スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若狭大島沖で完全フカセに挑戦

若狭大島沖で完全フカセに挑戦


nakatani03.jpg
nakatani02.jpg
                   
nakatani01.jpg

7月16日(土曜)完全フカセのマダイ狙いで若狭大島の中谷渡船を訪れた。
当日のメンバーは会社関係の釣り仲間三浦氏、太田氏、大岩氏と私の4人。
出船予定6時とのことで名古屋を早めに出たつもりだったが結局ギリギリ。仕立船でよかった。
おおいの港に着くと天気は快晴で海はベタ凪、絶好の釣り日和だが日中はかなり暑くなりそうだ。
釣れれば言うこと無し。早めの朝食を取り荷物を積んで準備をすると船長の合図ですぐ出航となった。
向かうポイントは大島沖で航程20分程だ。
船長の話では、最近では80㎝オーバーも出て結構数上がっているとのことで期待が持てる。
ポイントに到着するとアンカーが打たれ船が安定したところで早速釣り開始となった。
水深は45m程だ。釣り座は私と太田君がトモ、三浦君と大岩君がミヨシに入った。
パラパラとマキエをしてみるが流れず静かに沈んでいく。潮があまり動いていないようだ。
いやな予感。
完全フカセ釣りはフロロカーボンのミチイトの先にフカセ仕掛けを付けリールのスプールを
フリーにして潮の流れに任せてサシエを流していく釣りなので潮が動かないと何ともならない。
しかし魚が掛かったときの引きはダイレクトに伝わり手応えは最高だ。
当然のことながら船からまくコマセと仕掛けのサシエが同調していないと釣果は上がらない。
とりあえず緊張の面持ちで第一投を投入した。ミチイトを手で20m程送り出すがなかなか出ていかない。
30m程するとやっとラインが出ていくようになった。
70m程出したところでいったん仕掛けを回収すると反対側から仕掛けが上がってきた。2枚潮だ。
船長の判断でアンカーを打ち変えることになった。
そして仕切り直して投入しラインを送り出していると40m程出たところでリールが警報を出して
クラッチが入った。早速合わせをいれて巻き上げると40㌢弱の良形のイサキが掛かった。
その後しばらくはイサキと小鯛の連発になった。そして今度は、太田君の竿が大きく曲がった。
どうもマダイの引きではないな・・と思っていると上がったのは良形のアコウ。
嬉しい外道にニンマリだ。今度は、大岩君の竿が曲がった。かなり大物かと思ったら
なんとハマチとマダイのダブルだった。そしてだんだん日が高くなりジリジリと暑くなってきた。
予想通り暑さとの戦いになりアタリは遠のいてきてみんなお疲れモードになってきた。
12時を回りポイント移動となり仕切り直して再投入。
しばらくすると横の太田君の竿が大きく曲がった。
巻き上げ途中何度も竿先を叩いて抵抗している。どうやらマダイらしい。
浮かび上がってきたのは62㎝(後計量)の腹パンマダイだった。
それに続けとばかり、今度は三浦君にヒット。私も負けてられないと気合いを入れて再投入。
すると40m程ラインが出たところでリールが警報音を発しクラッチが入った。
竿を起こすと竿先にマダイ特有のアタリ。
船長にタモ入れをお願いし慎重に巻き上げて無事タモに収まったのは40㌢弱の良型マダイ。
その後同じポイントで何度も流すが上がってくるのはイサキと小鯛のみになった。
ふとミヨシに目を向けると大岩君が大きく竿を曲げている。かなり大きいようだ。
なかなか上がらない。すると「あっー」と落胆の声。タモ入れ寸前でバレたようだ。逃がした魚は大きい?。
そうこうしているうちに時間も午後7時半を回り沖上がりとなった。
当日の私のタックルは竿はアルファタックル誘いマダイ301、
リールはダイワシーボーグZ500FT、ラインはフロロカーボン6号を300m巻いている。
仕掛けはハリス6号で12号の伊勢尼3本バリ。
今回は、初めての若狭大島沖で完全フカセの引きを味わうことができた。
当日の釣果は4人でマダイ62~35㌢40匹程、アコウ38~25㎝3匹、ハマチ50㎝1匹、イサキ多数。
これからは青物も期待できるので是非また爆釣を期待して釣行したい。

APC 竹川徳雄

福井県大飯郡おおい町大島121~19

中谷渡船
Tel
090-3294-4134




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。