FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウタセ五目好調

ウタセ五目好調                     
koutoku07.jpg
koutoku02.jpg
koutoku01.jpg
 
12月10日(土)鳥羽市石鏡港の幸徳丸さんにウタセマダイ狙いで釣行した。
乗船したのは朝9時出船の1日便。船長に聞くとマダイだけではなく青物も結構釣れているとのことで
期待が持てる。当日は、弟と二人で釣行。最近は週末天気が悪いことが多いが久しぶりの快晴で気持ち良い。
現地には、予定2時間前の7時に着いたが既に釣り船の前の岸壁には順番待ちのクーラーボックスが10個以上おかれていた。8時を過ぎ船長が到着し順に乗り込んだ。我々は左舷トモに並んで釣り座を構えた。
全員揃ったので8時半に出船。途中、港内で餌のウタセエビを積み込みポイントに向かった。
ポイントまでの航程は30分程。肌寒いが海は凪ぎで穏やかだ。そうこうしているうちにポイントに到着した。
アンカーが下ろされ船長から「準備できた方からやってください。」と開始の合図。水深は40m程だ。
とりあえずオモリ40号で始めることにした。当日の私のタックルはシマノ海攻マダイ330に電動リールシマノ3000XTの組み合わせ。ラインはフロロカーボン透明の6号を巻いている。
この釣りには潮の流れが影響するためPEラインは適さない。当日の仕掛けは胴付き3本針仕掛けを使用。
ミキイト6号、ハリス5号1.5m、ハリ伊勢尼12号である。エサのウタセエビを付けて第一投を投入。
ラインを60m出しても底が取れない。潮は、後ろに流れているがかなり速いようだ。
右舷側が騒がしいので見るとワラサが掛かったようだ。するとミヨシ側でも大きく竿を曲げている方がいる
。どうやらワラサの群れに当たったようだ。船長から仕掛けを太くしたほうが良いとアドバイスがあった。
今度は、横の弟の竿が曲がった。慎重に巻き上げるように言ってタモを持って構えると現れたのは70㌢を超える良型ワラサだった。さあ私もガンバロウと再投入し底取りをしようとしたところモゾモゾと小さなあたり。
竿をあおって合わせを入れると乗ったようだ。ゆっくり巻き上げると水面に赤い魚体が見えた。
抜き上げると25㌢程の塩焼きサイズのマダイだ。小さいが先ずはオデコを免れて一安心。
その後も仕掛けを降ろすと頻繁に小さなアタリが来るがなかなかハリがかりしない。
しばらく待ってアタリが無いなと思うと必ずエサを取られている。潮が緩くなってきてアタリも取りやすくなってハリがかりするようになった。しかし相変わらず型は手のひらサイズから抜け出せない。
しばらくして前方を見ると型の良い50㌢オーバーのマダイが取り込まれた。
その後は、また潮が速くなってきた。船長からオモリを軽くしてふかせたほうが良いとアドバイスがあったので早速オモリを8号に替えて流してみた。あっという間に100mくらいラインがでていく。
とりあえず150m程だしたところでゆっくり巻き上げにはいると130mでヒット。
大きく竿が弓なりになった。高速で巻き上げにはいるが残り20m程からかなりの抵抗を見せる。
どうやらワラサのようだ。ハリスを手繰って船長の差し出すタモに収まったのは70㌢を超えるワラサだった。
すぐに再投入すると120m出たところでまたしてもヒット。上がったのは同サイズのワラサだった。
周囲を見渡すと薄暗くなってきた。夏場に比べると暗くなるのも早い。
夕まずめの大マダイに期待したが残念ながら船長より納竿の合図。今年は、水温が高いせいかまだまだ青物も期待できるようだ。釣況を見て是非また挑戦したい。
当日の私の釣果は、ワラサ73㌢~72㌢2匹、マダイ33㌢~20㌢5匹、メバル1匹。
大ダイには出会えなかったがまずまずの釣果に恵まれた1日であった。

▼問い合わせ 
鳥羽石鏡港 幸徳丸
TEL:0599-32-5274
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。