FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦島グリでジャンボメダイゲット

浦島グリでジャンボメダイゲット

nao01.jpg
nao05.jpg


morikawa01.jpg
morikawa02.jpg
morikawa03.jpg

nao08.jpg


10月29日、日本海のファイター「ジャンボメダイ」と格闘すべく小浜西津港の直幸丸さんを訪れた。
メダイは日本海では秋から冬にかけて数多く釣れ脂が乗ってとてもおいしい。
釣り師にはそれ以上に掛かってから水面まで抵抗する強引な引きがたまらない。
昨年に続き日本海は依然としてマイカフィーバーだが10月になり
浦島沖でジャンボメダイが食いだしたとのことで早速予約を入れ釣行決定した。
天気が心配されたが当日は低気圧も去り快晴ナギでポカポカの釣り日和になった。
会社の釣り仲間7人で午前5時前に西津港に着いた。
釣り座は抽選で我々は右舷トモから左舷胴の間に決まった
。私は右舷トモ、受付を済ませ荷物を積み込むと船長の合図で予定通り午前6時に出航となった。
狙うポイントは浦島グリ。航程は2時間程。ナギで潮風がここちよい。
デッキで横になって仮眠を取っているとやがてエンジンがスローになりポイントに到着。
周囲を見ると既に若狭大島の釣り船が2隻来ていた。ポイントはかなり狭いようだ。
早速アンカーが打たれ船長の合図で開始となった。水深は107m。
オモリ150号で水深80mから95mくらいを誘ってみてくださいとのこと。
さっそく準備して第一投。緊張がよぎる。
付けエサは以前にオキアミだけで釣行しエサ取りの猛攻にあい苦い思いをしたことがあるので
今回はエサ取り対策としてイカタンとサンマの切り身を持参した。
テンビンふかせのハリス3m2本針の仕掛けに先ずはオキアミとサンマをつけて投入した。
底取りをしてコマセを振って5m程巻き上げて竿受けに掛けようとしたとたんいきなりアタリ、
すかさず合わせをいれると竿が根元から曲がるような引き込みだ。ドラグを少し緩め巻き上げにかかった。
途中何度も激しい引き込みをみせながら海面まで上がってきた。
安藤氏にタモ入れお願いするが暴れて中々タモに収まらない。
やっとのこと上がったのは75㌢のまずまずのメダイ。第一投でいきなり本命ゲットで幸先がよい。
周りを見るとあちこちで竿が曲がりだした。
どうやらコマセがきいてメダイの群れが船下に集まってきたようだ。船長もタモを持って大忙しだ。
どうやらスタートから怒濤の入れ食いタイムに入ったようだ。
しかしながら底で掛かったメダイが暴れオマツリも連発している。
オマツリしないように早めに巻き上げなければならないが巻き上げる途中でバレることも何度もあった。
メダイは口元が柔らかいので大きな合わせやあまり強引な巻き上げは禁物のようだ。
掛かりが浅いと身切れしてバレることが多くなる。1時間程で少しアタリが遠のいた。
船中ポツリポツリとしか上がらなくなった。
オキアミのエサに食っていたので二本針共付けエサをオキアミにして投入。
タナ取りをして置き竿にした後しばらくして手持ちで何度か誘って竿先を上げたとたん
竿ごと持っていかれる勢いで竿先が海面に突っ込んだ。合わせをいれながらなんとか
竿を起こして巻き上げに入るがリールが悲鳴を上げてなかなか巻き上げられない。
一進一退で格闘しながら巻き上げるものの残り20m程で竿先が跳ね上がった。痛恨のバラシ。
逃がした魚は大きいとはまさにこのこと。仕掛けをチェックすると下バリのハリス切れ。
すかさずハリスを10号にサイズアップ。ふと隣に目をやると森川氏の竿が海面に突っ込んでいる。
なんとか竿を起こし巻き上げるもののリールが悲鳴をあげ、まだまだラインが出ているようだ。
かなりの大物の予感。船長がタモを持って構えるがなかなか上がってこない。
やっとのことで残り10m、水面下に魚体が見えてきた。デカイ。
水面に来ても激しい引き込みを見せている。
そしてなんと上がったのは101㎝、12.5kg(後計量)の正真正銘のジャンボメダイ。
さあ私も気合いをいれて再投入するもまたしても巻き上げ途中でバラシ、
しかしながらもう一本のハリにアマダイが掛かっていて思わずニンマリ。
左舷側が騒がしいのでのぞき込むとなんと船釣り初めての高橋氏がジャンボメダイと格闘していた。
聞くと既にジャンボメダイ3本目とのことでまたまたビックリ。午後になりしばらくアタリが遠のいた。
やがて午後3時半を回り船長より沖上がりの合図。
当日の我々の釣果はメダイ101㌢~70㌢を4匹~0匹、その他アマダイ、ワラサ、オキメバル等外道多数。
これから冬に向け数釣りも期待できるので是非また挑戦してみたい。


スポンサーサイト

若狭大島沖マダイ(フカセ)+マイカリレー                  

若狭大島沖
マダイ(フカセ)+マイカリレー                  

nakatani01.jpg
nakatani02.jpg

昨年に続き今年も日本海でマイカ(ケンサキイカ)が好調とのことで若狭大島の中谷渡船を訪れた。
現地に13時に到着し港で昼食を取りながら待っていると船長が到着した。
早速荷物を積み込んで出船となった。天気は快晴、海上凪ぎで最高の天気。
マダイのポイントまでの航程は約30分程、ポイントに到着しアンカーがおろされると船長の合図で
釣り開始となった。釣り座はトモ側のフカセ組2人とミヨシのテンビン組3人に分かれた。
私の釣り座は左舷トモ。パラパラとマキエをすると後方によく流れていく。良い潮のようだ。
早速仕掛けを準備し期待を胸に第一投を投入した。
当日の私のフカセタックルは竿はアルファタックル『誘いマダイ301』、
リールはダイワ『シーボーグ500ZFT』、ラインはフロロカーボンの6号を300m巻いている
。仕掛けはミキイト6号、ハリス5号で12号の伊勢尼12号3本バリ。
先ずはサルカン1個を付けてやってみることにした。かなり潮が速いようだ
。あっという間に100mほど出てしまう感じである。すると80m程ラインが出たところでアタリ、
軽く合わせるとラインが張った。生体反応あり。大きな引きはないが魚であることは間違いない。
上がったのは25㌢程のチダイだ。すぐに2投目を投入。今度は90mでアタリ。
しかしまたしてもチダイだ。すると隣の釣り友安藤君が大きく竿を曲げた。結構型が良いようだ。
上がってきたのは50㌢オーバーの良型マダイ。今度は150mほど出してみたがアタリがない。
仕掛けを回収するとエサが取られている。そこで今度は少し大きめのシモリウキを付けて再投入した。
すると150m程ラインが出たところでリールが警報音を発しクラッチが入った。
竿を大きくあおって合わせを入れるとかなりの手応えだ。
慎重に中速で巻き上げると水面に赤い魚体が見えてきた。
上がったのは62㌢、当日最長寸のマダイだった。
やがて夕方になり、船長から「土曜日でイカのポイントが混み合うので早めに向かいます。」とのことで
17時に移動となった。マイカのポイントまで30分程。エンジンがスローになり到着、
しかしかなり潮が速いようだ。少し状況を見てパラシュートアンカーを降ろすことになった。
船が安定したところで集魚灯が灯されると船上がいっきに明るくなった。いよいよ本命のマイカ釣りの雰囲気。
早速船長から開始の合図。
水深は50mから20m位まで誘って下さいとのこと。
仕掛けはヤマシタの2.5号のマイカ用5本スッテに60号のオモリをつけて投入した。
久しぶりなので勝手がわからないまま、とりあえず投入し指示棚まで降ろし誘いを入れてみると、
すぐに竿先に小刻みなアタリがでた。そのまま微速で巻き上げるとアタリが大きくなった。
どうやら追い乗りしてきたようだ。中速で巻き上げると20㌢程のマイカが3杯ついており幸先の良いスタートだ。しかし最初だけトリプルでヒットしたもののその後は単発が多い。
1匹ずつポツポツ上がるので飽きないが1時間経ってもオケの中はまだ10杯程だ。
その後午後8時をすぎた頃からアタリが活発になってきた。特にに誘いを入れることなく、
船長の指示棚から微速で巻いていれば勝手に乗ってくるようになった
。隣の安藤君は、イカ釣りは初めてだが好調に釣果をのばしている。
竿を大きく曲げているのでふと目をやると、なんと40㌢を超えるパラソル級を上げていた。
その後、更に潮が速くなってきて隣とのオマツリも多くなってきた。
アタリがあって追い乗りをまっているとどうしてもオマツリする可能性が高くなるので船長から
「あたったら出来るだけ早く上げてください。」と指示があった。
その後はオマツリも無くなったが単発で上げるので忙しい。
久々のイカ釣りだが結構忙しい釣りだなと痛感した。
隣で大型が上がったので今度は少し大きめの3号のスッテに変えてみることにした。
すると見事ヒット。仕掛け降ろしている途中いきなりギューンと竿がしなった。
少し合わせを入れると間違いなく乗った感じだ。
慎重に巻き上げ水面で仕掛けをたぐると4本目のスッテに40㎝弱のマイカが乗っていた。
思わず「ヤッター」と叫んでしまった。しかし22時を過ぎたころから一気にアタリが遠のいた
。土曜日で釣船が多いのか、月明かりのせいかわからないが。
しばらくして船長から沖上がりのアナウンス。
時計を見ると23時を過ぎていた。
当日の私の釣果はマダイ62㌢1匹、チダイ25㌢~28㌢5匹、その他ウマズラハギ、マイカは、
40㌢~20㌢29杯
まだまだ釣れ続きそうなので是非また挑戦したい。

中谷渡船
14:00~24:00
料金 仕立て6人・60000円
10000円/人
エサ別・氷付き
県大飯郡おおい町大島121-19


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。