FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島沖カレイに挑戦 釣り大会開催

鹿島沖のカレイに挑戦
べた凪での釣り日和
kasima01.jpg
マコとイシ両方ゲット イシは53センチ
kasima02.jpg
優勝 内田さん イシガレイ55センチ
kasima03.jpg
集合
kasima04.jpg

 
 茨城鹿島沖のカレイの釣果が上向いてきたとのことで4月10日(土曜)会社の釣り仲間で船を
仕立てて釣行することになった。
船宿はカレイ釣りでは毎年お世話になる鹿島港の不動丸。
当日午前6時半集合で7時出船の予定だったが6時前にはほとんどが集合した。
天気も快晴で朝から暖かい。早速受け付けを済ませて荷物を船に積み込んだ。
釣り座は仲間内の中でも先着順だが私はトモかミヨシか迷ったが今回はぶっ込んで少し流してみようと
思い右舷トモに構えた。船長から釣れているポイントまで1時間程かかるので出来るだけ早く出たいと
のことで予定より早く6時半に出船となった。沖に出ると少しウネリはあるが風もなく気持ち良い。
やがてエンジン音がスローなりポイントに到着。
スパンカーが上げられ早速船長から「準備ができた人からやってください。水深は28mです。」と
開始の合図。幹事から船宿仕掛けと付けエサの青イソメとアオヤギが配られた。どちらがいいのかは
日によって異なるようなので、私は三本バリに交互にエサをつけて投入した。
10分ほどして左舷胴の間で型の良いイシガレイが上がった。私も負けずに頑張ろうと
底を数回こづいて待つことにした。
しかし全く反応は無い。そしてまたしても左舷胴の間でバタバタとイシガレイが上がった。
しかしながら我々右舷側は反応無し。船長からマイクで「右舷の方も頑張って下さい。」と檄が飛ぶ。
左舷で数枚上がったところでポイント異動となった。
新しいポイントで少し誘いを入れて置き竿で待つこと5分程。
今度は私の竿先にモゾモゾッとしたアタリ。
少しラインを送り出ししばらく待ってゆっくり聞き上げると竿先にガクガクッと明確なアタリ。
もう一度竿を大きくあおって合わせを入れて巻き上げた。
水面に顔を出したのは30㎝程の良型マコガレイだ。下バリの青イソメに掛かっていた。
とりあえずオデコは免れほっとした。しばらくすると右舷側でもポツポツと上がりだした。
しかし食い込みが浅いのかバラシも多い。アタリがあってもすぐに合わせるのは禁物のようだ。
しっかり食い込ませないと巻き上げ途中ですっぽ抜けも多いようだ。開始1時間ほどでアタリが遠のいた。
船長は過去に実績あるポイントをいろいろ移動してくれるが中々アタリが続かない。
どうも潮が緩いようだ。
船長から合図があり少し走って新しいポイントに行くことになった。
走ること20分程。移動後は再び船中でポツリポツリと上がるようになった。
しかし今度は少し潮が動いてきたのか胴の間でオマツリが多くなってきた。
どうしても初心者は潮の流れがあると底取りがなかなかできないのでついラインを出してしまい、
結果オマツリになってしまうことが多い。
船長から「いったん底取りしたらあまりラインは出さないようにしてください。」とアドバイスがあった。
またエサの付け方についてはアピールするように大きめに付けた方が良いのとイソメは長く垂らさないで
房掛けにした方が食いが良いとのことだ。
また誘いについてもあまりこづかないでゆっくり誘った方がいいようだ。
9時を回った頃か左舷胴の間で歓声が上がっている。
見ると中村君が45㌢を超える大型イシガレイを上げていた。
その後しばらくすると私の隣の初心者内田さんの竿先が大きくガクガクッと海面をたたいている。
かなり大きいようだ。時間をかけて上がってきたのは当日最長寸の肉厚イシガレイ(後計量55㌢)。
思わず本人もビックリだ。そうこうしているうちにまた時合いが来たのか周りでまたバタバタとあがりだした。
左舷胴の間でざわめいているので乗り出して見てみると良型の一荷だ。
私も気合いを入れ直しエサを新しいものに取り替えて再投入し青イソメの動きをイメージしてコツコツと
誘いを入れてゆっくり聞き上げてみる。
するといきなりググッーと引き込むようなアタリ慎重に合わせをいれ巻き上げると結構な重みが伝わってきた。
水面に浮き上がり船長のタモに収まったのは53㌢の良型のイシガレイだった。
12時を回り最後に大物を取り込んだところで沖上がりとなった。
1時間程走って港に戻り船宿特製のカレーを頂いた。釣った魚は船宿で締めて頂ける。
特にイシガレイは独特のニオイのあるイシの部分とかきれいに取って下処理をしていただけるので助かる。
当日の我々の釣果はカレイ55㌢~30㌢を6~0尾で残念ながら21名中数名オデコが出てしまったが
天気良く凪で一日楽しい時を過ごすことができ良かった。
潮が動かず釣果はあまり伸びず残念だったが是非また爆釣を期待して再挑戦したい。

乗船メモ
茨城県 鹿島港旧港
不動丸
電話
0299=83=5553




スポンサーサイト

今年初マダイゲット~~!!

今年初マダイゲットしました~~!!
55センチ
100403志摩沖 003
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。