FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海上釣り堀で大物狙い                

海上釣り堀で大物狙い        

026.jpg018.jpg
022.jpg


     

9月22日(火)弟と福井県美浜日向のひるが海上釣り堀に釣行した。連休なので早く行って隅の釣り座を構えようと開場一時間前の朝6時に到着した。タックルの準備をしながら待つこと約一時間。開場の7時には既に10名程の釣り客が待っていた。早速受付を済ませ我々は港側の隅に釣り座を構えた。前日の釣果を聞くと90名程の釣り客でマダイ165匹とのこと。エサはダンゴが良いとのことでダンゴとキビナゴを購入した。早速ハリ先にダンゴを付けて沖側の網ギリギリを狙ってキャストした。棒ウキが立ったとたんにスーッ消し込んだので大きく合わせると竿先が大きく曲がった。第一投で幸先良くマダイを取り込んだ。弟はキビナゴを付けて投入するといきなりひったくるようなアタリ。上がったのは小振りなイナダだった。その後マダイを立て続けに取り込んだが次第にアタリが遠のき朝の時合いが終了した。9時を回り釣り客も続々と増えてきて仕掛のお祭りも多くなってきた。やがてボートから追加放流が行われた。その後また頻繁にアタリが出るようになったがなかなか合わせが難しくハリ掛かりしない。今度は新たに付けエサ用にオキアミを購入。ハリスを3号から2.5号に落としオキアミを付けて投入すると意外にもすんなりヒット。同じエサではマダイが警戒するので幾つかのエサをローテーションしてマダイの食い気を誘ってみるがなかなか釣果が伸びない。午後1時を回って二人でマダイ5匹。昼食を取りながら岸壁から足下を覗くとマダカがじっとしているのが見えた。そこで柄の長いタモを持ってきてそーっと海中に入れて背後から岸壁に押し当てると急に大暴れしたがうまくタモに収まって55㌢のマダカをゲット。ラッキーだ。その後は帰りの渋滞が心配になったので午後2時に納竿。当日の釣果は二人でマダイ5匹、イナダ3匹、マダカ1匹。台風等の影響を受けないので沖に出れないときに是非また挑戦したい。
問い合わせ ひるが海上釣り堀
電話0770(32)1127
大人3000円

スポンサーサイト

マイボートでハゼ釣り好調 

マイボートでハゼ釣り好調   
021.jpg
              
9月20日(日)大型連休の中日、伊勢湾の大物釣りを予定したが大型台風の接近であきらめてちょうど大潮なので弟のマイボートで木曽川河口に貝取りに行こうと決め朝早めに出て途中名古屋港貯木場付近でハゼを狙った。新聞情報では今年の春に生まれた新子も育って数釣りが期待できるとのことだった。自宅を朝6時半に出発し、途中釣りエサ店でイシゴカイを二杯購入し、ボートで新川から貯木場に向かった。天気は快晴で朝から日差しが強い。7時前にポイントに到着したが既にハゼ狙いのボートが二隻ほど停泊している。また岸壁には既に多くの釣り客が竿を出してハゼやセイゴを狙っている。とりあえずボートを停めて始めることにした。片天秤の2本バリの仕掛の準備をしてイシゴカイをつけて軽く投げ込んだ。すると着底まもなく強い引き、大きく合わせ巻き上げるてくるとかなりの重量感が伝わってくる。抵抗しながら15㌢程のセイゴが上がってきた。しかし弟は第1投目から本命のハゼをヒットさせている。遅れをとるまいと私も少し遠くにキャストしてゆっくり引き寄せるとすぐにプルプルッと小気味良い引き込みがあり軽く合わせ追い食いを待ったが反応は無いのでそのまま巻き上げる下バリに良型のハゼ。初っぱなから良いポイントに当たったのでここで釣ることに決め、アンカーを入れることにした。その後は新子も混じりながら投入すると必ずヒットするようになった。1時間ほどしてアタリが遠のいたなと思ったら周囲の船はとっくにいなくなっていた。しばらくすると怪しい船舶が静かに近寄ってきたので何かなと思ったら、海上保安庁の臨検だった。信号口炎が湿気っており使える状態ではなかったがとりあえずあったのでセーフ。まさかこんなところで臨検にあうとは・・・ 。やはり出航前点検はきちんとしなければいけませんね。その後は同じ場所でそのまま継続する気にもなれず
。時間も10時を回っていたので片付けて木曽川河口の貝取りポイントに向かった。
当日の釣果は二人で7~15㌢のハゼ35匹、セイゴ3匹、メゴチ3匹だった。今度はもう少し涼しくなったらまた挑戦してみたい。くれぐれも出航前の点検を確実にして。











観音崎沖でタチウオ・アジのリレー釣りに挑戦 

観音崎沖でタチウオ・アジのリレー釣りに挑戦                     
P9120022.jpg
P9120031.jpg
039.jpg
KO005.jpg

 
 東京湾のタチウオが絶好調とのことでいてもたってもいられず会社の釣り仲間で船を仕立てて9月12日(土曜)釣り大会を開催することになった。
内房に行くか三浦に行くか迷ったが今回は初心者も多いためおみやげも確保できるようにとタチウオとアジがリレーで楽しめる新安浦港のこうゆう丸さんにお世話になった。総勢22名と多いので船は通常乗合で使っている大型船を用意して頂いた。当日は午前6時半集合で7時半出船の予定だったがみんな気が早く6時過ぎには半分以上が集合した。
天気が良いので港はどこの船宿も満員で活気づいている。風もなく海もべた凪である。
7時前には全員集合し受け付けを済ませて荷物を船に積み込んだ。船長の合図で予定通り出航となった。港を出て航程30分程で観音崎沖の50mダチのポイントに到着した。
ポイントに着くと既に周囲はタチウオ狙いの釣り船でいっぱいである。
皆それぞれ狭いポイントの中で反応を探して走り回っている。
我々の船もしばらく旋回を繰り返した後、船長から「水深53m、タナは底から5mから20mです。
準備ができた人からやってください。」と開始の合図。
早速、仕掛にエサのサバの短冊を縫い刺しにして第一投を投入した。
仕掛けはテンビンに水中ランプを付けタコベイトつきのタチウオ針2本針だ。
オモリ着底後、イトフケを取って誘いを入れながら電動のスローで巻き上げていると水深45m付近でコツコツと前アタリが出た。
じっと我慢してそのまま巻き上げると竿先にガクガクッとくるような大きなアタリが出たので竿をあおって聞き合わせると竿先が海面に突っ込んだ。
しっかりハリ掛かりしたことを確信し大きく合わせ巻き上げると水面下に銀色の眩しい魚体が見えた。とりあえず指3本アベレージクラスの本命タチウオゲット。
周囲を見ると最初の一流しでバタバタと上がっている。初心者も多いのでタチウオのするどい歯に気をつけて必ずペンチでハリを外すようにアドバイスし再投入。
しかし反応がなくなったので船長から移動の合図。
ポイント移動直後はかなりアタリはでるがなかなかハリ掛かりさせるのは難しいようだ。
取り込みの際に天秤を持ってハリスをゆるめたとたんにバラしてしまっているケースもあった。
船長から移動の合図がありポイント移動。
今度の流しでは反応が濃いのかいきなり食い込むようなアタリもあり船中でバタバタと上がり騒がしくなってきた。
11時を回り皆そこそこタチウオを釣ったところで船長から「アジのポイントに移動しますので準備してください。」とアナウンスがあった。
早速移動中に130号のアンドンビシと2本バリの仕掛を準備した。アジのポイントまでは約15分程。凪で走っていても潮風が気持ちいい。ポイントに到着するとコマセのイワシミンチと付けエサのアカタンが用意された。船長から「水深47m、タナは底から2mです。」と開始の合図があった。
早速第一投を投入し底を切ってコマセを大きく2,3回振るといきなり竿先にブルブルッとアタリ。
電動のスイッチを入れゆっくり巻き上げると30㌢程の型の良いアジが上がってきた。幸先良いかもと思ったのもつかの間、全くアタリが無くなった。しかし周囲を見渡すと結構上がっているのであきらめずどんどんコマセを打ち返した。そして今度は少しタナを上げて待ってみると大きな引き込みだ。
電動のスイッチを入れ巻き上げるとかなりの勢いで竿先がバタバタしているのでどうもアジではないなと思ったがやはり上がったのはサバで40㌢を超える良型だった。その後はタナを底から2mをキープして待ち40㌢弱の大アジを数匹ゲットすることできた。船中ではサバに邪魔されながらも皆ポツポツとアジを釣り上げていた。その後数回移動をし順調に釣果を伸ばして3時前に沖上がりタイムとなった。当日の釣果はタチウオ95~65㌢を13~0匹、アジ37~18㌢ を25~5匹。今後もまだまだ安定した釣果が望めるので是非また挑戦したい。

乗船メモ
三浦 新安浦港こうゆう丸
電話 046ー823ー1860


伊良子沖で爆釣のタチウオ釣りに挑戦

伊良子沖で爆釣のタチウオ釣りに挑戦
01.jpg
02.jpg


伊勢湾伊良子沖のタチウオは連日爆釣しているとのことで早速、9月5日(土)の釣行を決め知多半島にある師崎港の七福丸に会社の仲間5人で予約を入れた。
連日爆釣でかなり混雑が予想されるがやむを得ない。
当日は受付が4時からとのことで4時過ぎには船宿に着いたが既に船には数名の方が乗っておりトモ側は既にいっぱいであった。我々は中乗りさんに案内され右舷胴の間に並んで釣り座を構えた。
その後もどんどん釣り客が訪れ左右の間隔は1mも無いほどだ。これはオマツリ連発の予感。
サバの切り身とカタクチイワシのエサそして仕掛け1組が配られ、20名弱の釣り客を乗せて予定通り6時に出船となった。伊良子沖のポイントまでは30分程だ。天気は快晴で波は1m程、若干ウネリがある。残暑厳しく暑くなりそうだ。ポイントに到着すると既にタチウオ狙いの船団が密集している。
ポイントはかなり狭いようだ。そんな中で船長はタチウオの魚影を探し魚探で反応を探っている。
早速、船長からの指示で釣り開始となった。船長のアナウンスで『水深55mです。底から30mくらいまで誘ってください。』とのことであった。また「仕掛を降ろすとすぐに食ってきますから食ったら一気に巻き上げてください。」とのことだった。
船宿から渡されたテンビンズボ釣り仕掛け(タコベイトの一本針、オモリ80号)を付け第一投を投入した。50mまで降ろしリールのクラッチを入れ巻き上げようとしたとたん竿先にガクッガクッとアタリがきた。そのまま電動で微速で巻き上げると今度は竿を大きく曲げるあたりだ。
乗ったことを確信し竿を大きくしゃくって合わせを入れた後、中速で巻き上げると早速良型の本命タチウオが上がった。船長の言うとおりいきなり食いついてきた。
右舷左舷ともむらなく一気にあちこちで上がりだした。しかし今度は、予想したとおりアチコチでオマツリが連発しだした。船長の「食ったら一気に巻いて!」はオマツリ防止のためだった。せっかく当たっているときだけに残念だ。その後私も右隣の白石君と何度もオマツリしたが、仕掛けが無事に棚まで落ちたときには必ずタチウオをゲットすることができた。ここのタチウオの釣り方はいたって簡単だ。船長の指示棚を電動リールの微速から低速で少しアクションを入れながら巻き上げるだけだ。
タチウオはあまり俊敏な動きをしないのであまり早く動かすと追いかけてこない。途中アタリを感じてもそのまま微速で巻き続け少し待ってエサを食い込ませてから聞き合わせてから大きく合わせる。アタリを感じてもタチウオを掛けることができなかったら仕掛を上げてエサを確認する必要がある。カワハギ同様、非常にエサ取りがうまい魚なので魚とのやりとりも面白い。しばらくしてミヨシの太田君がファイトしている。かなり大物のようだ。メーター超えの指4本クラスだ。十分数は釣ったのでなんとか今度はドラゴン級を狙おうとサンマを丸ごと1本付けて狙ってみるのだがアタリは出るものの中々食い込んでこない。やはりドラゴンはいないのか。残念ながら12時を回り沖あがりの時間となった。当日の我々の釣果はタチウオ11㌢~75㌢を8~15本だった。他に外道でイシモチ、カサゴが釣れた。
当初は20本は軽いと思っていたが途中仕掛のオマツリによるロスタイムが響き今一歩の釣果となった。船宿の話では平日は空いているので30~40本は出ていますよとのことだった。
平日釣行はサラリーマン釣り師にはなかなか難しいが是非また挑戦したい。船宿の話ではドラゴン級も混じりながら数はコンスタントに上がっているので皆さんもこの機会に是非タチウオに挑戦されたらいかがでしょうか。

伊勢湾
師崎港七福丸
TEL 0569-63-0472

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。