スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望の玄達瀬ヒラマサゲット!!

待望の玄達瀬ヒラマサゲット!!

060.jpg
062.jpg
063.jpg


7月18日、待ちに待った玄達瀬に釣行した。
早くから福井県の鷹巣フィッシング町に電話を入れ予約していたが当日の予報は梅雨前線が停滞し芳しくない。名古屋出発前に船宿から沖止めで出航できない可能性もあると電話が入ったが、天候悪いのを覚悟でいちかばちか釣友5人で向かい船宿で仮眠を取った。
朝4時に起き外に出ると意外に風も無く雨も降っていない。
しかし予報で波は1.5mで後2.5mで状況は厳しいとのこと。
ダメもとで鷹巣沖に戻る覚悟で玄達瀬への釣行を決定。
いつもお世話になる旭丸さんと栄丸さんの2船に分かれて行くことになった。
私は大岩氏と二人で菅生港に向かうと既に栄丸の太田船長が準備万端で待機していた。
先ずは泳がせ釣りの生き餌にするアジを釣る為に白浜沖に向かった。
しかし魚探に反応はあるものの全く食ってこない。小ベラが2枚釣れただけだ。
これ以上やっても見込みがないので6時を回ったところで玄達に向かうことになった。
予想通りかなりの波がある。雲行きは怪しいが幸い雨は降っていない。
ローリングしながらの航程1時間はかなり辛い。
大岩氏は寝不足がたたって若干船酔い気味だ。7時を回りなんとか玄達に着いた。
周囲を見渡すと遊漁船は二十隻程だろうか、通常なら連休初日で五,六十隻は来ていてもおかしくないのだが悪天候で出船を見合わせた船がかなりあるようだ。
早速船長がポイントにアンカーを入れ船が安定したところで釣り開始となった。
天気が悪くなってくるので「早く釣って早く戻りましょう。」と船長から檄が飛ぶ。
水深は40m程だ。釣り座は右舷トモに大岩氏、私は左舷トモに構えた。
パラパラと撒き餌をすると潮は後方に流れる。潮は良いようだ。
とりあえず完全フカセの仕掛けを準備して第一投を投入した。
仕掛けは一発大物に耐えられるようにヒラマサバリ16号の2本バリにハリス10号、幹イト12号とし船長のアドバイスで大きめのシモリウキを付けた。ラインは軽快に出ていく。
すると70m程出たあたりでリールが警報音を発しクラッチが入った。
竿が大きく曲がり凄い引きだ。船長が「ヒラだ。」と叫び竿を大きくあおって合わせを入れてくれた。船長の指示通りリールを高速で巻き残り20m程から慎重にやりとりして無事に取り込むことが出来た。上がったのは70㌢オーバーの本命ヒラマサ。思わず船長と握手。
朝一の第一投から何がなんだかわからないまま本命ゲットで今日は幸先が良い。
すぐに再投入するが今度は100m流してもアタリ無しで仕掛け回収。
そして三度目、またしても75m付近で本命の引き。
今度は少しヒラマサの強い引きを堪能しながら巻き上げ無事当日の最長寸77㌢をゲット。
その後はアタリが続かないので船長の判断でポイント移動となった。
そして投入すると今度はいきなり大岩氏にヒット。やはり70m付近で食ってきた。
船長がハリスを手繰り寄せ私がタモ入れ。大岩氏も初めてのヒラマサ70㌢オーバーをゲット。
いきなりのヒットに一瞬、船酔いを忘れたようだ。そしてまたしても大岩氏にヒット。
かなり強い引きでまたも本命ヒラマサと思いきや良型イシダイのダブル。
どおりで引きが強いわけだ。
その後エサ取りが寄ってきてアタリが遠のいたのでまたポイント移動となった。
移動してまもなく今度は私にヒット。ラインが80m程出たところで大きく竿が曲がった。
合わせを入れ巻いてくると残り30mで竿が跳ねて軽くなった。痛恨のバラシだ。悔しい。
しっかりハリ掛かりしていなかったようだ。
船長曰く、今年は口元でのバラシが多いのでヒットしたときにしっかり合わせを入れることが重要とのこと。そうこうしていると今度はまた大岩氏にヒット。
引きは間違いなく本命だ。船長のアドバイス通り慎重にやりとりして無事70㌢オーバーをゲット。
その後エサ取りが多くなってきて50m付近でもエサが取られるようになってきたのでポイント移動となった。
今度は少し深いポイントで深いところで70m程あるようだ。船長から150m位まで流して付けエサの状態を確認してくださいとアドバイスがあった。
150m程流してアタリが無いので少し遅いスピードで仕掛けを回収していると130m付近で急に引っ張られた。竿をあおって巻き上げのスピードを上げると大きく竿が曲がった。
どうも巻き上げの途中で食ったようだ。残り20mで最後のあがきをみせ海面に赤い魚体が見えた。
マダイだ。上がったのは66㌢のりっぱなマダイ。
そして今度は130m程流し仕掛けを回収しようと巻きかけたとたんに食いついてきた。
かなり重いがヒラマサの引きとは違うようだ。
とりあえず高速で巻きかけると残り50m程でかなり抵抗をみせた。
上がったのは当日最長寸78㌢のブリ。
その後は、アタリが無くなると船長の判断で何度もポイント移動を繰り返すたびにマダイ、イシダイ等をゲットした。
午後3時を回りアタリも遠のいてきたのとエサも無くなってきたので早めの4時に沖上がりとなった。心配された天気もなんとか一日もち日中は蒸し暑いくらいだった。
朝の第一投から本命ヒラマサをゲットし最高の一日だった。
当日の釣果はヒラマサ72~77㌢4匹、ブリ78㌢1匹、マダイ60~64㌢3匹、イシダイ30~44㌢3匹。別船 旭丸の釣果はマダイ 32~70㌢3匹、 ハマチ52㌢ 1匹、イサキ 38㌢1匹、イシダイ32~40㌢ 3匹。
玄達瀬は8月14日までだが船長の話では今年は白浜沖でもヒラマサが結構上がったとのことでこれからも鷹巣沖、白浜沖は期待できるので是非皆さんも釣行されてみてはいかがでしょうか。

問い合わせ=福井 鷹巣フィッシング町
電話=0776(86)1640
APC 竹川徳雄
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。