スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外川沖 ヒラメ絶好調!!

外川沖ヒラメ絶好調



s-IMG_4178.jpg

s-IMG_4180.jpg

s-IMG_4183.jpg

karei
s-IMG_4201.jpg
s-IMG_4206.jpg

8月になり外川沖のヒラメが絶好調とのことで8月27日(土)、いつもお世話になる
銚子外川の源正丸からヒラメ狙いで釣行した。前日の予報は雨。
朝4時過ぎ外川港に着くと一瞬バケツをひっくりかえしたような雨が降ってきた。
少し待って小降りになったので船に乗り込んだ。当日の釣り客は我々6名のみ、
どうやら台風が近づいており予報もあまりよくないのでドタキャンがあったようだ。
釣り座はミヨシとトモに分かれゆったりだ。私は右舷ミヨシに釣り座を構えた。
5時になり一斉に出航となった。沖に出ると少しうねりはあるがなんとか今日一日はもちそうな感じだ。
外川沖のポイントまでは40分程、波で船が跳ねるのでミヨシにいるとかなりつらい。
ポイントに到着すると早速船長から開斜体文始の合図が出た。
最近は好釣果の日も多く昨日もトップ7枚とのことで期待が持てる。
タックルの準備をしてみんな一斉に仕掛を降ろすがなかなかアタリが来ない。
そうこうしているうちにやっと左舷ミヨシの片岡氏にヒット。
合わせを入れ巻き上げると1kg弱だが本命ヒラメだ。
しかしその後数回流すものの後が続かない。
さすがに船長もしびれをきらし『少し走るよ!』と移動の合図。15分程走った後再投入。
すると今度はすぐに右舷トモの三浦君にアタリ。
本人は根掛かりのような顔をしていたが生体反応有り、ゆっくり巻き上げ船長のタモに収まったのは
2kg弱の良型ヒラメだ。それを皮切りに朝の時合いが来たのかバタバタと上がりだした。
朝7時前には、私以外の仲間は全員本命ゲット。私だけ取り残されてしまった。だんだんアセリが来る。
ふと隣に目をやると蔵野君が大きく竿を曲げている。かなりの大物のようだ。
船長から『あせるな!』と檄が飛ぶ。しかしながら浮いてきたのは1mを超える大きなサメ。
思わずがっかり。そうこうしているうちにやっと私の竿先にモゾモゾッとアタリがきた。
少しラインを送り出して慎重に待つと20秒ほどして竿先にガクガクッと大きなあたりがきた。
ゆっくり合わせを入れるとしっかりハリ掛かりしたようだ。
慎重にやりとりし船長のタモに収まったのは1.5Kg程の本命ヒラメだった。
なんとか遅ればせながらみんなの仲間入りをさせてもらった。
しかし左舷ミヨシの片岡氏は順調に釣果をのばし8時過ぎには既に4枚ゲットしている。
みんなの状況を聞くとほとんどが2枚以上ゲットしたとのこと。また一歩出遅れてしまった。
悔しいー。なんとかもう1枚をと気合いを入れるがなかなかアタリが来ない。
そこで置き竿にして釣りあげたヒラメを締めていると、私の竿先が微妙に揺れている。
すぐ釣り座に戻り竿を手にすると既に食い込んでいる感触だ。
大きく合わせを入れ針掛かりを確信して慎重に巻き上げるものの途中何度もドラグが出る。
かなりの大物だ。心の中で『サメでありませんように!』と念じながら巻き上げた。
上がったのはなんと後計量4.1kgの大型ヒラメ。その後もまたバタバタと上がりだした。
なんと左舷ミヨシの片岡氏は大ヒラメこそいないが5枚目をゲットしている。
今がチャンスと気合いを入れ再投入するが続かない。
その後は、しばらくアタリが遠のき上がってくるものもマトウダイ、クロソイやホウボウ等外道が
多くなってきた。誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるがヒットしない。
しかし今日は全員揃って本命ゲットで大満足だ。やがて11時半になり沖上がりとなった。
当日の我々の釣果はヒラメ4.1kg~0.7kgを5~1枚
その他ワラサ、ホウボウ、マトウダイ、クロソイ等外道も多数釣れた。
今度は更なる大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

竹川徳雄




スポンサーサイト

鷹巣沖、マダイ(フカセ)+マイカのリレーで楽しみ2倍 

鷹巣沖、マダイ(フカセ)+マイカのリレーで楽しみ2倍 

釣り仲間安藤君 自己記録更新です。
taka102.jpg

安藤氏ヒットの動画映像ご覧ください。
default.jpg


当日の私の釣果
taka101.jpg
                 

鷹巣沖で良型のマイカが釣れだしたとのことで早速、会社の釣り仲間と連絡をとり釣行決定。
みんな欲張りだから「せっかく鷹巣まで行くのなら完全フカセもやろうよ。」と仲間の一言で半夜便に決定。
早速鷹巣フィッシング町に電話を入れたが14日~16日のお盆は休みとのことで13日の夕方4時からの
半夜便で予約。渋滞を予測し朝8時に名古屋を出発。高速は意外と空いており昼には現地に到着した。
船宿から当日乗船予定の山稜丸の船長に電話してもらい1時間早く出て頂けることになった。
白浜港について昼食を取っていると船長が到着したので早速荷物を積んで出船となった。
天気は快晴、海上は凪ぎで最高の天気だが暑さがたまらない。
白浜沖のポイントまでの航程は約15分、ポイントに到着しアンカーがおろされると船長の合図で釣り開始と
なった。釣り座はトモ側に太田氏と安藤氏、私は左舷ミヨシに構えた。
パラパラとマキエをすると後方によく流れていく。良い潮のようだ。
早速仕掛けを準備し期待を胸に第一投を投入した。
当日の私のフカセタックルは竿はアルファタックル『誘いマダイ301』、
リールはダイワ『シーボーグZ500FT』、ラインはフロロカーボンの6号を300m巻いている。
仕掛けはミキイト6号、ハリス5号で12号の伊勢尼12号3本バリ。
先ずはサルカン1個でやってみることにした。かなり潮が速いようだ。
あっという間に100mほど出てしまう感じである。すると80m程ラインが出たところでアタリ、
軽く合わせるとラインが張った。生体反応あり。大きな引きはないが魚であることは間違いない。
上がったのは良型のイサキだ。すぐに2投目を投入。今度は90mでアタリ。しかしまたしてもイサキだ。
トモで安藤氏の竿先が大きく弧を描いている。結構型が良いようだ。
上がったのは50㌢オーバーの良型マダイ。
今度は150mほど出してみてもアタリがないので仕掛けを回収するとエサが取られている。
そこで今度は少し大きめのシモリウキを付けて付けて再投入した。
すると150m程ラインが出たところでリールが警報音を発しクラッチが入った。
竿を大きくあおって合わせを入れるとかなりの手応えだ。
慎重に中速で巻き上げると水面に赤い魚体が見えてきた。上がったのは65㌢、当日最長寸のマダイだった。
いよいよ6時を回りゴールデンタイムに突入。流せば何かしら必ずヒット。
しかし8時を過ぎ残惜しいが本命のマイカを狙うために完全フカセは終了しマイカのポイントへ
移動することになった。航程は15分程。集魚灯が灯され船上がいっきに明るくなった。
いよいよ本命のマイカ釣りだ。タックルは竿はシマノ海攻マダイ3.0、リールはシマノ電動丸600H。
今回の仕掛けは浮スッテ2.5号の5本針。オモリは、60号。
水深は約45m。底を取って電動リールを極低速で巻き上げる。
そうこうしているうちにすぐに本命のアタリ。
巻き上げ速度を速めて引き上げ、電動がストップしたところですかさず抜き揚げ成功!
30㌢級のまずまずの型だ。
船長から「棚は底だから仕掛けが着底したらゆっくり誘いをいれて」とアドバイスがあった。
言われたとおり底付近で何回か誘いを入れるといきなり竿先をグイグイッと引っ張るようなあたりだ。
ゆっくり竿をあおるとどうやら乗ったらしい。
中速で巻き上げて無事ゲット。40㌢級の良型だ。しかしその後はぱったりとアタリが遠のいた。
当日の夜は、イカ釣りには残念な天気で、雲一つない快晴で月の光が眩しいほどだった。
あっという間に1時間が経ちそれでもなんとかがんばって底付近で一生懸命誘いを入れると
単発だがポツリポツリとは乗ってきた。しかしスッテの位置を替えたり、
種類を替えたりしてみるが大きな改善は見られず30分延長していただいて
10時半に沖上がりとなった当日の3人の釣果は、マダイ65㌢~35㌢10匹、ハマチ50㌢1匹、
イサキ38㌢~30㌢12匹、その他アジ、ウマズラハギ等、マイカは、40㌢~25㌢27杯
船長の話では、昨日は、満月だったが曇っていたので良かったようだ。
残念。これも運と思い是非また爆釣を期待して再挑戦したい。しかし帰って食べたマイカの刺身は
柔らかくて甘みがあり絶品だった。
日によって釣果にムラはあるが食味は超一級なので是非皆さんも挑戦して頂きたい。

問い合わせ
鷹巣フィッシング町
0776―86―1640

竹川徳雄

銚子 外川沖 ジャンボヒラメゲット!

銚子 外川沖 ジャンボヒラメゲット!

8月27日 源正丸にて

karei

006.jpg

蔵野君
 マトウダイを釣り上げ 五目ゲット さめ、ヒラメ、ワラサ、ホウボウ、まとう
kurano matou

続きを読む »

城ヶ島沖 アジ釣り大会

城ヶ島沖アジ釣り大会


KOTUBO01.jpg
KOTUBO02.jpg
KOTUBO03.jpg
KOTUBO04.jpg

3月の震災の自粛モード以来、今年初めての会社の釣り大会だ。
8月7日(日)、総勢22名で小坪港の洋征丸を訪れた。今日のターゲットは釣ってよし、食べてよしのアジ。
ちょうど脂がのって美味しい頃だ。
当日は6時集合で7時出船の予定だったので少し早めに出て現地に5時半に着いたがもうすでに
大勢集まって港はにぎやかだ。みんな準備に忙しい。私は左舷トモに釣り座を構えることにした。
みんな揃ったので7時前に出船となった。
船長の話では、昨日までのウネリは治まってだんだん凪いでくるとのことで良かった。
今回は初めて参加の方も多かったので天気を心配したが先ずは一安心だ。
ポイントの城ヶ島沖までは約40分ほどだ。しかしながらやはり沖に出ると少しウネリがある。
しばらく走りやがてエンジン音がスローになりポイントに着いた。早速、船長から開始の合図が出た。
『水深は108m、底から5mくらいでやってみてください。』とのこと。
早速三本針に船宿支給の赤タンを付け130号のプラビシにイワシミンチを詰めて投入。
着底後すぐに2m程巻き上げ1mごとにコマセを振って指示棚で待つとすぐに竿先にククッと小刻みなアタリ。
少し待って中速で巻き上げると海面には良形のアジの姿が見えた。最初なので慎重にタモですくった。
朝からいきなり高活性なのか周囲のみんなも竿を曲げだした。
胴の間の方を見ると船釣り初めての仲間が35㌢程の大アジを上げていた。
いきなり入れ食いタイムに入ったようだ。しかしすぐに恐れていたことが・・・・。
初心者が多いので胴の間では何人も巻き込んでオマツリが連発となった。
二人の仲乗りのお兄さんも仕掛けを外すのに大忙しだ。
その後は、サバの猛攻を受けオマツリ騒ぎはさらにヒートアップ。
さすがに船長もこらえきれずポイント移動。
移動後もコマセが効いてくると2連、3連で上がるようになった。
私は20匹を超えたところで仕掛けを船宿特製の太仕掛けにチェンジして一発大物を狙うことにした。
釣れたサバをさばいて短冊にして流すもなかなかアタリは遠い感じだ。
しばらくすると竿先に微妙なアタリを感じたので巻き上げるとナメタガレイがヒット。
ミヨシを見ると仲間が良形のカサゴを上げていた。
そして12時を回りさらにポイント移動していよいよラストチャンス。
気合いを入れて投入し、しばらくするとまたあちこちで良型のアジが取り込まれ、船上は再びにぎやかになった。初心者もだいぶ慣れてきたのか少々のバラシも構わず大アジを抜き上げている。
そうこうしているうちにやがて14時を回り船長より沖上がりのコール。
今回は、初めてで貸し竿の方もみんな10匹以上は釣ることができて大満足の一日となった。
なんと当日の最長寸は初心者の38㌢。
船中の釣果は25~38㌢のアジが13~40尾で他に良型カサゴ、カレイ、サバはじめ外道多数。
下船後はボランティアで漁港周りのゴミ拾いを行い楽しい一日を過ごすことができた。

小坪港
洋征丸
電話0467―23―9517
料金 9000円
(エサ、氷付き)貸しビシ無料


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。