FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣崎沖カワハギ釣り大会

剣崎沖カワハギ釣り大会

IMGP2169.jpg
IMGP2165.jpg
IMGP2168.jpg
IMGP2167.jpg
IMGP2166.jpg


会社の釣り大会は今年6月のマルイカ釣り以来二回目で今回はこれからが旬で美味しくなるカワハギを狙うことになった。カワハギはこれから冬に向け肝が膨れて最高に美味しくなる。キモ和えで刺身を食べたら絶品だ。9月27日(土)カワハギ釣りで有名な久比里のやまてん丸に総勢23名でお邪魔することになった。カワハギはえさ取り名人と言うだけあってなかなかむずかしく挑戦しがいがある。当日は7時半集合で8時出船だ。現地に着くと7時過ぎにはもうすでに大勢集まり釣り座を確保して皆準備している。私はトモに行こうかミヨシに行こうか迷ったあげく右舷ミヨシ側に釣り座を構えることにした。そして8時前には全員乗船し出船となった。昨日までの強い風も治まって波もだんだん凪いでくるとのことで安心だ。今回、初めて参加の方も多く天気を心配したが先ずは一安心だ。ポイントの剣崎沖までは約30分ほどだ。しかしながらやはり沖に出るとまだかなり波風がある。ポイントに着くと数隻のカワハギ船が既に釣り始めている。船長から開始の合図が出た。水深は18m。早速配られたアサリのむき身を付けて第一投を投入。着底後糸ふけを取って誘いを入れようとするとすぐにコツコツと小気味よいアタリ。すぐに合わせを入れるもののなかなかハリがかりしない。既にトモ側では歓声が上がっている。見ると船釣り初めての仲間が20㌢オーバーの良型の本命カワハギを上げていた。開始間もなくポツポツと本命が上がりだした。そして私にはヒットすることなくポイント移動となった。さあ頑張ろうと気合いをいれるもののさすがエサ取り名人と言われるだけあってアタリはかなりあるのだがなかなか誘いに乗ってこない。来たーっと思うとベラだったりトラギスだったり外道のオンパレード。そこで今度はタタキを入れないで着底後たるませてしばらく待って聞き上げてみた。するといきなりグイーっと引き今までとは全然違う感触、期待を胸に巻き上げやっとのことで本命ゲット。周りを見ると結構竿が曲がっている。どうやら時合いが来たようだ。私もすぐに同じパターンでもう一尾を追加した。これでコツをつかんだつもりだったがその後はぱったりアタリが遠のいた。そして今度は竿が大きく曲がったと思ったらどうやら根掛かりらしく仕掛けをすべて持っていかれた。場所によっては結構根があるようだ。昼12時を回ったところで周りの状況を見てみると5~6枚釣っている方が数人いた。船長がカメラを持って外に出てきたので見ると左舷胴の間で一荷で本命が上がっていた。またミヨシの右と左ではお互いに抜きつ抜かれつトップを競いあっている。さて私も後半頑張って数をのばそうとタタキ、タルマセいろいろ試みてみるがなかなか食い込まない。そこで思い切ってハリをすべて替えてみた。すると今度は仕掛を落として着底後まもなく下バリに食い込んできた。なんと当日の自分の最長寸23㌢をゲットした。やはりハリはこまめに替えた方が良いようだ。そしてそこでもう一尾追加したところで残念ながら沖上がり時間となった。船中の釣果は16~26㌢のカワハギが0~11尾で他に良型カサゴはじめ外道多数。初心者も多く本命カワハギのオデコが数名出てしまったが後半は凪で釣り日和に恵まれ楽しい一日を過ごすことができた。

久比里
やまてん丸

記事 竹川徳雄

つり情報 掲載
剣崎沖カワハギ釣り大会

IMGP2169.jpg
IMGP2165.jpg
IMGP2168.jpg
IMGP2167.jpg
IMGP2166.jpg


会社の釣り大会は今年6月のマルイカ釣り以来二回目で今回はこれからが旬で美味しくなるカワハギを狙うことになった。カワハギはこれから冬に向け肝が膨れて最高に美味しくなる。キモ和えで刺身を食べたら絶品だ。9月27日(土)カワハギ釣りで有名な久比里のやまてん丸に総勢23名でお邪魔することになった。カワハギはえさ取り名人と言うだけあってなかなかむずかしく挑戦しがいがある。当日は7時半集合で8時出船だ。現地に着くと7時過ぎにはもうすでに大勢集まり釣り座を確保して皆準備している。私はトモに行こうかミヨシに行こうか迷ったあげく右舷ミヨシ側に釣り座を構えることにした。そして8時前には全員乗船し出船となった。昨日までの強い風も治まって波もだんだん凪いでくるとのことで安心だ。今回、初めて参加の方も多く天気を心配したが先ずは一安心だ。ポイントの剣崎沖までは約30分ほどだ。しかしながらやはり沖に出るとまだかなり波風がある。ポイントに着くと数隻のカワハギ船が既に釣り始めている。船長から開始の合図が出た。水深は18m。早速配られたアサリのむき身を付けて第一投を投入。着底後糸ふけを取って誘いを入れようとするとすぐにコツコツと小気味よいアタリ。すぐに合わせを入れるもののなかなかハリがかりしない。既にトモ側では歓声が上がっている。見ると船釣り初めての仲間が20㌢オーバーの良型の本命カワハギを上げていた。開始間もなくポツポツと本命が上がりだした。そして私にはヒットすることなくポイント移動となった。さあ頑張ろうと気合いをいれるもののさすがエサ取り名人と言われるだけあってアタリはかなりあるのだがなかなか誘いに乗ってこない。来たーっと思うとベラだったりトラギスだったり外道のオンパレード。そこで今度はタタキを入れないで着底後たるませてしばらく待って聞き上げてみた。するといきなりグイーっと引き今までとは全然違う感触、期待を胸に巻き上げやっとのことで本命ゲット。周りを見ると結構竿が曲がっている。どうやら時合いが来たようだ。私もすぐに同じパターンでもう一尾を追加した。これでコツをつかんだつもりだったがその後はぱったりアタリが遠のいた。そして今度は竿が大きく曲がったと思ったらどうやら根掛かりらしく仕掛けをすべて持っていかれた。場所によっては結構根があるようだ。昼12時を回ったところで周りの状況を見てみると5~6枚釣っている方が数人いた。船長がカメラを持って外に出てきたので見ると左舷胴の間で一荷で本命が上がっていた。またミヨシの右と左ではお互いに抜きつ抜かれつトップを競いあっている。さて私も後半頑張って数をのばそうとタタキ、タルマセいろいろ試みてみるがなかなか食い込まない。そこで思い切ってハリをすべて替えてみた。すると今度は仕掛を落として着底後まもなく下バリに食い込んできた。なんと当日の自分の最長寸23㌢をゲットした。やはりハリはこまめに替えた方が良いようだ。そしてそこでもう一尾追加したところで残念ながら沖上がり時間となった。船中の釣果は16~26㌢のカワハギが0~11尾で他に良型カサゴはじめ外道多数。初心者も多く本命カワハギのオデコが数名出てしまったが後半は凪で釣り日和に恵まれ楽しい一日を過ごすことができた。

久比里
やまてん丸

記事 竹川徳雄

つり情報 掲載
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。