FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明釣会・竹岡沖カワハギ釣り大会

明釣会・竹岡沖カワハギ釣り大会

KAWA03.jpg
KAWA02.jpg
KAWA01.jpg

今年最後の会社の釣り大会、釣りものは何にしようか迷った中、賛成多数で今が旬の美味しいカワハギに決定。
この時期は肝が膨れて最高に美味しくなる。キモ和えで刺身を食べたら絶品だ。
12月17日(土)横須賀大津港の小川丸さんに総勢13名でお邪魔することになった。
カワハギはえさ取り名人と言われるだけあって難しいがゲーム性が高く挑戦しがいがある。
当日は7時集合で7時40分出船だ。
現地に着くと7時過ぎにはすでに大勢集まり皆釣り座を確保して準備している。
私は、寒いので日が当たりそうな右舷トモに釣り座を構えた。
全員揃ったので定刻より少し早いが出船となった。
昨日までの強い風も治まって波もだんだん凪いでくるとのことで安心だ。
この時期、天気を心配したが先ずは一安心。ポイントの竹岡沖までは約30分程。
しかしながらやはり沖に出ると少し波がある。
やがてポイントに着くと数隻のカワハギ船が既に釣り始めている。
船長から開始の合図が出た。水深は35m程。
早速配られたアサリのむき身を付けて第一投を投入。
着底後糸ふけを取って誘いを入れるが、反応がないのか全くアタリが感じられない。
しかし仕掛けをあげてみると見事にエサを取られている。
そんな中すぐに後ろの竹田さんからカワハギゲット!の声。気合いを入れて再投入。
すると今度はすぐにコツコツと小気味よいアタリ。巻き上げると上がったのは丸々太ったトラギスだった。
開始30分、あちこちで本命が上がりだした。そして今度は私にヒット。
オモリが着底するとともにいきなりグイッーと引き込まれ竿を大きく曲げて上がったのは、後計量27㌢、
当日最長寸のカワハギだった。なんと今日は幸先の良いスタートだ。
しかしさすがエサ取り名人と言われるだけあってそう簡単には釣らせてくれない。
アタリはかなりあるのだがなかなか誘いに乗ってこない。
来たーっと思うとベラだったりトラギスだったり外道のオンパレード。
そこで今度はタタキをいれないで着底後たるませてゆっくり誘いあげてみることにした。
するとトラギスとは異なる強いアタリ。期待を胸に巻き上げ本命ゲット。
周りを見ると結構竿が曲がっている。どうやら時合いが来たようだ。
私もすぐに同じパターンで数匹追加した。
これでコツをつかんだつもりだったが、その後ぱったりアタリが遠のいた。
そして今度は竿が大きく曲がったと思ったらどうやら根掛かりらしく仕掛けをすべて持っていかれた。
場所によっては結構根があるようだ。
昼12時を回ったところで私は12匹、周りの状況を見てみると既に10匹越えが数人いた。
さて私も後半頑張って数をのばそうとタタキ、タルマセいろいろ試みるが相変わらず外道に悩まされた。
しかし仕掛けを上げると下針にトラギスがついて上針はエサが付いたままだったので今度は、トラギスのアタリが出てもすぐに合わせず更に仕掛けをたるませてみた。
するとしばらくして本命らしいあたり。上げてみるとカワハギとトラギスの一荷だった。
その後は、このトラギスが掛かっても無視する釣法で数を伸ばすことに成功。
そうこうしているうちに残念ながら残念ながら沖上がり時間となった。
私の釣果は、15~27㌢のカワハギ19匹、外道多数。他の釣り仲間の釣果は15~26㌢のカワハギが4~30尾で他に良型カサゴはじめ外道多数。
この時期にしては、寒くなく釣り日和に恵まれ楽しい一日を過ごすことができた。
是非また挑戦したい。

大津港 小川丸TEL046-843-0053
神奈川県横須賀市
大津町1-22-5

料金 エサ付き
 8500円
スポンサーサイト

ウタセ五目好調

ウタセ五目好調                     
koutoku07.jpg
koutoku02.jpg
koutoku01.jpg
 
12月10日(土)鳥羽市石鏡港の幸徳丸さんにウタセマダイ狙いで釣行した。
乗船したのは朝9時出船の1日便。船長に聞くとマダイだけではなく青物も結構釣れているとのことで
期待が持てる。当日は、弟と二人で釣行。最近は週末天気が悪いことが多いが久しぶりの快晴で気持ち良い。
現地には、予定2時間前の7時に着いたが既に釣り船の前の岸壁には順番待ちのクーラーボックスが10個以上おかれていた。8時を過ぎ船長が到着し順に乗り込んだ。我々は左舷トモに並んで釣り座を構えた。
全員揃ったので8時半に出船。途中、港内で餌のウタセエビを積み込みポイントに向かった。
ポイントまでの航程は30分程。肌寒いが海は凪ぎで穏やかだ。そうこうしているうちにポイントに到着した。
アンカーが下ろされ船長から「準備できた方からやってください。」と開始の合図。水深は40m程だ。
とりあえずオモリ40号で始めることにした。当日の私のタックルはシマノ海攻マダイ330に電動リールシマノ3000XTの組み合わせ。ラインはフロロカーボン透明の6号を巻いている。
この釣りには潮の流れが影響するためPEラインは適さない。当日の仕掛けは胴付き3本針仕掛けを使用。
ミキイト6号、ハリス5号1.5m、ハリ伊勢尼12号である。エサのウタセエビを付けて第一投を投入。
ラインを60m出しても底が取れない。潮は、後ろに流れているがかなり速いようだ。
右舷側が騒がしいので見るとワラサが掛かったようだ。するとミヨシ側でも大きく竿を曲げている方がいる
。どうやらワラサの群れに当たったようだ。船長から仕掛けを太くしたほうが良いとアドバイスがあった。
今度は、横の弟の竿が曲がった。慎重に巻き上げるように言ってタモを持って構えると現れたのは70㌢を超える良型ワラサだった。さあ私もガンバロウと再投入し底取りをしようとしたところモゾモゾと小さなあたり。
竿をあおって合わせを入れると乗ったようだ。ゆっくり巻き上げると水面に赤い魚体が見えた。
抜き上げると25㌢程の塩焼きサイズのマダイだ。小さいが先ずはオデコを免れて一安心。
その後も仕掛けを降ろすと頻繁に小さなアタリが来るがなかなかハリがかりしない。
しばらく待ってアタリが無いなと思うと必ずエサを取られている。潮が緩くなってきてアタリも取りやすくなってハリがかりするようになった。しかし相変わらず型は手のひらサイズから抜け出せない。
しばらくして前方を見ると型の良い50㌢オーバーのマダイが取り込まれた。
その後は、また潮が速くなってきた。船長からオモリを軽くしてふかせたほうが良いとアドバイスがあったので早速オモリを8号に替えて流してみた。あっという間に100mくらいラインがでていく。
とりあえず150m程だしたところでゆっくり巻き上げにはいると130mでヒット。
大きく竿が弓なりになった。高速で巻き上げにはいるが残り20m程からかなりの抵抗を見せる。
どうやらワラサのようだ。ハリスを手繰って船長の差し出すタモに収まったのは70㌢を超えるワラサだった。
すぐに再投入すると120m出たところでまたしてもヒット。上がったのは同サイズのワラサだった。
周囲を見渡すと薄暗くなってきた。夏場に比べると暗くなるのも早い。
夕まずめの大マダイに期待したが残念ながら船長より納竿の合図。今年は、水温が高いせいかまだまだ青物も期待できるようだ。釣況を見て是非また挑戦したい。
当日の私の釣果は、ワラサ73㌢~72㌢2匹、マダイ33㌢~20㌢5匹、メバル1匹。
大ダイには出会えなかったがまずまずの釣果に恵まれた1日であった。

▼問い合わせ 
鳥羽石鏡港 幸徳丸
TEL:0599-32-5274
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。