スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥羽 ヒラメ釣行

続きを読む »

スポンサーサイト

入鹿池 ワカサギ 

入鹿池のワカサギ                     
 
                       
1月3日、弟夫婦と私の3人で入鹿池にワカサギ釣りに出かけた。私の中では、ここ数年、正月休みのワカサギ釣りは恒例行事になりつつある。しかしながら入鹿池のワカサギも昔は簡単に束釣りできたものだが、年々厳しくなってきたような気がする。当日は、風もなくこの時期にしては比較的暖かくまさに釣り日和。現地には7時半頃に到着した。今回は、初めてお世話になる名竜亭でボートを二艘借り、えさの赤虫を購入した。店のご主人に釣況を聞くと場所によりばらつきはあるが比較的赤壁や五条川河口等、奥の方が数が出ているとのこと。早速準備をして桟橋のボート乗り場に向かった。天気良く風もないのですでにボートはかなり出ている。ボートを2艘連結してエレキ(電動スクリュー)をつけて沖に向かい出航した。最近はエレキ持参のお客さんも多いようで専用取り付け板の着いたボートも多く用意されている。とりあえずボートが多く集まっている赤壁前に向かってみることにした。ポイントに到着し準備をして投入。今日のタックルは1.6mのワカサギ専用竿に小型両軸リール、ミチイト0.8号、仕掛けはハリス0.3号、ハリは秋田狐2号、錘2.5号。上下に誘うとすぐに特有のプルップルッという当たりが来た。追い食いをしばらく待ったがこれ以上の反応がないので取りこんだ。体長9センチほどの上品なワカサギだ。久々のワカサギとの出会いに感激。店の女将さんが言っていたとおり今年のワカサギは型が良い。さあ今日はいけるぞ弟夫婦にもげきを飛ばし再投入した。今日は寒いとの噂でしっかり着込んできたが風がないので意外に暖かい。弟夫婦にもアタリが来て鈴なりとはいかないまでもぼちぼち上がりだした。棚は底付近のようだ7本針で始めたが掛かってくるのは下から一番目か二番目の針だ。一時間ほどしてアタリが遠のいてきたのでポイントを移動することにした。少し遠くの五条川河口の方に行くことにしてアンカーを上げてボートを走らせた。チョイ移動のときエレキはほんとに便利で良い。新しいポイントに着き再投入した。こちらもボートが多い。しかしながら周りはボートは多いがあまり竿が立っていない。あまり釣れていないようだ。しばらくすると群れが回って来たのかアタリが出だしてポツポツと釣れてきた。エサの赤虫は面倒だがこまめに交換した良い。少しでも白くなったら交換した方が釣果が上がるようだ。そうこうするうちにたまにダブルで釣れてくるようになりやる気が出てきた。そして今度は、大きなアタリ。ダブル、トリプルと思い巻き上げるとブルーギルだった。そこではみんなにブルーギルが掛かり、またポイント移動することになった。今度は、池の中央あたりに戻って再開。エサを新鮮なものに取り替えて仕掛けを降ろしオモリ着底とともにゆっくり誘い上げるとククッと本命のアタリ。しばらく待って巻き上げるとダブルでヒット。しかしアタリも長続きせずパッタリ止まってしまった。風がないのでボートで仰向けになっていると気持ち良い。あまりの気持ちよさにウトウトしてしまう。弟に呼ばれて目を覚ますと竿先が大きく揺れている。あきらかにワカサギとは違うアタリだ。上げるとまたしても大きなブルーギルだ。またまたブルーギルが寄ってきたようだ。昼を過ぎなんとか当初目標の50匹は越えたようなので上がって撤収することにした。
陸に上がって休憩し昔懐かしい中華そばばを頂いた。やっぱり寒いときは暖かいものが美味しく感じられる。当日の釣果は、昼まで頑張って約4時間ほどであったが7㌢~11㌢のワカサギを私が57匹、弟夫婦が96匹。その他ブルーギル多数。数は伸びなかったもののポカポカ陽気でのんびり釣りを楽しむことができた。名竜亭さんには貸竿等も用意されているので手ぶらできてもオーケーだ。風があると湖の上はかなり寒いので防寒対策だけはしっかりされたい。まだまだ十分いけそうなので家族で釣行されてはいかがでしょうか。
▼問い合わせ 
名竜亭
0568―67―0240
APC 竹川徳雄

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。