スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷹栖沖で完全フカセに挑戦 

鷹栖沖で完全フカセに挑戦                   
takasu101.jpg

takasu102.jpg

takasu103.jpg


7月3日(土曜)今年2度目の鷹巣釣行だ。
解禁開けに釣行しヒラマサのバラシが忘れられずリベンジ釣行となった。
前日に鷹栖フィッシング町さんに電話を入れると晴優丸さんが午後便なら空いていますとのことで早速予約をいれ釣行決定。
当日は余裕をもって名古屋を出発したので途中若干渋滞等もあったが予定1時間前の12時には現地に着いた。船宿で午前便の釣況を聞くと潮が2枚潮で非常に釣りづらいとのことで不安がよぎる。
せっかくのリベンジ釣行なのに・・・
爆釣を祈って準備し船に乗り込む。
午後1時に予定通り出航。海は波はないが空はあいにくの雨で南風だ。
鷹栖沖までの航程は約15分、ポイントに到着しアンカーがおろされ戦闘開始となった。
釣り座は右舷トモに大岩氏、左舷にミヨシから私、太田氏、古池氏と並んだ。
潮の流れはいまいちだが何とか4人で完全フカセができそうだ。
私のタックルは、竿はアルファタックル『誘いマダイ301』、リールはダイワ『シーボーグZ500FT』、
ラインはフロロカーボンの7号を300m巻いている。
仕掛けはハリス5号で12号の伊勢尼3本バリ。早々に準備して期待を胸に第1投を投入。
やはり船長の言うとおり上潮は後ろにいくが底潮は前に流れているようだ。
なかなかラインがでていかない。
午前中の状況からするとかなりエサ取りがいるのでラインは出しても60m位までとのこと。
言われたとおり60m出してアタリがないので一旦仕掛けを回収してみた。やはりエサが取られている。
今度はシモリウキを付けて再投入。ラインが70m程出たところでリールが警報を発した。
大きく合わせを入れてみるがラインがふけているのでよくわからない。
リールを高速で巻き上げてみるといっきに竿が絞り込まれた。
もう一度しっかり合わせを入れて中速で巻き上げると、ときおり強い引き込みを見せながら上がってきた。
上がったのは50㌢程の良型のハマチ。
気をよくしてすぐに再投入するも、その後はしばらくアタリが遠のいた。
そして船長の判断でポイント移動となった。今度は移動後すぐに胴の間の太田君にヒット。
かなりの引きだ。どうやら青物らしい。
なんとか手前まで引き寄せハリスを手繰り寄せたところで私がタモを持って構えるが残念ながらタモ入れ寸前にバラシ。
仕掛けを空巻きしようとするとハリスがまだ引っ張られていた。
しかしそれもあえなくバラシ。どうやらダブルで食っていたようだ。
そうこうしているうちに今度は大ドモの大岩氏にヒット。竿が弓なりになっている。
今度もダブルだ。無事に船長のタモに収まったのは70㌢弱の型の良いワラサだった。
しかし私には最初にハマチがヒットして以来数時間アタリが無い。
そこで今度はハリスの号数を4号に落として再投入してみた。
するとラインが100m程出たところで自動でクラッチが入り竿が大きく曲がった。
かなり大きい。
ハリスが細いのでドラグを少し緩め慎重に巻き上げ、ハリスを手繰って船長にタモ入れをお願いした。
上がったのは当日最長寸となった72㌢のワラサ。
その後しばらくして太田君、古池氏も無事ワラサをゲットした。
その後は雨も絶え間なく降り続きアタリも遠のいてきたので沖上がりとなった。
釣り始めてからずっと雨で天候には恵まれなかったが、なんとか全員がワラサをゲットし満足出来る釣行となった。
当日の釣果は船中でワラサ72㌢~61㌢5本、ハマチ51㌢~43㌢7本、マダイ35㌢、キジハタ33㌢。
今年の鷹巣沖には青物がかなり回って来ているとのことなので是非また挑戦したい。

APC 竹川徳雄


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。