スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海若狭大島沖にメダイ狙いで釣行

medai001

MEDAI03.jpg

12月29日、冬の日本海のファイター「メダイ」と格闘すべく福井県若狭大島の海生丸さんを訪れた。
メダイは冬の旬の魚と言われるだけあって脂が乗ってとてもおいしいがそれ以上に水面間際まで抵抗する
強引な引きが釣り師にはたまらない。
12月にもなると日本海は荒れる日が多く出船できる日が限られてくるのだが日頃の行いが良いのか?
当日はちょうどシケの谷間で朝のうちはウネリは残るが風もなく天気は良くなる見込みで釣行OKとなった。
釣り友の、望月氏、船津氏とともに午前5時前に船宿に着き乗船手続きを済ませ釣り座のクジを引いて港に向かった。我々の釣り座は抽選で左舷ミヨシから3人並ぶことになった。早速全員揃ったところで荷物を積み込み出船となった。狙うポイントは大島沖へ航程約1時間程のポイントだ。港を出るとかなりのウネリでキャビンにいたが気分が悪くなった。久しぶりに船酔いした。どうやら酔い止めを寝る前に飲んだきり出船前に飲み忘れたためだ。
改めて自分が船酔いすることを思い知らされた。一時間程経過してやがてエンジン音がスローになりポイントに着いた。当日はお客さんが多いこともあり船長の指示で仕掛けは胴つきの3本バリに統一。早速アンカーが投入され船長の合図で開始となった。オモリは150号指定。水深は80m、65m~70mくらいのところを誘ってみてくださいとのこと。船酔いで気分が悪いのをこらえ投入準備をするがいまいち気合いが入らない。コマセ用のオキアミをカゴに詰め胴付きの三本針にサンマの切り身、イカタンそしてオキアミをそれぞれ付けて投入した。
潮は斜め左舷から後方右舷側に流れている。私は左舷ミヨシでかなり不利な状況だ。
仕掛けを70mで止めてコマセを振りながら2m程巻き上げて止めた。すると一息つく間もなくいきなり竿先にガクガクッと大きなアタリが来た。大きく合わせを入れ電動中速で巻きあげにはいると竿先が海面に突っ込んだ。
間違いなくメダイの引きだ。後方を見るとあちこちで竿が曲がり電動リールの巻き上げ音が鳴り響いている。
船長から大物以外はタモを使わないでハリスを持ってそっと抜き上げてくださいと指示が出る。
手返しを早くするためだ。やがて水面下に魚影が見えてきた。
ダブルだ。ハリスをたぐり寄せそっと抜き上げるものの1匹はバラシ。なんとか50㌢オーバーを1匹ゲット。
すぐさまコマセを詰め再投入するもコマセを振ると待つ間もなくすぐに竿先にアタリ。
しばらく待つと竿全体が絞り込まれ竿先が海面に突っ込んだ。
竿をしゃくって大きく合わせを入れると追い食いしたのかさらに重たくなった。
すぐに電動リールのスイッチを入れ巻き上げ開始。
しかし途中何度も鋭い突っ込みを見せ中々上がってこない。なんと上がってきたのは3本バリパーフェクトだ。
さすがに3匹付いているとリールも過負荷状態で悲鳴を上げる。まるで漁師になったような気分だ。
どうやらスタートから怒濤の入れ食いモードに突入したようだ。しかし10匹ほど上げたところでまた気分が悪くなり少し休憩した。相変わらずウネリは止むこともなくミヨシ側は大きく揺れている。横で釣り友の望月氏も船津氏も順調に数を伸ばしている。少し体調も復活したので再度仕掛けを降ろすが依然として入れ食い状態が続いているようで仕掛けが棚に届いたとたんに竿先が海面に突っ込む始末。当初心配した潮の流れがどうとかなど全く関係ない感じだ。
いったいこの下にはどれだけのメダイが寄っているんだろうと想像もつかない。
かなり魚影が濃いようだ。やがて昼近くになり少し食い気も落ち着いてきた。しかしクーラーは既に満タンに近い。
船長の合図で一旦竿を上げてアンカーを打ち直すことになった。
しかしその後もマキ餌が効いてくるとメダイの群れが船下に集まってきてまたしてもスタート時同様の入れ食いモードになった。そして降ろせばヒットするような状況がしばらく続いた。
胴の間ではメダイ釣り初めての方もいたようでハリ掛かりしたメダイが暴れオマツリも連発している。
オマツリしないように早めに巻き上げなければならないが巻き上げる途中でバレることが何度もある。
メダイは身が柔らかいので大きな合わせやあまり強引な巻き上げは禁物だ。
掛かりが浅いと身切れしてばれることが多くなる。
経験からできるだけ軸の太いハリを使った方が巻き上げ途中でのバラシは少なくなるようだ。
まだまだアタリは続いているが皆クーラー満タン状態なので少し早いが船長の合図で14時半に早上がりとなった。
当日の釣果はメダイ45~60㌢を34匹、外道でハマチ3匹と久々の大爆釣で大満足の釣行となった。
若狭大島沖のメダイはまだまだ期待できるので是非また挑戦してみたい。

福井県若狭大島
海生丸
0770(77)0419

スポンサーサイト

銚子外川 ヒラメ釣行

銚子外川ヒラメ釣行

hirame01.jpg
hirame03.jpg
hirame02.jpg


12月なり大洗沖も解禁となり外房一帯でヒラメの好釣果が続いているとのことで12月27日、忘年会をかねて銚子外川の源正丸を訪れた。源正丸の宮内船長は巷では少々口は悪いが数多く釣らせることで有名である。聞くと最近では5㎏級の大型もたびたび上がっているとのことで期待が持てる。釣行メンバーは会社関係の釣り友で私含め9人である。今は冬時間で5時集合の5時半出船なので夏場に比べると1時間遅く楽である。近くの民宿に前泊し軽く忘年会をやって朝5時過ぎに外川港に着いた。まだ周りは真っ暗だが港は船の明かりと正月用のヒラメを狙う釣り人でにぎやかだ。船は我々の他4名で13名の釣り客を乗せて出船となった。釣り座はミヨシとトモに分かれることにした。私は左舷トモに釣り座を構えた。心配した天気もここ数日は安定しており今日も風もなく凪のようだ。5時半をまわり釣船が一斉に港を出港した。狙うポイントは最近数上がっている一級ポイントの外川前だ。ポイントまでは30分程の航程だ。沖に出るとこの時期にしてはめずらしくべた凪だ。ポイントに到着すると早速、船長から開始の合図が出た。さっそくイワシをすくい仕掛の準備をして投入した。やはり第一投は気合いが入る。水深は30m程だ。我こそはと思うがなかなかアタリがこない。10分ほどですぐポイント移動となった。2度目の流しで投入間もなく竿先が一気に海面に吸い込まれた。いきなりアタリかと思って合わせを入れるが反応がないので根掛かりかと思い巻き上げるとなんと水面にヒラメが。あわてて船長を呼び無事ゲット。結果は隣の木之下氏の仕掛けとオマツリしておりヒラメには残念ながら木之下氏のハリが掛かっていた。仕掛けのオマツリでわからなかったようだ。気を取り直し再投入するとオモリが底に着いたとたん今度もすぐに仕掛けが引き込まれた。まちがいなくヒラメと確信ししばらく待って合わせを入れるとしっかりハリ掛かりしたようだ。慎重に巻き上げタモに収まったのは後計量2.8kg、65㌢のりっぱなヒラメだった。朝早いうちに本命をゲットできると何となく気持ちに余裕ができる。今度は左舷ミヨシの片岡氏が竿を曲げている。取り込まれたのは残念ながら本命ではなく40㌢程のイナダだった。その後右舷トモの三浦氏にアタリがあり船長がタモを持って構えると少し小振りながらも本命ヒラメだった。残念ながらその後の流しでは1時間程は船中誰にもヒット無し。船長曰く潮はよく流れているようだが昨日に比べアタリが少ないとのこと。他の僚船から無線が入るがまだほとんどが釣れていないようだ。そうこうするうち今度は右舷胴の間の小室氏にヒット。無事に1.5kg程の良型が上がった。すると今度はまたしても右舷胴の間の蔵野氏にヒット。1.5㎏級を取り込んだ。 時間も半ばを過ぎ仲間の半分は本命をゲットした。
しばらくすると置き竿にしていた私の竿先にモゾモゾッと微妙なアタリが来た。すかさず手持ちに切り替えて構えると一瞬竿先が絞り込まれてふわっと軽くなった。あわてて巻きにかかるとどうもオマツリのようだ。胴の間からトモまでなんと4人でオマツリしていた。残念ながらイワシにはくっきりとかじられた跡が・・・。すかさず新しいエサに替えて投入した。すると今度は同じ左舷の胴の間の西川氏にヒット。慎重に取り込んだのは1.5kg級のヒラメだ。その後は船長の判断で朝一番のポイントに戻ることになった。12時近くになり船中3枚ほど上がったところで船長から最後の一流しと合図があった。
気合いを入れて投入するとオモリが底に着いたとたんひったくるようなアタリだ。すかさず合わせを入れて巻き上げると良型のイナダだった。最後の流しでミヨシで本命ヒラメが1匹上がったところで沖上がりとなった。。当日の釣果はヒラメは2.8~1㎏ 2枚~0枚、他に外道でイナダ、マトウダイ等が上がった。我々の仲間は9人中6人が本命ゲット。外房は今年は魚影も濃く外川ではかなりの大物も上がっているようなので年明け是非また挑戦したい。

銚子外川港
源正丸
0479-23-0676






伊勢湾ヒラメ好調

006.jpg
tachi003


12月19日(土)、会社の釣り仲間でヒラメ釣り大会を開催した。12月になってもウタセマダイの好釣果が続いているとのことで当初は鳥羽本浦の山洋丸さんでマダイ狙いの予定だったがここ数日のシケでエサのウタセエビが入荷しないとのことで急遽予定を変更し午後船で活きイワシでヒラメを狙うことになった。伊勢湾のヒラメはこのところの水温の低下で活性も高まり12月になって好釣果がつづいているらしく期待が持てる。当日は総勢14名が参加。桟橋に11時集合の予定だが渋滞が予測されるので名古屋を8時頃に出発した。あいにく強い寒波の襲来で朝方は名古屋地方は雪が散らついており天気が心配されたが現地に着くと快晴で先ずは一安心。しかしながらものすごく寒い。12時を回り桟橋に午前便が戻ってきたので抽選で釣り座を決め早速船に乗り込んだ。私は右舷ミヨシに釣り座を構えることになった。皆の準備が出来次第、船長の合図で出船となった。途中湾内のイケスに寄ってエサの活きイワシを積み込んでポイントに向かった。沖に出ると北西風が強く波も高くかなり厳しいコンディションだ。約30分程で鳥羽沖のポイントに到着。各自のオケに3~4匹のイワシが配られ船長の「準備出来た人から始めて下さい。」のアナウンスでスタート。水深は40m程だ。とりあえずオモリ60号で第1投を投入。潮は右舷より左舷にかなりの速さで流れている。また波も高くアタリも取りづらい。1流し目の後半に左舷ミヨシにアタリがあり40㌢ほどの本命ヒラメが取り込まれた。二流し目ではトモ側で何枚か上がったようだ。様子を見に行こうにも波が高く船の揺れも大きいので座っているのがやっとの状態で船上の移動は厳しい。しばらくして私の竿先にモゾモゾとアタリが来た。ラインが緩まない程度にテンションを掛けしばらく待ったが食い込まない。仕掛を上げてみるとやはり少しかじられた跡が残っていた。どうも食い込みが浅いようだ。再投入し時折り仕掛を上げ下げしながら誘いを入れてみるが反応はない。午後3時を回った頃か、仕掛が底に着いたとたんに竿先が引っ張られた。根掛かりかと思い竿先を持ち上げると少し根掛かりとは異なる重量感がある。引き込みは無いがすこし重いので何か付いていることはまちがいないが期待せず巻き上げるとなんと水面にヒラメが浮上。あわてて隣の望月氏にタモ入れをお願いし無事に後計量42㌢のヒラメをゲット。なんとかオデコは免れた。この時点でメンバーの半分以上が本命をゲットしていた。順調な人は既に3枚もゲットしていた。後半戦に入ったが全く風は治まる気配をみせず依然として波風の強い厳しいコンディションが続いている。左舷側ではたまに歓声が上がりヒラメが順調に取り込まれているようだ。私もなんとか追釣りしようと真剣に竿先に全神経を集中させるが中々アタリが来ない。やや暗くなって午後5時を回り船長から最後一流しのアナウンスがあった。
残念ながら最後の流しの期待はむなしくそのまま沖上がりとなった。当日の釣果は40~60㌢のヒラメを4枚~0枚。船中18枚。14人中オデコは船酔い者を含む3人。外道はハマチ、カサゴ、サゴシ他多数。ベテランをしのいで3枚釣った初心者もおりこの厳しいコンディションの中ではよく釣れたほうだと思う。船長の話では今年は90㌢オーバーもでて魚影も濃いとのことで是非また大物を狙って挑戦したい。

問い合わせ
鳥羽本浦
山洋丸
0559(32)5967

APC 竹川徳雄






名古屋港貯木場でヒイカ釣り満喫

名古屋港貯木場でヒイカ釣り満喫                     
hika000.jpg
hika002.jpg
hika001.jpg
 
12月12日(土)、弟と甥っ子の三人で名古屋港飛島の貯木場付近の岸壁にヒイカ狙いで釣行した。私はヒイカ釣りは初めてだった。ヒイカとは、ヤリイカ科ジンドウイカ属のとても小さなイカ(烏賊)らしく夏頃から釣れだすらしいがちょうど今頃の時期に大きくなって接岸してくるらしい。大きいといっても10~12㌢くらいのようだが。刺身で食べると非常に美味である。当日は、夕まずめ狙いで早めに出発しようと思ったが仕事の関係で少し出遅れ現地に着いたのは午後6時過ぎ、12月にしては珍しく昼間から暖かな陽気で防寒着が必要ないくらいだった。そのせいか最初にいったポイントは既に車でいっぱいだったので弟の一押しの付近の第二のポイントを目指すことになった。空いているところを見つけ車を停めて既に釣っている隣の方に釣況を聞くと午後5時前から来て1時間以上経っているが二人でまだ5杯とのこと。まあ一応イカがいることはわかったのでとりあえず準備を始めることにした。先ずイカを寄せるために発電機を回し投光器を点けて岸壁から海面に向けた。しばらくしてタックルの準備をしながら海面を覗くとたまに黒っぽいものがスッーと浮かんで消えた。弟が「イカがもう寄ってるよ」とのこと。早速1.5号のエギスッテを付けて投入。釣り方はいたって簡単でちょい投げしてスッテが底に着いたら少しユックリとアクションを入れながら巻いて止めての繰り返しらしい。数回投げて巻いていると3度目にスッテから微妙な重量感が伝わってきた。早速巻き上げにかかると水面に出たところでスミを吐いてバレた。どうやら早く巻き上げすぎて身切れしたようだ。すぐに再投入。今度は少し遠めに投げて巻いてみた。するとイカが追っかけて来るのが灯りの中でよく見える。これは面白い。少しスピードをゆるめるとスッテにイカが抱きつくのが見えた。今度はしばらく待ちゆっくり巻き上げて見事ゲット。すると隣で甥っ子も型のいい本命をゲットしている。弟だけ一人カヤの外になっている。カヤの外の弟から「ライトの明かりの際を狙うといいよ」とアドバイスがあった。今度はその通り遠くに投げてライトの際で巻き上げをゆっくりめにすると結構ヒットするようになった。その後一時間程でアタリが遠のいてきたので納竿とした。当日の釣果はヒイカ10㌢~12㌢を私は6杯、甥っ子は6杯、弟はタックルの準備等で出遅れ3杯。短時間にしてはまずまずの釣果だった。初めてヒイカ釣りに挑戦したがイカがスッテを追ってくるのが見えてやりとりが楽しい。是非また挑戦してみたい。

日本海若狭大島沖でメダイ数釣り開幕

日本海若狭大島沖でメダイ数釣り開幕
medai080105.jpg
KAISEI002.jpg
KAISEI001.jpg
KAISEI0015.jpg


10月から爆釣が続いていた浦島礁のジャンボメダイが一息ついたと思ったら今度は例年より少し早く若狭大島沖で良型メダイが釣れ始めた。早速、釣り友の大岩氏を誘い12月5日に福井県若狭大島の海生丸を訪れた。これからの日本海はなかなか天気が安定しない。当日も連日のシケの合間をぬっての釣行だ。夕方からまた天気が崩れるとのことで少し早めの5時半出船となった。釣り人は18名で満員御礼だ。釣り座は抽選で我々は右舷トモに並んで構えることになった。狙うポイントは大島沖航程約1時間のあたりだ。天気は今にも降り出しそうでドンヨリとしている。湾の外に出るとかなりのウネリがある。ポイントに着くと既に4,5隻の船がアンカーを入れている。かなりポイントは狭いようだ。早速アンカーが投入され船長の合図で開始となった。水深は90m程。オモリ150号で水深80mから70mあたりを誘ってくださいとのこと。当日は釣り客も多いので船長から仕掛は胴突き3本針でお願いしますと指示があった。さっそく仕掛けを準備し持参したエサのサンマ、オキアミそしてイカタンをそれぞれのハリに付けて第一投を投入。80m程まで仕掛けを落としコマセを振って75mで待ってみた。するといきなりアタリ、竿をしゃくって大きく合わせを入れオマツリしないように高速で巻き上げたが残り20m程のところでふっと軽くなり痛恨のバラシ。やはりメダイは身が柔らかいので大きな合わせは禁物のようだ。身切れしやすいらしい。気を取り直して再投入。するとまた同じ棚でアタリ。今度こそはと慎重に巻き上げ無事に取り込んだ。サンマの切り身に食ってきた。これで先ずオデコは免れた。上がったのは50センチ超えの本命メダイ。さすがメダイ50㌢といえども引きはモンスター級だ。マダイ等と違い上層まで上がってきてもかなりの抵抗を見せる。当日使用した私のタックルは、竿がオモリ負荷80号の3.6m、中型電動リール、ミチイトPE6号300m巻、オモリ150号、仕掛けは胴突き3本バリ、ハリス6号、針は伊勢尼13号を使用。今度は付けエサを全てサンマに替えて投入したら開始早々入れ食いモードになってきた。いきなり連続で良型を5匹ゲットした。しかしまだ隣の大岩氏にはなぜかアタリが来ない。付けエサをサンマにした方が良いとアドバイスするとほどなく本命をゲットした。その後は船中のフィーバーも去りメダイが上がるペースもポツリポツリとなった。少しアタリが遠のいてきたので船長より移動の合図。時計を見ると既に10時を回っていた。ポイント移動した後、仕切り直して再投入した。しかし1時間程経ったが船中誰もアタリ無しで沈黙が続いている。しばらくしてやっと左舷側でヒットしたようで「底から2m」と聞こえた。早速コマセを詰め替えて再投入した。そして底を切ったところでコマセカゴを振って少し待つと竿先にガクガクッと激しいアタリが来て竿先が海面に突っ込んだ。かなりの引きだ。なんと浮上してきたのは良型メダイのダブルだ。無事取り込んだところで今度は大岩氏の竿先が海面に突っ込んだ。ものすごい引きだ。リールが悲鳴を上げている。残り5m程で大きな魚体が見えた。どうやらかなり大きい青物のようだ。私が慎重にタモ入れして上がったのは後計量で88㌢6kgのブリだった。思わず握手。どうやら今日二回目のフィーバーが始まったようだ。また船中あちこちで竿が曲がり出した。気合いを入れ直し投入してしばらく待つとすぐに掛かるようになった。二人でタモ入れを交代しながら順調に数を伸ばした。釣りというより漁師になった気分だ。しばらくしてフィーバーが終わると船長より納竿の合図。夕方4時で沖上がりとなった。当日の釣果は私は50㌢~60㌢のメダイ15匹、大岩氏は同サイズのメダイ13匹と6kg(88㌢)のブリ1匹。今シーズンのメダイ釣りスタートで満足のいく1日となった。
乗船メモ
若狭大島
海生丸
 福井県大飯郡おおい町大島110-16
TEL.0770-77-0419
料金 乗合
一人12000円(1日便)(エサ、氷別)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。