スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望の玄達瀬ヒラマサゲット!!

活きイワシで狙うドラゴン

tachi004.jpg
tachi003.jpg
tachi002.jpg
tachi001.jpg


 昨年は伊勢湾の伊良子沖でサンマ等の切り身エサ釣るタチウオが絶好調だったがそれも一段落し例年に比べると少し遅れ気味だが活きイワシ(真イワシ)でドラゴン級が掛かる時期がやってきた。
ポイントは伊勢湾の石鏡沖だ。
船宿に問い合わせてみると指7,8本級のサイズがコンスタントに上がっているとのことでいてもたってもいられず早速、釣り友を誘って1月24日(土)鳥羽本浦の英治丸さんにお邪魔した。
当日は7時の出船予定ということだったが渋滞を予測し早めに出発したが、途中みぞれ交じりの雨が降ってきて心配になったが現地に着くと天気は快晴。
しかしながら結構風があるようだ。現地に到着し荷物を持って桟橋に向かうと既にトモ側は釣り座が埋まっており我々は右舷胴の間に並んで釣り座を構えた。
やはり最近釣れ続いていることもあり釣り客も多いようだ。
船長から船宿支給の仕掛けが配られ桟橋でエサのイワシを積み込んで出航となった。
ポイントまでの航程は約30分程だ。やはり沖に出るとかなり風がある。
ポイントに到着すると既に10隻ほどの釣船がひしめいている。ポイントは狭いようだ。
そんな中、船長はタチウオの魚影を探し魚探で反応を探っている。
早速、船長からの指示で釣り開始となった。船長のアナウンスで『水深は55mです。
底から水深20mくらいまでゆっくり巻いて誘ってください。』とのことであった。
どう猛なタチウオもエサを喰うのは意外に下手なのか早合わせは禁物である。
期待を込めて第一投を投入した。底取りをして電動リールのスローでゆっくり巻き上げた。
隣を見ると釣り友が早速第一投で掛けファイトしている。
見事抜き上げて上がったのは中々の型で指6本はあるだろうか、銀色の眩しい魚体の本命タチウオ。『今日は幸先いいねえ。』とつぶやいている。私も負けじと手持ちで慎重に巻き上げる。
すると水深40m程でモゾモゾとアタリを感じた。
船長から言われたとおり我慢してずっとゆっくり巻き続けた。
すると残り30m程のところでなってギュンギュンと激しいアタリが来たがその後ふわっと軽くなり巻き上げるとエサはきれいに取られていた。外れたようだ。
気を取り直しエサを付け直しすぐに再投入し今度こそはと思って気合いを入れて巻いていると船長から移動のアナウンス。残念。
ポイント移動した後準備して再投入した。底からゆっくり誘い上げてくるとすぐにまた水深40m付近で小さくコツコツとアタリ、更に水深35m程で竿先が海面突っ込むようなアタリが来た。まちがいなくハリ掛かりしたようだ。慎重に巻き上げ当日初のタチウオをゲットすることができた。まだ何となくその日の合わせのタイミングがつかめない。その後も何度も投入するもアタリはあるが巻き上げるとしっかりイワシの後ろ半分噛みきられることが多かった。その後は孫針のフックを腹に掛けるようにして最初のアタリが来たらしばらくゆっくり巻きながら待ち、アタリに変化が出たところで大きく合わせを入れるようにした。それが功を奏したのかその後はヒットする確率が高くなった。なんとなくその日のタチウオのペースをつかみ攻略の仕方がわかってきた。やはりある程度竿先に大きなアタリが来たら聞き上げた方が良いようだ。ただ合わせのタイミングは難しい。釣果を上げるには、誘い方は下からゆっくり誘いあげてくるのが基本だが前にアタリが出たところに注意して微速で巻きあとはすこし速くまいても問題はない。そのほうが効率良く釣果を伸ばすことができるだろう。だいぶ合わせのタイミングに慣れてきたところだが、朝のうちに比べるとかなり風が強くなり海面も白波が立ってきた。当然アタリも取りづらくなってきた。そうこうしているうちに船長よりあと一流しで上がります。とのアナウンス。13時を回って釣果9本、気合いを入れて最後の一流し。何とかもう一匹掛けたいところだ。水深40m付近からゆっくり聞き上げながら電動リールのスローで巻いてくると今度は前アタリもなく25m付近でいきなり竿先が海面に突っ込んだ。すかさず大きく合わせを入れあとは電動の中速で巻き上げるがかなり抵抗しており時折リールがストップする。やっと海面に姿を見せたのは指6本は間違いない大きなタチウオだった。当日使用した私のタックルは、竿はシマノ海攻マダイ3.0、リールはシマノ電動丸600H、ミチイトPE5号200m、オモリ80号、仕掛けはハヤブサ『活き餌一撃 船太刀魚 ワイロン3段バリ』を使用。釣果は95~125㌢のタチウオ10本、釣り友は12本。まあ風が強くアタリが取りづらい中では頑張ったほうかな。船長の話でまだまだしばらく釣れ続くとのことなので是非また挑戦したい。
三重県鳥羽本浦港
英治丸
電話 0599~32~5519
料金 タチウオ乗合 一人12000円(エサ、氷、仕掛け2組付き)
出船 7時
スポンサーサイト

待望の玄達瀬ヒラマサゲット!!

伊勢湾タチウオ ドラゴン級ゲット

tati
tati03

1月11日(日)鳥羽本浦の英治丸さんでタチウオ狙いで釣行した。年末頃からドラゴン級が上がっているとの噂でタチウオ狙いの船宿はどこも混み合っている状況の中、何とか二人なら大丈夫とのことで初心者の大岩氏と釣行決定となった。以前はタチウオといっても自分の中の釣りのターゲットにはなかったが、昨年2月に初めてタチウオ釣りに行き、あの独特の強烈な引きに魅了され思わずとりこになってしまった。当時すぐにまた行こうと計画したが、俗に幽霊魚と言われるだけあって姿をくらまされ釣行時期を逸してしまった。夏場から伊良子沖でタチウオが釣れ数回行ったが数は釣れてもやはり型では満足できない。ドラゴン級を狙うなら今の時期だろう。当日は6時集合とのことだったが初めてお世話になる船宿ということもあって余裕をもって行こうと5時には港に着くようにしたが既に数名のお客さんがおり船に釣り竿が刺さっている。ここは釣り座は先着順とのことで我々は当日の風向き等考え日の当たる右舷の胴の間に並んで釣り座を構えた。昨日まで強風が吹いており心配したが天気は快晴で海は凪ぎだ。最高の釣り日和になった。7時になり船長が到着して釣り座の間隔を調整し船長から船宿仕掛けが配られすぐに出航となった。航程は30分ほどだ。ポイントに着くと既に数隻の遊漁船がタチウオを狙っている。ポイントが定まったところで船長から『水深40mから55mで底からゆっくり巻いて誘ってください。』と開始の合図があった。当日の私のタックルは竿・シマノ海攻マダイⅠ3.0、リール・リョービSS500ミチイトPE5号200m巻き、仕掛けはハリスにワイロンを使ったトリプルフックの2段仕掛け。オモリは80号だ。このこの辺のタチウオ釣りは活きイワシを使うので大物が食ってくる可能性も高い。たまに外道でヒラメとかが釣れることもあるようだ。期待を込めて第一投を投入した。55mまで仕掛けを降ろし微速で巻き上げていると45m程でモゾモゾっと前アタリがあったので少し誘いを入れてそのまま巻き上げていると40m程でいきなり竿先にガクガクと大きなアタリ大きくあわせを入れスピードを上げて巻き上げるが時折り激しい抵抗をみせ何度も竿先が海面に突っ込んだ。やっと水面に銀色に輝く魚体が見えた。これは大きい。思わず息をのんで慎重に抜き上げるとなんと130㌢オーバーの7本指クラスのまさにドラゴンだ。これはスタートから幸先が良い。かなり群れが濃いようだ。スタートから船中あちこちでヒットしている。しかしながらバラシも多いようだ。タチウオはアタリが来ても早合わせは禁物だ。必ずぐっと食い込むまで待った方が良い。経験から竿は少し柔らかい胴調子の方がバラシが少ないように思う。初心者の大岩君はアタリがあって巻き上げたが仕掛けのイワシはきれいに後ろ半分がなくなっている。その後アタリが少なくなったのか船長から移動の合図。今度は、大岩君も本命のドラゴン級ゲット。大岩君も来る前はスーパーに売っているタチウオを想像していたようだが実際に釣ってみてこの大きさにびっくりだ。船長が群れを追って何度もポイント移動を繰り返すがどこに行っても必ずアタリがあり休んでる暇がない。アタリがあって合わせて巻き上げても途中でバレることも多い。今度は大岩君が天秤から全て持っていかれてしまった。どうやらタチウオが食い上げてきて道糸を切ったようだ。タチウオの歯はカッターのように鋭いのでPEラインでも簡単に切れてしまう。糸フケが出たらすぐに巻き上げることが重要だ。また仕掛けが絡むことも多いので仕掛けは多めに用意した方が良い。10時を回った頃か型揃いのタチウオでクーラーボックスは一杯になってきた。その後もアタリが途絶えることなく釣れ続き船の生け簀のイワシが底をついてきた。手元の桶に入れている最後の一尾のイワシを付け慎重に投入した。40mまで仕掛けを降ろしたところで船長より納竿の合図。それと同時にコツコツとアタリがありすぐさま竿先が海面に突っ込んだ。すぐに大きく合わせ鋭い引きを味わいながら慎重に巻いてくると光る姿が見えた。かなり大物だ。ラインを緩めずいっきに抜き上げるとなんとまたしても130㌢オーバーの大物。最後の最後で大物をゲットし大満足だ。初めての大岩君もドラゴンをゲットし大満足だ。当日の私の釣果はタチウオ7匹でほとんどドラゴン級だった。まだしばらくの間狙えそうなので姿をくらまされる前にもう一度狙ってみたい。

『鳥羽本浦 英治丸 0599~32~5519』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。