FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイボートでシロギス釣り     

マイボートでシロギス釣り      
kisu02.jpg
kisu05.jpg
kisu01.jpg
           

8月17日(日)、弟のマイボートで中部国際空港沖にシロギス狙いで釣行した。昨年も夏休みの同時期に出かけたがポイント到着後、第一投を投入してまもなく弟の子供の船酔いで残念ながらリタイアしたにがい思いがある。新聞情報では良型サイズが上がっているとのことで今年こそはと期待を胸に弟と二人で出かけることになった。自宅を朝五時半に出発し、途中釣りエサ店でイシゴカイを二杯購入し、日光川河口から出航した。良型キスのポイント、中部国際空港沖までは航程30分ほどだ。天気は快晴、海は湾内なので凪ぎだ。しかし朝から日差しが強くすごく暑い。7時前にポイントに到着したが既にシロギス狙いらしい乗合船が二隻ほどポイントを探しながら流している。とりあえずボートを停めて始めることにした。水深は15mほど。片天秤の2本バリのキス仕掛の準備をしてイシゴカイをつけて軽く投げ込んだ。ゆっくりリーリングしながら寄せると途中根掛かりしたような重み。ズシリと重いが力を入れて巻こうとするとなんとか巻ける。どうも生体反応は無いようだ。ゴミかと思って水面を覗くとなんと良い型のタコだった。思わず美味しいそうな外道にニンマリ。しかし弟は第1投目から本命キスをヒットさせている。遅れをとるまいと私も少し遠くにキャストしてゆっくり引き寄せるとすぐにプルプルッと小気味良い引き込みがあり軽く合わせ追い食いを待ったが反応は無いのでそのまま巻き上げると20㌢オーバーのまさに良型のキス。初っぱなから良いポイントに当たったのでここで釣ることに決め、アンカーを入れることにした。その後は大きさはバラバラだが投入すると必ずヒットするようになった。1時間ほどしてアタリが遠のいたなと思ったら周囲の船はとっくにいなくなっており、これは遅れをとってはなるまいとすぐアンカーを上げて船団が集まっている方に向かった。移動したポイントで早速仕掛を準備して投入すると今度はグイーッと引き込むシロギスとはチョット違ったアタリだった。上がってきたのは小さなメッキだ。どうやらシロギスのポイントではないようだ。そこでは数匹メッキを釣ったのみで潮が止まってきたのかシロギスのアタリが遠のいてきた。ちょうどエサも残り少なくなったのと暑さに耐えられなくなってきたので10時前に沖上がりすることにした。当日の釣果は23~15㌢のキス25匹、メッキ4匹、タコ1杯だった。今度はもう少し涼しくなったらまた挑戦してみたい。

記事 竹川徳雄

週間釣りニュース 中部版 掲載



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。