スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山洋丸 ヒラメ

伊勢湾ヒラメ好調

8月15日(水)、釣り友の大岩氏と弟と三人で鳥羽本浦の山洋丸にヒラメ狙いで釣行した。当初は、日本海の玄達瀬の最終日でヒラマサ狙いの予定だったが残念ながら風で出航は厳しいとのことで急遽いつもお世話になっている山洋丸さんに電話を入れ空きがあるとのことでヒラメ狙いになった。今年は、8月に入って好釣果がつづいているらしく期待が持てる。当日は6時出船の予定だったがお盆で渋滞を予測し早めに行こうと名古屋を3時頃に出発したが意外に順調で早めに到着した。現地に着くと少し風はあるが快晴だ。5時前なのにすでに数台の車が来ている。とりあえず荷物を運んで空いていたミヨシに3人で釣り座を構えた。私は左舷ミヨシ。徐々に釣り客の車が到着し集合時間には駐車場もいっぱいになってきた。早速皆の準備が出来次第、船長の合図で出船となった。沖に出ると少し波はあるが少し薄曇りで今の時期の釣りにしては最高の天気だ。途中いけすで餌のイワシを積み込み沖に向けて走ること30分ほどでポイントに到着した。各自のオケに3~4匹のイワシが配られ船長の「準備出来た人から始めて下さい。」のアナウンスでスタート。水深は40m程だ。当日のタックルは竿はシマノバイオインパクトヒラメS270、リールはシマノ電動丸400C、ミチイトPE4号200m巻き。仕掛けは胴突き1本針で親針丸セイゴ17号に孫針トレブル8号、
ハリス6号を使用。
とりあえずオモリ60号で第1投を投入。エサのイワシを付け仕掛けを降ろして、竿を少ししゃくって誘いを入れると、すぐにイワシが暴れている感覚が竿先から伝わってきた。緊張の面持ちでしばらく待つと竿先を小刻みに叩くようなアタリが出たのでゆっくり聞き上げると竿先が大きく絞り込まれた。もう一度大きく合わせをいれると、しっかりハリ掛かりしたようでゆっくり巻き上げにかかった。「船長来ました--」と声を掛け、無事船長のタモに収まったのは40センチ弱の良型ヒラメだった。朝一番の第一投で本命を確保し、先ずは一安心。するとすぐにトモの方からも「船長来たよー」の声。一流し目で船中5枚程上がったようだ。その後の流しでは何度も投入するが、どうもアタリが取りづらい。あたったかなと思い、しばらく待ち引き込みがないので、仕掛けをチェックするとイワシがかじられていることが何度もあった。船中でも結構バラシが多いのか、「夏のヒラメは冬と違って待ってたらだめだよ。早合わせするくらいでちょうどいいよ。」とアドバイスがあった。イワシが何度も取られるのはそのせいかと思い、船長のアドバイス通りアタリがあったらすぐに合わせるよう心がけたら連続で2枚ゲットできた。2枚目は意外とすんなり上がってきたが40センチを超える良型だった。9時を過ぎたところで2枚ゲットした。釣り友の状況を聞くと右舷ミヨシの大岩氏はまだアタリが無いようだ。横の弟は寝不足なのか少々船酔い気味。しかし手持ちで誘いを入れながら頑張っている。しばらく待つとやっとのことで竿先が大きく曲がった。大きく合わせを入れハリ掛かりを確信したようで慎重に巻き上げる50センチを超える良型が上がってきた。ちょうど時合いがきたのか船中アチコチで活発なアタリが出だしバタバタと上がりだした。アタリがなかった大岩氏も連続で2枚をゲット。その後はしばらくアタリが遠のいた。誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるがヒットしない。12時を回り通常なら沖上がり時間を過ぎているがまだオデコの方が1名いるとのことで船長の好意で延長となった。するとオデコだった方もやっと1枚ゲットし船中オデコ無しとなった。ついでに最後の最後で弟も1枚追加し3枚ゲット。トップは、右舷胴の間の方でなんと8枚。みんな満足したところで13時を回り沖上がりとなった。当日の我々の釣果はヒラメ48センチ~36センチを3~2枚、外道でカサゴ数匹だった。今度は更なる大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

問い合わせ
鳥羽本浦
山洋丸
0559(32)5967

APC 竹川徳雄



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。