スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外川から銚子沖へアラ狙うも不発

アラ・オニ狙いで釣行


okikasa.jpg

6月11日(金)久々の平日釣行。会社の釣り仲間三浦氏、片岡氏を誘って銚子外川港の源正丸にお願いしアラ、オニ狙いでの釣行となった。
港に4時集合とのことで近くで前泊し3時に起きて港に向かった。港に着いたが平日だから駐車場は車も少ない。釣船の前に車を停めると既に先客が二人。我々も荷物を車から降ろし準備にかかった。
釣り座は私が右舷トモ、三浦氏と片岡氏はミヨシに構えた。
まもなく船長が到着し 氷とエサのイカとサバの切り身が配られ4時前に出船となった。昨日に比べ波はだいぶ治まったようだがそれでも沖に出ると若干のウネリがある。 天気は快晴で気持良い。ポイントまでは一時間半ほどかかるようだ。
少し横になって仮眠をしていると船長の「はい 準備してー!」の声で目が覚めた。
エンジン音がスローになり船長から「やって」の合図。早速投入の準備にかかる。
水深は130m程、オモリ150号とのこと。
オニカサゴ用にサバの切り身とアラ用にイカをチョン掛けして第一投を投入。
着底後イトフケを取って待つとすぐに竿先にたたくようなアタリ。合わせを入れ電動で巻き上げると途中でもかなりの引きを見せている。どうもカサゴではないようだ。 上がってきたのは40㌢を超える立派なマサバだった。前方に目をやると右舷ミヨシで片岡氏が型の良いオキカサゴをトリプルで上げている。
負けじとすぐに再投入しアタリを待つ。するとしばらくして今度はコツコツと微妙なアタリ。
しばらく待って巻き上げにかかると竿先に反応は無くなった。外れたかな?と思うと
途中竿先が小刻みに震える。魚はいるようだ。上がったのは30㌢程のオキカサゴだった。今度はミヨシの三浦氏が大きく竿を曲げている。かなり大きいようだ。船長がタモを持って構えると浮上したのはなんと1.5mを超えるような巨大なサメ。気を取り直してポイント移動となった。移動後まもなく左舷胴の間のお客さんが55㌢の本命オニカサゴをゲットした。
気合いを入れ直し再投入するも上がってくるのはオキカサゴのみ。そうこうしているうちに11時を回り沖上がりタイムとなった。残念ながら本命アラ、オニはゲット出来なかったが40㌢弱のオキカサゴも上がり充分おみやげを確保出来た。当日の本命オニカサゴは船中55㌢1匹のみ。
我々の釣果はオキカサゴ40~25㌢ 24~15匹。
アラのシーズンはこれからとのことで是非また幻のアラ目指して再挑戦したい。

釣船 銚子外川港
源正丸
0479-23-0676
スポンサーサイト

鷹巣沖 完全フカセ

鷹巣沖好機到来                   

mati01
takas02
takasu03



6月5日完全フカセのマダイ狙いで釣行した。
当初鷹巣沖解禁(5月1日)直後の連休に釣行したかったが都合が付かず今回が今年初めての鷹巣釣行となった。いつもお世話になる鷹巣フィッシング町さんに当初昼便で2隻予約を入れたが前日に町さんから連絡があり朝便の方が釣れているとのことで船の空きを確認してもらい朝便に急遽変更しての釣行となった。
当日は会社関係の釣り仲間7人で4人・3人に分かれて乗船することにした。
メンバーは釣り友の望月氏、太田氏、太田ジュニア、大岩氏とビギナーの古池氏、白石の7人。
出船予定5時とのことで町に4時集合とのことであった。船宿には早めに到着し受付を済ませ港に向かった。
我々は山稜丸なので白浜港だ。
港に着くと天気は晴れで海はベタ凪、絶好の釣り日和。釣れれば言うこと無しといった感じだ。
早めの朝食を取り荷物を積んで準備をすると船長の合図ですぐ出航となった。
向かうポイントは白浜沖航程10分程だ。船長の話では最近は鷹巣沖よりも白浜沖の方が釣果が上がっているようだ。ヒラマサも回っているとのことで期待が持てる。ポイントに到着しアンカーが打たれ船が安定したところで早速釣り開始となった。水深は30m程だ。釣り座は私がミヨシ、望月氏と太田氏トモに入った。
パラパラとマキエをしてみるが静かに沈んでいく。潮が動いていないようだ。
いやな予感。完全フカセ釣りはフロロカーボンのミチイトの先にフカセ仕掛けを付けリールのスプールをフリーにして潮の流れに任せてサシエを流していく釣りなので潮が動かないと何ともならない。
魚が掛かったときの引きはダイレクトに伝わり手応えは最高だ。当然のことながら船からまくコマセと仕掛けのサシエが同調していないと釣果は上がらない。とりあえず緊張の面持ちで第一投を投入した。
ミチイトを手で20m程送り出すがなかなか出ていかない。30m程するとラインが出ていくようになった。80m程出したところでいったん仕掛けを回収すると反対側から仕掛けが上がってきた。2枚潮だ。
船長の判断でアンカーを打ち変えることになった。そして仕切り直して投入しラインを送り出していると40m程出たところでリールが警報を出してスプールが急回転した。合わせをいれて巻き上げると30㌢弱のマダイが掛かった。その後しばらくは皆沈黙状態が続いた。
仲間の釣果を聞こうと電話をいれると向こうは朝から既に型の良いマダイ数匹とヒラマサが上がったようだ。
そこですぐに同じポイントに移動することになった。
そして投入すると35m程出たところでいっきにクラッチが入って竿が大きく回った。ヒラマサのようだ。合わせ入れて巻き上げに入るが海面直前で痛恨のバラシ。
掛かりが浅くすっぽ抜けたようだ。そして再投入するとまたしてもヒラマサのアタリ。
しかし今度もバラシ。ハリス切れだ。全く残念。
しばらくして後方を見るとトモの望月氏が大きく竿を曲げている。
浮かび上がってきたのは50㌢オーバーの腹パンマダイだった。
それに続けとばかり今度は隣の太田君にヒット。太田ジュニアも協力して無事に良型マダイをゲットした。
負けてられないと釣り座に戻って気合いを入れて再投入。
すると40m程ラインが出たところでリールが警報音を発しクラッチが入った。
竿を起こすと竿先にマダイ特有のアタリ。
船長にタモ入れをお願いし慎重に巻き上げて無事タモに収まったのは40㌢弱の良型マダイ。
その後同じポイントで何度も流すが上がってくるのはコダイのみになった。
ふと近くの仲間の船の方から歓声が聞こえたので目を向けるとトモの古池氏が大きく竿を曲げている。
かなり大きいようだ。なかなか上がらない。すると「あっー」と落胆の声。タモ入れ失敗で海面でバレたようだ。ブリ級のワラサだったとのこと。逃がした魚は大きい?。
そうこうしているうちに時間も11時半を回り沖上がりとなった。
当日の私のタックルは竿はアルファタックル誘いマダイ301、リールはダイワシーボーグZ500FT、ラインはフロロカーボン6号を300m巻いている。仕掛けはハリス6号で12号の伊勢尼3本バリ。
今回は今年初めての鷹巣釣行で久々に完全フカセの引きを味わうことができた。当日の釣果は我々の船がマダイ55~35㌢9匹、仲間の別船がヒラマサ72㌢1本、マダイ78~35㌢13匹、その他グレ、マハタ、カサゴ多数。鷹巣沖解禁に続きこれから6月中旬には玄達瀬も解禁になり夏になれば大物の青物も期待できるので是非また爆釣を期待して釣行したい。
これから鷹栖沖の完全フカセに挑戦される方へのアドバイスとして竿は3m程度で50号くらいの負荷の竿なら何でも良い。
リールは中型の両軸でスプールの回転が軽いものが良い。
フロロカーボンの6号~8号を300m程度巻いて頂きたい。
PEラインはこの釣法には適さないので注意して欲しい。
空巻きで仕掛けの回収のことを考えると手巻きより電動が断然有利だ。夏場の日本海は比較的安定はしているが突然の天候の変化で沖止め(船が出港禁止になること。)になることも多いので覚悟が必要だが条件にめぐまれれば今回のように初心者でも大物ゲットが期待できるので是非挑戦して頂きたい。

APC 竹川徳雄


鷹巣フィッシング町
釣船 山稜丸・長久丸

福井県福井市蓑町17字105の1番地(鷹巣港入口角)

電話0776(86)1640

沖の瀬 中深海五目 クロムツゲット!

沖の瀬 中深海五目 クロムツゲット!
高級魚クロムツ2本げっと!
kuromutu.jpg
つり情報 7月1日号に 釣行記 記事掲載されています。
10-0701.jpg


6月1日(火)は会社の創立記念日で休みなので久々の平日釣行のチャンス。
外房のヒラメ解禁かアユの解禁に行こうか真剣に迷うところだが今年は以前よりチャレンジしたいと
思っていた深海釣りに挑戦することにした。
会社の釣り友の三浦君と何処に行こうか色々悩んだが三浦の海外港の伊三郎丸のホームページの釣果欄を
見るとキンメが鈴なっており即決定。
当日は東京の自宅を朝4時に出発し早めの5時過ぎには港についた。
港の乗船場の駐車場には伊三郎丸のお客さんと思しき車が一台、勿論この方は一番乗りの様子。
早速番号札を取ってしばし朝食を取りながら待機した。
しばらくすると船長が登場。早速受け付けを済ませ荷物を積み込んで準備にかかった。
釣り客は我々含め4名なので四隅に釣り座を構えることになった。
私は左舷ミヨシ。
当日のタックルはロッドはアルファタックル・ディープレンジ200号、
リールはミヤマエⅩ4プロにPE8号600m巻いてある。
仕掛けは釣り友三浦君自家製仕掛で胴付き5本針、ムツ19号ハリス8号×75cm、幹糸8号×1.5m。
なんせ深場は初めてなのでドキドキだ。やがて予定の6時半になり出船となった。
沖の瀬のポイントまでは1時間程だ。天気は快晴で海も穏やかだ。やがて大島らしい島が見えてきた。
エンジン音がスローになりポイントに着いたようだ。さすがにここまで来ると結構波はある。
しかし風はなく快晴だ。船長からエサのサバの切り身とイワシが配られた。
イワシの付け方はあごを下から上へのオーソドックスな口刺し。
船長の合図でミヨシから順に投入となった。
初めてなのでとにかく緊張する。
イカ釣りの投入のイメージでやれば良いといわれマグネットマットに餌を付けた針を並べオモリを遠くへ放ると
イカ釣りの時のように仕掛けが海面に気持ち良く吸込まれていった。
とりあえず第一投、投入成功。水深は320m、着底迄がやけに長い。
かなり潮が速いようだ。とっくに350mは出ているのに着底がわからない。
イトフケで400m以上でている。着底がわからず仕掛けが浮き上がっているようだ。
そうこうしているうちに船長から巻きあげの合図。
巻き上げ始めしばらくすると生体反応がある。何か掛かったらしい。
仕掛けを回収するまでかなりの時間がかかるので魚が付いているときは上がってくるまではドキドキだ。
しかし浮上してきたのはサバだった。こんなところにもサバがいるのか? 
どうやら巻き上げ途中で喰ったらしい。トモを見るとメダイが上がっている。
その後も潮が速すぎてオモリの着底がわからない流しが数回続いた。
今度は船長からかけ上がり260mの合図。
早速投入し竿先を注視していると290m程ラインが出たところで初めて着底が確認できた。
少し潮が緩んできたようだ。
船長のアナウンス通り底を1.5m程切ったところで少し誘いを入れてしばらく待つと
竿先にガクッガクッとアタリが出た。少し待って巻きあげを開始すると竿先より重量感が伝わってくる。
残り5m。期待が膨らむ海面に顔を出したのは高級魚クロムツだ。
クロムツのダブルにギンメが付いていた。
どうやら今まではラインがふけて底がとれていなかったようだ。
なんとなく感じがつかめてきたので船長の投入合図が待ち遠しい。
そして合図とともにすかさず投入。今度は260mかけ下がりとのこと。
すると今度はオモリ着底とともに激しいアタリがきた。
早速巻きあげにはいるが水深30mになってもかなり抵抗をみせている。
どうやらメダイのようだ。やはり浮上してきたのは60㌢程のメダイだった。
12時を回りその後はぱったりとアタリが止まってしまった。天気も良く眠くなってくる。
やがて14時を回り沖上がりとなった。
釣り友の三浦君も型の良いクロムツをゲットして満足そうだ。
今回初めて中深海釣りにチャレンジしたが今回は平日釣行でお客さんも少なかったので
良かったが混み合っていると初心者には厳しいなーと感じた。
ただ底でアタリがあってから上がってくるまで時間がかかるので何が掛かっているかという
ワクワク感は何ともいえないものがある。是非また平日休みが取れたらチャレンジしてみたい。
当日の私の釣果は38~36㌢のクロムツ2尾、60~50㌢のメダイ2尾、その他ギンメ、サバ等。

三浦 海外港
伊三郎丸
電話 046(882)1443  
料金 中深海乗り合い
一人 10000円(エサ・氷付き)
出船 6時半






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。