非また挑戦したい。船宿の話では型も徐々に大きくなって数はコンスタントに上がっているので皆さんもこの機会に是非タチウオに挑戦されたらいかがでしょうか。

伊勢湾 師崎港(もろざきこう)七福丸
TEL 0569-63-0472
料金 乗合 6500円
(エサ、氷、仕掛け一組付き)
備考
出船7時 要予約
天秤、オモリ80号は貸して頂ける。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。