スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海小浜沖にメダイ狙いで釣行

medai01.jpg
medai02.jpg
日本海小浜沖にメダイ狙いで釣行


12月29日、冬の日本海のファイター「メダイ」と格闘すべく福井県小浜市の福丸さんを訪れた。メダイは冬の旬の魚と言われるだけあって脂が乗ってとてもおいしいがそれ以上に最後まで抵抗する強引な引きが釣り師にはたまらない。12月にもなると日本海は荒れる日が多く出船できる日が限られてくるのだが日頃の行いが良いのか?当日は4日間続いたシケ後で若干のウネリはあるが風もなく快晴でポカポカの釣り日和だ。釣り友の、望月氏とともに午前7時半に小浜新港に着いた。釣り座は抽選で我々は左舷胴の間に決まった。早速荷物を積み込み船長の合図で出航となった。狙うポイントは小浜沖へ航程約1時間のあたりだ。やがてエンジン音がスローになりポイントに着くと既に5,6隻の船がアンカーを入れている。かなりポイントは狭いようだ。早速アンカーが投入され船長の合図で開始となった。水深は70m程。オモリ100号で水深60mくらいを誘ってみてくださいとのこと。さっそく投入準備をするがいつものことながら第一投は緊張する。コマセ用のオキアミは船宿支給で配られるが付け餌は自由だ。付け餌は以前の釣行で餌取りの猛攻に遭い苦い思いをしたので今回は餌取り対策としてイカタンとサンマの切り身を持参した。胴突き5本針仕掛けにイカタンとサンマを交互につけて投入した。船長の指示通り65m程まで仕掛を落としコマセを振って60mで待ってみた。するとすぐに竿先にガクガクッとアタリしばらく待つと竿全体が絞り込まれ竿先が海面に突っ込んだ。竿をしゃくって大きく合わせを入れると追い食いしたのかさらに重たくなった。すぐに電動リールのスイッチを入れ巻き上げ開始。しかし途中何度も鋭い突っ込みを見せ中々上がってこない。横で中乗りのお兄さんがタモをもって構えるが水面でも暴れ中々タモに収まらない。やっとのことで1匹取り込むとまだ下に薄黒色の魚影が見えた。結局第一投で4匹のメダイをゲットした。周りを見るとあちこちで竿が曲がっている。どうやらマキ餌が効いてメダイの群れが船下に集まってきたようだ。中乗りのお兄さんもタモを持って大忙しだ。どうやらスタートから怒濤の入れ食いタイムに入ったようだ。その後はもう仕掛けを降ろせばヒットするような状況がしばらく続いた。またメダイ釣り初めての方もいたようで針掛かりしたメダイが暴れオマツリも連発している。オマツリしないように早めに巻き上げなければならないが巻き上げる途中でばれることも何度もあった。メダイは身が柔らかいので大きな合わせやあまり強引な巻き上げは禁物のようだ。身切れしてばれることが多くなるようだ。2時間程の入れ食いタイムが終了すると少しアタリが遠のいた。船中ポツリポツリとしか上がらなくなった。釣り船が同じポイントに集まっているので魚が散ったのかもしれない。しばらくすると左舷のトモで50㌢程のマダイも上がった。うれしい外道だ。時間は昼の12時を回った頃だが既に私の大型クーラーはほぼ満タンになってきた。こんなに釣ってどうするという感じだ。午後になってアタリが遠のいたので少し早いが15時前に沖上がりとなった。当日の釣果はメダイ45~55㌢を25匹と久々の爆釣で大満足の釣行となった。今後は型も良くなってくるので是非また挑戦してみたい。

乗船メモ
福井県小浜新港 
福丸
電話 0770(53)0246
料金 乗合い13000円
(エサ、氷付き) 

記事 竹川徳雄

つり情報掲載


スポンサーサイト

伊勢湾ウタセ五目 好調!


001.jpg

tachi001
 
                    
 
12月13日(土)鳥羽市本浦の山洋丸さんにウタセマダイ狙いで釣行した。当初伊勢湾でこのところヒラメが絶好調とのことで山洋丸さんに電話を入れてみるがあいにく週末は満員とのことで午後便のウタセマダイコースに変更して釣行決定となった。午後便もマダイだけではなく青物も結構釣れているとのことで期待が持てる。当日は、釣友の福崎氏、大岩氏を含む計6名での釣行となった。天気は快晴ポカポカ天気で気持ち良い。12時集合なので余裕を持って午前8時に名古屋を出発し集合1時間程前に到着したが桟橋には既に数名の釣り客の姿があった。釣り座は先着順なので大ドモを除き両舷に3人づつに別れ私は左舷胴の間に構えた。12時半になり船長からサービスの船宿仕掛けが配られ我々を含む13名の釣り客を乗せて出航となった。途中、湾内で餌のウタセエビを積み込みポイントに向かった。航程は約30分程。湾の外に出たが海はわりと穏やかであるが胴の間ではどうしてもシブキがかかるので我慢できずキャビンの中にはいった。そうこうしているうちにポイントに到着しアンカーが下ろされ船長から「水深25mです。準備できた方からやってください。」と開始の合図。とりあえずオモリ40号で始めることにした。当日の私のタックルはシマノ海攻マダイ330に電動リールシマノ3000XTの組み合わせ。ラインはフロロカーボン透明の6号を巻いている。この釣りには潮の流れが影響するためPEラインは適さない。当日の仕掛けは胴付き3本針仕掛けを使用。ミキイト6号、ハリス5号1.5m、ハリ伊勢尼12号である。ポイントの水深は25m前後。エサのウタセエビを付けて第一投を投入。底取りをしようとしたところモゾモゾと小さなあたり。竿をあおって合わせを入れると乗ったようだ。ゆっくり巻き上げると水面に赤い魚体が見えた。抜き上げると25㌢程の塩焼きサイズマダイだ。小さいが先ずはオデコを免れて一安心。その後も仕掛けを降ろすと頻繁に小さなアタリが来るがなかなかハリがかりしない。しばらく待ってアタリが無いなと思うと必ずエサを取られている。あまり潮が動いていないようなのでオモリを20号にかえて少しフカセてみた。するとアタリも取りやすくなってハリがかりするようになった。しかし相変わらず型は手のひらサイズから抜け出せない。しばらくし前方を見ると型の良い60㌢オーバーのマダイが取り込まれた。潮が緩んでいるようなのでオモリ着底後少しラインをたるませてみた。それが功を奏したのかいきなり竿先にガクッガクッと大きなアタリ。合わせを入れて慎重に巻くと上がってきたのが30センチ強のヒラメだった。思わず嬉しい外道にニンマリ。そうこうしていると今度はとなりの大岩氏の竿が弓なりだ。上がってきたのはまるまる太ったハマチのダブル。するとすぐに私の竿先にもグングンと大きなアタリ。すぐに合わせを入れてドラグを緩め電動で巻き上げようとするが水面に来るまで何度かラインが出ていった。ハリスを持って抜きあげると50㌢弱の型の良いハマチだ。1匹でも型が良いので良い引きをする。しかしその後は続かずしばし沈黙が流れた。そこで船長から『アンカーを打ち直すので一度あげてください。』とのこと。アンカーをあげて若干位置を変えて再度開始。船長が餌巻きでコマセのウタセエビを巻いたとたんハマチの群れが来たようだ。船中あちこちで歓声が上がっている。午後4時を回った頃か、怒濤の入れ食い状態に突入した。50㌢弱のハマチがダブルでヒットするともちろん竿先は海面に突っ込んでいく。思い切りグッと合わせる。この瞬間が釣り師にはたまらない。海面にきたらハリスを持って思い切り抜きあげる。まるで漁師になった気分だ。ハリス5号にしているのでこれくらいのハマチなら抜きあげても大丈夫だ。依然入れ食いが続いている。さすがにクーラーもいっぱいになってきてこんなに釣ってどうしようと思えてきた。今の時期にこんなにハマチが釣れるのはまだ水温が高いということらしい。やがてハマチの入れ食いも終わると薄暗くなってきた。夏場に比べると暗くなるのも早い。夕まずめの大マダイに期待したが残念ながら船長より納竿の合図。しかしながら釣果は皆充分満足だ。釣況を見て是非また挑戦したい。
当日の私の釣果は、ハマチ45㌢~50㌢13匹、マダイ20㌢~28㌢5匹、ヒラメ33㌢1匹、サンノジ30㌢1匹大ダイには出会えなかったがまずまずの釣果に恵まれた1日であった。自宅に帰って夜遅かったが早速ハマチとヒラメを刺身にして食べたが味は最高。やはり美味しいウタセエビを食べているせいか伊勢湾の魚はほんとに美味しい。
▼問い合わせ 鳥羽本浦 山洋丸 0599―32―5967

テーマ : 魚釣りに行こう - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。