FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080126 外川ヒラメ年始初挑戦

今年初ヒラメ狙い  銚子 外川出船

左から片岡氏、福田氏
hirame001


銚子 外川出船

毎年、年末に釣り納めで釣行しているが昨年は予定した29日が残念ながら天気に恵まれず中止となった。
そのリベンジで年明け1月26日(土)に挑戦することとなった。
事前にいつもお世話になっている外川の源正丸の宮下船長に状況を聞くと日によってむらはあるが結構上がっているとのことで期待が持てる。
会社の釣り仲間7人で釣行することになった。
近くの民宿で前泊し十分な睡眠をとって4時半に起き準備をして外川港に向かった。
5時半に到着するとすでに港は船の明かり、釣り人でにぎやかだ。
この寒いのに全くみんな感心する。自分も含めてだが。早速荷物を船に積み込み準備だ。天気は良い海は割と凪のようだ。
釣り人は我々の他に4人だ。 他の船に比べると我々の船はいっぱいだ。
釣り座は先着順で私は右舷ミヨシ2番目になった。
当日の私のタックルは海攻ヒラメ300 シマノ電動リール600H, 仕掛けは胴突き
1本針親針丸セイゴ17号、孫針トリプルフック8号、錘60号だ。
船は外川沖のポイントへ。航程は約30分ほどだ。
船長合図で投入。
やはり第一投は気合いが入る。 皆 真剣だ。
我こそはと思うがアタリがこない。 誰にもアタリが無いようだ。
残念ながら一流し目は船中誰もヒット無しに終わった。
次の流しで早速右舷ミヨシの方にヒット、慎重にやりとりしタモに収まったのは2Kg超えの立派なヒラメだ。 みんなに気合いが入る。
しかしながら次が続かない。 私にはアタリが全くない。
誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるものの当たってこない。
しばらくして右舷トモ2番目の同僚にヒット。
2kg級のヒラメだ。船長曰く潮は良く動いているのにアタリが少ないようだ。
沖に出てる他船はまだ型をみていないようだ。
まだ我々の方が釣果が良いようだ。
すると私のすぐ後ろの左舷でヒット。
慎重にリールを巻いている。
船長が来てタモを持って構えるが姿を見せたのはサメだ。
がっかり。しばらくすると左舷胴の間の同僚の片岡氏にヒット。
竿が弓なりになっている。浮上してきたのは紛れもないヒラメ。
やはり2kg超えだ。満面の笑みだ。片岡氏は何度も釣行しているがまだ一度も本命を
ゲットしたことがなかった。苦節3年ほどか・・ やっと苦労が報われたようだ。
本人も今年はさい先がいいと言っていた。
さて時間も9時を回り残る時間もあと半分になった。
これくらいの時間になってゲットしていないとだんだん焦りと半分あきらめムードが
漂ってくるものだ。
トモの方から歓声が上がった。立ち上がって見てみると左舷オオドモで同僚の西川氏が
ファイトしている。竿先が海面に突っ込んでいる。私が貸した80号の竿が弓なりになっているのであるからかなりの大物だ。一進一退を繰り返してなかなか上がってこないようだ。固唾をのんで見守ると竿先が跳ね上がった。 あーあ ばれたようだ。
もったいない。船長曰く間違いなく5kgは超えているとのことだった。残念。
西川氏にとってヒラメ釣行2回目で味わった感触忘れられないことだろう。
10時を過ぎ大きなうねりが出てきた。うねりが出てくると底あれしてしまうらしい。
そうこうしているうちにラスト一流しのコール。元気のいいイワシに交換し期待を込めて投入した。誘いをかけながらアタリを待つが無情にも時間切れで起きあがりのコール。
残念ながら初釣りでオデコを食らってしまった。
本日の船中釣果はヒラメ2kg超え3枚、90㎝サワラ1本。
釣況を見てまた是非リベンジしたい。

銚子 外川港
源正丸
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。