スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子外川ヒラメ絶好釣

銚子外川ヒラメ絶好釣

外川沖のヒラメが絶好調とのことで、8月に続き9月21日、二度目の釣行となった。
船宿はいつもお世話になる銚子外川の源正丸。朝4時過ぎに外川港に着くと周りは薄暗いが船の明かりと釣り人でにぎやかだ。船は我々4名の他5名で9名の釣り客を乗せて出船となった。我々は
ミヨシの右舷、左舷に分かれて釣り座を構えた。私は、左舷ミヨシに釣り座を構えた。天気は予報では快晴、波は1.5m。しかし港を見るかぎりでは風もなく穏やかだ。4時半を過ぎ周りの釣船が一斉に港を出港した。向かうポイントは昨日も良かったという川前沖のポイントだ。ポイントまでは50分程だ。最近常にトップ10枚超えとのことで期待が持てる。沖に出るとやはり結構波がある。やがてエンジン音がスローになり、ポイントに到着。早速、船長から開始の合図が出た。水深40m程だ。やはり第一投目は気合いが入る。北西風で逆潮だ。条件は良い。仕掛けの着底とともに糸フケを取ってゆっくり誘いを入れてみるがアタリは無い。すると右舷胴の間で「船長来たよ!」の声。船長がタモを持って構えると、型は1kg弱で今ひとつだが、船中第一号の本命が上がった。しかし我こそはと思うが私にはアタリがこない。 10分ほどたった頃かヒラメ初めての菊子氏にアタリ。しかしながら巻き上げ途中で痛恨のバラシ。掛かりが浅かったようだ。すると今度左舷トモの方にアタリがあり船長がすぐにタモを持って向かい無事ゲットした。型は2kg程で良型だ。残念ながらその後の流しではしばらくヒット無し。そうこうしているうちにやっと私の竿先にモゾモゾッとアタリがきた。少し竿先にテンションをかけながら慎重に待った。20秒ほどして竿先にガクガクッと大きなあたりがきた。大きく合わせを入れるとしっかりハリ掛かりしたようだ。隣をみるとなんと蔵野君にも同時にヒット。慎重にやりとりし船長のタモに収まったのはお互いに2kg超えの良型だった。とりあえずオデコを免れ一安心するとともに俄然やる気モードになった。しかし隣の蔵野君は感動に浸るまもなく、またもや竿先に大きなアタリ、慎重に合わせすぐに2枚目をゲット。これも2kg級の良型だ。時合いがきたのか船中あちらこちらで活発なアタリが出だしバタバタと上がりだした。今がチャンスと気合いを入れ再投入するとすぐに私にもアタリ、巻き上げ途中でドラグが出て行く、結構良型かも。上がったのは3kgを超える良形。9時を回った時点で5枚ゲット。
その後は流すたびにポツリポツリと上がる程度でアタリが遠のき、少し飽きてきてしまったので、置き竿で待つことにした。10時を回り暑くなって、少しウトウトしていると竿先にガクッガクッと大きなアタリ。あわてて巻き上げ無事上げることができたがスレがかりで危うくバレるところだった。今度は、気合いを入れ再投入して待つとすぐに竿先にアタリがきた。海底でヒラメが食いつくのをイメージして少し待つと予想したとおり大きく竿を曲げて食い込んだ。合わせをいれて巻き上げ上がったのはまたしても3kg超えの良型だった。俄然気合いが入りすぐに元気の良い大きめのイワシを付けて投入すると着底とともにいきなりガクガクッとあたり。思わず巻き上げるとかなりの重量感だ。しかし5m程巻き上げたところでふっと軽くなり痛恨のバラシ。仕掛けを回収するとイワシは残っていなかった。どうやら食い込みが浅くすっぽ抜けたようだ。残念。その後も船中ではコンスタントにヒットし全員オデコ脱出したところで船長から最後の流しにしますとアナウンスがあった。しかし今日はもう良型を9枚ゲットし十分満足だ。船長に釣果状況を聞くと船中では左舷トモの方が11枚竿頭、左舷トモで8kg超えが上がっていた。やがて11時になり沖上がりとなった。当日の我々の釣果は3.0kg~1.5kgを9枚~2枚。今度は我々も更なる大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

銚子外川港
源正丸





スポンサーサイト

外川沖ヒラメ絶好調

外川沖ヒラメ絶好調

外川沖のヒラメが絶好調とのことで8月29日(水)、いつもお世話になる銚子外川港の源正丸からヒラメ狙いで釣行した。源正丸の宮内船長は少々口は悪いが外川の釣り船の中でも釣らせる船長として有名だ。釣行日は、近くに前泊したが寝過ぎて起きたのは朝4時過ぎ。急いで港に向かいなんとか4時30分の出船に滑り込みセーフ。当日の釣り客は我々5人含め6名だ。船長が前の方がいいよとのことで我々はミヨシ側に釣り座を構えた。予報では波1.5mとのことだったが意外と穏やかだ。川前沖のポイントまでは30分程、乗船までバタバタだったので朝飯のおにぎりをほおばりながら、タックルの準備にかかった。やがてエンジン音がスローになり船長から「準備して~」の声。ポイントに到着すると早速船長から開始の合図が出た。最近は好釣果の日も多く、昨日もトップ10枚超えとのことで期待が持てる。早速第一投を投入。エサのイワシを付け仕掛けを降ろして、竿を少ししゃくって誘いを入れると、すぐにイワシが暴れている感覚が竿先から伝わってきた。緊張の面持ちでしばらく待つと竿先を小刻みに叩くようなアタリが出たのでゆっくり聞き上げる竿先が大きく絞り込まれた。もう一度大きく合わせをいれると、しっかりハリ掛かりしたようでゆっくり巻き上げにかかった。「船長来たよー」と声を掛け、無事船長のタモに収まったのは2kg弱の良型ヒラメだった。朝一番の第一投で本命を確保し、先ずは一安心。するとすぐにミヨシの方からも「船長来たよー」の声。一流し目で船中3枚程上がったようだ。その後の流しでは何度も投入するが、どうもアタリが取りづらい。あたったかなと思い、しばらく待ち引き込みがないので、仕掛けをチェックするとイワシが取られていることが何度もあった。船中でも結構バラシが多いのか、船長から「夏のヒラメは冬と違って待ってたらだめだよ。早合わせするくらいでちょうどいいよ。」とアドバイスがあった。イワシが何度も取られるのはそのせいかと思い、船長のアドバイス通りアタリがあったらすぐに合わせるよう心がけたら連続で2枚ゲットできた。2枚目は意外とすんなり上がってきたが2kgを超える良型だった。8時を過ぎたところで4枚ゲットした。釣り友の状況を聞くと右舷の片岡氏はまだアタリが無いようだ。横の蔵野君も好調に釣り上げている。船長の合図でポイント移動となった。15分程走ったところで船長から「やって」の合図。
なんとかもう1枚をと気合いを入れるがなかなかアタリが来ない。9時を回った頃、イワシが暴れている感触が竿先から微妙に伝わってきた。食い込むのを慎重に待つと今度はいきなり竿が海面に突っ込んだ。大きく合わせを入れハリ掛かりを確信し慎重に巻き上げると4kgオーバーの良型ヒラメ。ちょうどまた時合いがきたのか船中アチコチで活発なアタリが出だしバタバタと上がりだした。なんと木之下氏は後半追い上げを見せ、型は小さいながらも5枚をゲット。その後はしばらくアタリが遠のいた。誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるがヒットしない。今日は早いうちから全員が本命をゲットした。私も9時を回ったところで7枚ゲットし大満足だ。やがて餌のイワシも少なくなり10時になったところで沖上がりとなった。当日の我々の釣果はヒラメ4.2kg~1.0kgを7~4枚だった。今度は更なる大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

大田区 竹川徳雄




togawa01.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。