スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海 マイカ爆釣

日本海マイカ爆釣                     
 
009.jpg
tachi004
013.jpg
sute.jpg

 日本海のマイカ(ケンサキ)が今年はどうやら当たり年らしく爆釣が続いているとのことで9月11日(土)福井県若狭大島の海生丸を訪れた。日本海でのイカ釣りは1年ぶりだ。
しかし昨年は仕立てで行ったがいまいち不調で全然だめだった記憶がある。
今年はスタートからずっと好調で期待が持てる。新聞情報では船中4桁にせまる勢いである。
マイカは特にイカの中でも高級ということでつい食指が伸びてしまう。当日は午後出船の半夜便だ。
昼12時30分集合、13時出船とのことで少し早めにと思ったが結局渋滞等で船宿に着いたのは12時30分だった。受付を済ませ、釣り座の抽選をして港の駐車場に向かった。
すでに船上ではタックルの準備をされている方も多い。我々は右舷胴の間に並んで釣り座を構えた。
釣り客は20名弱で満員御礼だ。予定通り13時に出航となった。
ここ2,3日天気は安定しており海上はべた凪だ。風がないのでかなり暑い。
大島沖のポイントまで約30分ほどだ。やがてエンジン音がスローになりポイントに到着。
まず明るいうちはサビキ仕掛けで五目狙いだ。
船長から開始の合図。棚は50m程。仕掛けが底に着底しコマセを振るとすぐさま竿先にブルブルッとアタリ。
少し竿先をあおって合わせ、電動で巻き上げると型の良いチダイがダブルで上がった。
その後もアジ、カイワリ等も交じって入れ食いになった。
釣り客の中には喰わせサビキで下バリに冷凍イワシを付け根魚を狙っている人もおり2kg級のアオハタも数匹上がっていた。
やがて夕方になり、船長から「土曜日でイカのポイントが混み合うので早めに向かいます。」とアナウンスがあった。
5時半に移動しイカのポイントまで20分程。かなり潮が速いようだ。
少し状況を見てパラシュートアンカーを降ろすことになった。
船が安定したところで船長から開始の合図。水深は55m、20m位まで誘って下さいとのこと。
仕掛けはヤマシタの2.5号のマイカ用5本スッテに80号のオモリをつけて投入した。久しぶりなので勝手がわからないまま、とりあえず投入し着底を確認し底を切って誘いを入れてみると、竿先に小刻みなアタリがでた。そのまま微速で巻き上げるとアタリが大きくなった。どうやら追い乗りしてきたようだ。
中速で巻き上げると20㌢程のマイカが3杯ついており幸先の良いスタートだ。
しばらくして照明が点けられると周囲まんべんなく乗り出したようだ。
しかし最初だけトリプルでヒットしたもののその後は単発が多い。
1匹ずつポツポツ上がるので飽きないが1時間経ってもオケの中はまだ10杯程だ。
その後午後8時をすぎた頃からアタリが活発になってきた。
この日はかなり活性が高いようで特別に誘いを入れることなく、船長の指示棚から微速で巻いていれば勝手に乗ってくるようになった。隣の釣り友の大岩君は、イカ釣りは初めてだが好調に釣果をのばしている。
竿を大きく曲げているのでふと目をやると、なんと40㌢を超えるパラソル級を上げていた。
その後、少し潮が速くなってきて隣とのオマツリも多くなってきた。
アタリがあって追い乗りをまっているとどうしてもオマツリする可能性が高くなるので船長から「あたったら出来るだけ早く上げてください。」とアナウンスがあった。その後はオマツリも無くなったが単発で上げるので忙しい。
久々のイカ釣りだが結構忙しい釣りだなと痛感した。釣れないこともあることを思えば贅沢な悩みだ。
そして今度は少し大きめの3号のスッテに変えてみることにした。すると見事ヒット。
仕掛け着底後すぐギューンと竿がしなった。少し合わせを入れると間違いなく乗った感じだ。
慎重に巻き上げ水面で仕掛けをたぐると4本目のスッテに40㎝超えのマイカが乗っていた。
思わず「ヤッター」と叫んでしまった。
しばらくして船長から沖上がりのアナウンス。
時計を見ると午後10時だ。結局、最後まで途切れることなくマイカは上がり続け終了までには50杯を超えた。今年の日本海はマイカの当たり年。
まだまだ釣れ続きそうなので是非また挑戦したい。是非また挑戦したい。
海生丸
13:00~22:00
料金 10000円
五目用エサ・氷1000円
福井県大飯郡おおい町大島110-16 
TEL.0770-77-0419
スポンサーサイト

ヒラメ絶好釣

外川沖ヒラメ絶好調

100903HIRAME.jpg


外川沖のヒラメが絶好調とのことで9月4日(土)、
いつもお世話になる銚子外川港の源正丸からヒラメ狙いで釣行した。
源正丸の宮内船長は少々口は悪いが外川の釣り船の中でも釣らせる船長として有名だ。
釣行日は、近くに前泊したが寝過ぎて起きたのは出船15分前の朝4時半。
急いで港に向かいなんとか4時45分の出船に滑り込みセーフ。
当日の釣り客は我々3人含め13名だ。かなり満席に近い。我々はトモ側に釣り座を構えた。
予報では波1.5mとのことだったが意外と穏やか。
外川沖のポイントまでは1時間程、乗船までバタバタだったので朝飯のおにぎりをほおばりながら、
タックルの準備にかかった。
やがてエンジン音がスローになり船長から「準備して~」の声。
ポイントに到着すると早速船長から開始の合図が出た。
最近は好釣果の日も多く、昨日もトップ7枚とのことで期待が持てる。
早速第一投を投入。エサのイワシを付け仕掛けを降ろして、竿を少ししゃくって誘いを入れると、すぐにイワシが暴れている感覚が竿先から伝わってきた。
緊張の面持ちでしばらく待つと竿先を小刻みに叩くようなアタリが出たのでゆっくり聞き上げる竿先が大きく絞り込まれた。もう一度大きく合わせをいれると、しっかりハリ掛かりしたようでゆっくり巻き上げにかかった。
「船長来たよー」と声を掛け、無事船長のタモに収まったのは2kg弱の良型ヒラメだった。
朝一番の第一投で本命を確保し、先ずは一安心。するとすぐにミヨシの方からも「船長来たよー」の声。
一流し目で船中6枚程上がったようだ。
その後の流しでは何度も投入するが、どうもアタリが取りづらい。
あたったかなと思い、しばらく待ち引き込みがないので、
仕掛けをチェックするとイワシが取られていることが何度もあった。
船中でも結構バラシが多いのか、船長から「夏のヒラメは冬と違って待ってたらだめだよ。
早合わせするくらいでちょうどいいよ。」とアドバイスがあった。
イワシが何度も取られるのはそのせいかと思い、
船長のアドバイス通りアタリがあったらすぐに合わせるよう心がけたら連続で2枚ゲットできた。
2枚目は意外とすんなり上がってきたが2kgを超える良型だった。
8時を過ぎたところで3枚ゲットした。
釣り友の状況を聞くと右舷トモの木之下氏はまだアタリが無いようだ。
横の村田氏は寝不足なのか船酔いでダウン。
右舷胴の間で大きく竿が絞り込まれているので見ると上がってきたのは大きなウツボだった。
船長の合図でポイント移動となった。15分程走ったところで船長から「やって」の合図。
なんとかもう1枚をと気合いを入れるがなかなかアタリが来ない。
9時を回った頃、イワシが暴れている感触が竿先から微妙に伝わってきた。
食い込むのを慎重に待つと今度はいきなり竿が海面に突っ込んだ。
大きく合わせを入れハリ掛かりを確信し慎重に巻き上げると2.5kgオーバーの良型ヒラメ。
ちょうどまた時合いがきたのか船中アチコチで活発なアタリが出だしバタバタと上がりだした。
なんと木之下氏は後半追い上げを見せ、型は小さいながらも3枚をゲット。
その後はしばらくアタリが遠のいた。誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるがヒットしない。
今日は船酔い者1名を除き船中全員が本命をゲットしたようだ。私も4枚ゲットし大満足だ。
やがて11時半になり沖上がりとなった。
当日の我々の釣果はヒラメ2.6kg~1.0kgを4~3枚だった。
今度は更なる大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

大田区 竹川徳雄





Pocket Medicine: The Massachusetts General Hospital Handbook of Internal Medicine (Pocket Medicine Series)

新品価格
¥4,861から
(2010/9/7 22:39時点)





釣具専門店エサイチエイトの公式通販サイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。