スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外川沖ヒラメ 絶好釣

外川沖ヒラメ絶好釣
047.jpg



8月になり外川沖のヒラメが絶好調とのことで8月22日(土)、いつもお世話になる銚子外川の源正丸からヒラメ狙いで釣行した。
源正丸の宮内船長は少々口は悪いが外川の釣り船の中でも釣らせる船長として有名だ。
朝4時過ぎ外川港に着くと周りはまだ薄暗いが船の明かりと釣り人でにぎやかだ。
当日の釣り客はは我々5名の他6名で11名だ。
トモ側は既に埋まっていたので我々はミヨシ側両舷に分かれ、私は右舷ミヨシに釣り座を構えた。
5時になり一斉に出航となった。
予報はうねりを伴い波2.5mとのことで心配したがやはり港を出るとかなりの波だ。
外川沖のポイントまでは50分程、波で船が跳ねるのでミヨシにいるとかなりつらい。
ポイントに到着すると早速船長から開始の合図が出た。
最近は好釣果の日も多く昨日もトップ7枚とのことで期待が持てる。
初心者の田中君のタックルを準備し仕掛を降ろすと着底とともにいきなりガクガクッとアタリ、しばらく待って合わせを入れ巻き上げると1kg弱だが本命ヒラメ。幸先が良い。
何もわからずいきなりゲットで田中君もビックリだ。私も第一投を投入。いつものことだがやはり第一投は気合いが入る。我こそはと思うがなかなかアタリがこない。するとまた隣の田中君にアタリ。
本人は根掛かりのようだといっているが竿を取ってあおってみると間違いなく魚だ。
ゆっくり巻き上げ無事に船長のタモに収まったのは先ほどより大きな2kg弱の良型ヒラメだ。
なんと連続2枚ゲットだ。まさにビギナーズラックだ。朝の時合いが来たのかバタバタと上がりだした。開始1時間程で私以外の仲間は全員本命ゲット。私だけ取り残されてしまった。
だんだんアセリが来る。そうこうしているうちにやっと私の竿先にモゾモゾッとアタリがきた。
少しラインを送り出して慎重に待つと20秒ほどして竿先にガクガクッと大きなあたりがきた。
大きく合わせを入れるとしっかりハリ掛かりしたようだ。
慎重にやりとりし船長のタモに収まったのは1.5Kg程の本命ヒラメだった。
なんとか遅ればせながらみんなの仲間入りをさせてもらった。
しかし左舷ミヨシの片岡氏は順調に釣果をのばし8時過ぎには既に3枚ゲットしている。
みんなの状況を聞くと既にみんな2枚以上ゲットしたとのこと。また一歩出遅れてしまった。
悔しーい。なんとかもう1枚をと気合いを入れるがなかなかアタリが来ない。
9時を回った頃、イワシが暴れている感触が竿先から微妙に伝わってきた。
少しラインを送り出し慎重に待つと今度はいきなり竿が海面に突っ込んだ。
大きく合わせを入れ針掛かりを確信し慎重に巻き上げると2kgオーバーの良型ヒラメ。
ちょうどまた時合いがきたのか船中アチコチで活発なアタリが出だしバタバタと上がりだした。
なんと左舷ミヨシの片岡氏は型は小さいながらも4枚目をゲットしている。
今がチャンスと気合いを入れ再投入するが続かない。
10時を回ったところで船中全員が本命をゲットし今日はオデコ無しとなった。すばらしい。
さすが釣らせる名船長。
その後はしばらくアタリが遠のき上がってくるものもマトウダイ、クロソイやホウボウ等外道も多くなってきた。誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるがヒットしない。
しかし今日は全員揃って本命ゲットで大満足だ。やがて11時半になり沖上がりとなった。
当日の我々の釣果はヒラメ2.8kg~0.8kgを4~2枚その他ホウボウ、マトウダイ、クロソイ等外道も多数釣れた。今度は大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

乗船メモ
銚子外川港
源正丸
0479-23-0676
料金 11500円
(イワシ生き餌、氷付き)


大田区 竹川徳雄




スポンサーサイト

伊勢湾タチウオ 快釣!

伊勢湾タチウオ 快釣!

tati02


8月15日(金)鳥羽本浦の山洋丸さんに電話を入れて釣況を聞くと「希望があればタチウオ船出しますよ。」とのことで釣り仲間4人で即予約し8月15日(土)の釣行となった。
最近ではタチウオの独特な強烈な引きに魅了されてはまっている。
当日は6時出船とのことだったが途中渋滞も考慮し余裕をもって行こうと思い5時には港に着いたが別船のイカ釣りのお客さんも多く既に桟橋は賑わっていた。
早速荷物を準備して船に向かった。
当日は我々4人と他のジグのお客さんが一人のみで仕立て船並みでの出船となった。
余裕があるので両舷に分かれて釣り座を構えることにした。私は左舷ミヨシに釣り座を構えた。
船長から船宿仕掛けが配られ予定より早く5時半に出航となった。
途中湾内のいけすでエサのカタクチイワシ(活き餌)を積み込んで最近釣果の上がっている伊良子沖のポイントに向かった。航程は50分ほど、海は凪、天気は快晴で蒸し暑い。
ポイントに着くと船長から『水深53mです。底からゆっくり巻いて誘ってください。』と開始の合図。
当日の私のタックルは竿・シマノ海攻マダイⅠ3.0、リール・シマノ電動丸600HミチイトPE4号200m巻き、仕掛けはハヤブサの「活き餌一撃船太刀魚3段針」ワイロンを使ったトリプルフック2段の仕掛けだ。オモリは80号。ここのタチウオ釣りは活きイワシを使うので釣り方も通常のサバやサンマの切り身を使うときのようにそれほどしゃくって誘う必要はない。
船長の指示棚から等速で巻き上げてくれば結構向こう合わせで喰い上げてくる。アタリが来ても早合わせは禁物だ。
必ずぐっと食い込むまで待った方が良い。経験から竿は少し柔らかい胴調子の方がバラシが少ないように思う。早速、第一投を投入して巻き上げるが私にはアタリがない。
第一投から胴の間の福崎氏がファイトしている。さあ頑張ろうと気合いを入れ直し再投入。
そして今度はさっきより少しリールのスピードを上げて巻いてみた。
すると水深40m付近でモゾモゾッと前アタリが来た。そのまま巻き続け30m付近で聞き合わせてみた。するといきなり竿先が海面に突っ込むような明確なアタリ。
大きく合わせを入れて高速で巻き上げると海面に光る姿が見えた。
1mを超える良型の本命タチウオだ。久々の銀色の眩しい姿に感激だ。
船中みんなにアタリ出したがなかなか合わせも難しくエサだけ取られることも多いようだ。
しばらくして船長から移動の合図、もう少し深場に行って大物を狙ってみようとのこと。
走ること15分程でポイントに到着。水深75m程だ。伊良子沖は師崎からも近いので周りにはタチウオ狙いの遊漁船も多い。仕切り直して投入し底を切って巻き上げにかかると今度はすぐコツコツと前アタリ。そのまま微速で巻き上げるとすぐにハリ掛かりしたようだ。引きを楽しみながら巻き上げると浮いてきたのは今度は良型のイシモチ。嬉しい外道だ。開始2時間程で10本以上は釣ったので今度は何とかドラゴン級を狙おうとスーパーで買ってきた生サンマを一匹丸ごと付けて投入してみた。
底から微速で巻き上げかけるといきなりガクガクッと大きなアタリがきた。
合わせを入れるとかなりの引きでしっかり針がかりしたようだ。中速で慎重に巻き上げると水面に姿を現したのは当日の私の最長寸120㌢のプチドラゴンだ。
やはり大きなエサには大物が来るようだ。残り2本のサンマでもと期待したが残念ながらエサだけ取られてアウト。周囲を見ると仲間も結構竿を曲げている。しかし当たる棚もバラバラのようだ。
当たる棚が定まればもう少し手返し良くできるのだが、70mから電動で微速巻きをするとどうしても時間がかかってしまう。しかし飽きない程度にアタリが来て釣れるので結構楽しい。
今度は仕掛を降下中に50m付近で一瞬糸ふけができ降下が止まった。これは途中でエサを喰い上げたのかもしれないと思いすぐさまクラッチを入れて微速で巻き上げに切り替えた。
それでもまだ糸ふけがとれない。巻き上げ速度を少し速めるとやっとコツコツとアタリが出た。
するとすぐさま竿先が海面に突っ込む激しいアタリ。
すぐに大きく合わせ鋭い引きを味わいながら慎重に巻いてくると光る姿が見えた。かなり大物だ。
ラインを緩めずいっきに抜き上げるとこれも120㌢程の大物級。
11時を過ぎてアタリが遠のいてきたのでもういちど最初のポイントに戻ることになった。
しかしその後はポツリポツリとは上がるものの型が小さいので12時半で沖上がりとなった。
伊良子沖でプチドラゴンも混じり、一時は入れ食いタイムもありで皆十分引きを味わうことができた。当日の私の釣果はタチウオ120~85㌢18匹イシモチ2匹カサゴ1匹。今後もタチウオはまだまだ期待できそうなので楽しみだ。

『鳥羽本浦 山洋丸 0599~32~5967』

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

外川沖ヒラメ絶好調

外川沖ヒラメ絶好調

togawa002.jpg


099.jpg

7月半ばより釣果が上向いてきたとのことで8月1日(土)、いつもお世話になる銚子外川の源正丸からヒラメ狙いで釣行した。源正丸の宮内船長は少々口は悪いが外川の釣り船の中でも釣らせる船長として有名だ。
朝4時外川港に着くと周りはまだ薄暗いが船の明かりと釣り人でにぎやかだ。まもなく船長が軽トラでやってきて「今日は釣れるぞー。」と檄を飛ばした。
船は我々7名の他3名で10名の釣り客を乗せて出船となった。
私は右舷ミヨシに釣り座を構えた。
すっきりしない天気が続き当日も雨こそ降っていないが風もあり沖はかなり波もある。
4時半をまわり釣船が一斉に港を出港した。
外川沖のポイントまでは50分程だ。やはり沖に出ると波は2m程でウネリもある。
しかし最近は好釣果の日も多く昨日もトップ5枚とのことで期待が持てる。
先ずは水深50m程の沈船回りを狙うことになった。
ポイントに到着すると早速、船長から開始の合図が出た。いつものことだがやはり第一投は気合いが入る。
我こそはと思うがなかなかアタリがこない。 
10分ほどたった頃か私の隣のヒラメ釣り初めての中村君にアタリ。
船長から竿をあんまりあおらないでゆっくり巻くように指示があり、無事に船長のタモに収まった。
型は1.5kg程でまずまずの良型だ。まさにビギナーズラックだ。
今度はすぐにまたその隣の片岡氏にヒット。
残念ながらその後の流しでは1時間程は船中誰にもヒット無し。
今度はまた左舷胴の間の蔵野君にヒットしたようだ。しかし巻き上げ途中で痛恨のバラシ。
そうこうしているうちにやっと私の竿先にモゾモゾッとアタリがきた。
少しラインを送り出して慎重に待つと20秒ほどして竿先にガクガクッと大きなあたりがきた。
大きく合わせを入れるとしっかりハリ掛かりしたようだ。
慎重にやりとりし船長のタモに収まったのは1.5Kg程の本命ヒラメだった。
今年初めてのヒラメにとにかく感動だ。早い時間で本命をゲットできると気分的に安心できる。
ところが感動に浸るまもなくまたもや私の竿先に大きなアタリ、慎重に合わせすぐに2枚目2kgオーバーをゲット。ちょうど時合いがきたのか船中アチコチで活発なアタリが出だしバタバタと上がりだした。今がチャンスと気合いを入れ再投入する。すると今度はまたしてもとなりのヒラメ初めての中村君にアタリ、あわててあわせず放っておいたのが良かったのかしっかり食い込んで竿先が海面に突っ込んでいる。大きく合わせてゆっくり巻くようアドバイスして無事上がったのは2.5Kg級の立派なヒラメだ。
その後はしばらくひと流しで船中1枚のペースが続いた。
しかし9時を回った頃には船中で全員が本命をゲットし今日はオデコ無しとなった。
すばらしい。さすが釣らせる名船長。その後はしばらくアタリが遠のき上がってくるものもマトウダイ、クロソイやホウボウ等外道も多くなってきた。10時を回った頃、私の竿に前アタリもなくいきなりひったくるようなアタリが来た。慎重に巻き上げるもののどうもヒラメとは異なる引きだ。
青物かと思ったが姿を現したのは90㌢程の大きなサメ。タモを構えた船長もがっかりして「サメがいちゃだめだ。」と言ってすぐさまポイント移動。ポイント移動後右舷トモの方に大物が来たようだ。
慎重にやりとりしているが竿が半分ほど海中に刺さったままなかなか上がってこないようだ。しばらくして竿先が跳ね上がった。ハリス切れだ。船長曰く5~6kgくらいあったんではとのこと。
その後アタリは遠のき、誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるがヒットしない。
しかし今日は全員揃って本命ゲットで大満足だ。やがて12時になり沖上がりとなった。
当日の船中の釣果はヒラメ2.5kg~0.8kgを10人で20枚、3枚の私が竿頭で1枚が一人だった。その他ホウボウ、マトウダイ、クロソイ等外道も多数釣れた。
今度は大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

乗船メモ
銚子外川港
源正丸
0479-23-0676
料金 11500円
(イワシ生き餌、氷付き)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。