FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子外川ヒラメ釣行

銚子外川ヒラメ釣行

10月になり外房一帯で解禁となりヒラメが熱い。今年は夏場から好釣果が続いており期待が持てるとのことで10月27日、本紙協定の銚子外川の源正丸を訪れた。船長に聞くと3日前に9㎏級の大型も上がったとのことで期待が持てる。釣行メンバーは私含め会社の釣り仲間11名だ。2,3日前の予報では天気は快晴だったが残念ながら当日は雨こそ降っていないものの低気圧の影響でかなり荒れ模様だ。5時出船とのことで30分前に港に集合したが沖を見ると波もかなりある。我々と他のお客さん2名で全員で13名と満員御礼だ。みんなの準備ができたところで予定通り5時に出船。釣り座は右舷に6名、左舷に7名に分かれることにした。私は右舷トモに釣り座を構えた。昨日は凪でトップ15枚と好釣果だったようだが今日はうってかわってシケで厳しい条件。港を出るとかなりのウネリだ。たびたび船が跳ね上がってお尻が痛い。狙うポイントは最近数上がっている一級ポイントの川前沖。ポイントまでは通常なら30分程だが今日はかなりの波があり60分程の航程だ。ポイントに到着すると早速、船長から開始の合図が出た。イケスからエサのイワシをすくうと丸々と太った良いイワシだ。さっそく仕掛の準備をして投入した。やはり第一投は気合いが入る。水深は40m程だ。我こそはと思うがなかなかアタリがこない。10分ほどで右舷ミヨシの木之下さんにヒット。2kg弱のまずまずの良型ヒラメが取り込まれた。私もなんとか先ずは1枚と誘いを入れるがウネリが大きくアタリがとりづらい。しばらくすると竿先を小刻みに叩くようなアタリが出たのでゆっくり聞き上げると竿先が大きく絞り込まれた。もう一度大きく合わせをいれると、しっかりハリ掛かりしたようでゆっくり巻き上げにかかった。「船長来たよー」と声を掛け、無事船長のタモに収まったのは1.5kg程のまずまずの良型ヒラメ。とりあえず本命を確保し、先ずは一安心。するとすぐにまたミヨシの方から「船長来たよー」の声。一流し目で船中5枚程上がったようだ。その後の流しでもアタリは多いがバラシも多い。どうもアタリが取りづらい。あたったかなと思い、しばらく待ち、引き込みがないので、仕掛けをチェックするとイワシが取られていることが何度もあった。船長から「今頃のヒラメは冬と違って待ってたらだめだよ。早合わせするくらいでちょうどいいよ。」とアドバイスがあった。イワシが何度も取られるのはそのせいかと思い、船長のアドバイス通りアタリがあったらすぐに合わせるよう心がけたら連続で2枚ゲットできた。2枚目は意外とすんなり上がってきたが2kgを超える良型だった。8時を過ぎたところで状況を聞くとトップはすでに6枚ゲットしたとのこと私は4枚。横の佐々木君も好調に釣り上げている。船長の合図でポイント移動となった。15分程走ったところで船長から「やって」の合図。
ちょうどまた時合いがきたのか船中アチコチで活発なアタリが出てバタバタと上がりだした。なんと左舷の小室氏が後半追い上げを見せ、型は小さいながらも5枚をゲット。その後はしばらくアタリが遠のいた。誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるがヒットしない。しかし今日は早いうちから全員が本命をゲットした。私も9時を回ったところで7枚ゲットし大満足だ。やがて餌のイワシも少なくなり11時になったところで沖上がりとなった。当日の我々の釣果はヒラメ3.2kg~1.0kgを9~1枚(1枚は船酔者)だった。今度は更なる大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

銚子 外川港
源正丸


大田区 竹川徳雄















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。