FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海小浜沖にメダイ狙いで釣行

medai01.jpg
medai02.jpg
日本海小浜沖にメダイ狙いで釣行


12月29日、冬の日本海のファイター「メダイ」と格闘すべく福井県小浜市の福丸さんを訪れた。メダイは冬の旬の魚と言われるだけあって脂が乗ってとてもおいしいがそれ以上に最後まで抵抗する強引な引きが釣り師にはたまらない。12月にもなると日本海は荒れる日が多く出船できる日が限られてくるのだが日頃の行いが良いのか?当日は4日間続いたシケ後で若干のウネリはあるが風もなく快晴でポカポカの釣り日和だ。釣り友の、望月氏とともに午前7時半に小浜新港に着いた。釣り座は抽選で我々は左舷胴の間に決まった。早速荷物を積み込み船長の合図で出航となった。狙うポイントは小浜沖へ航程約1時間のあたりだ。やがてエンジン音がスローになりポイントに着くと既に5,6隻の船がアンカーを入れている。かなりポイントは狭いようだ。早速アンカーが投入され船長の合図で開始となった。水深は70m程。オモリ100号で水深60mくらいを誘ってみてくださいとのこと。さっそく投入準備をするがいつものことながら第一投は緊張する。コマセ用のオキアミは船宿支給で配られるが付け餌は自由だ。付け餌は以前の釣行で餌取りの猛攻に遭い苦い思いをしたので今回は餌取り対策としてイカタンとサンマの切り身を持参した。胴突き5本針仕掛けにイカタンとサンマを交互につけて投入した。船長の指示通り65m程まで仕掛を落としコマセを振って60mで待ってみた。するとすぐに竿先にガクガクッとアタリしばらく待つと竿全体が絞り込まれ竿先が海面に突っ込んだ。竿をしゃくって大きく合わせを入れると追い食いしたのかさらに重たくなった。すぐに電動リールのスイッチを入れ巻き上げ開始。しかし途中何度も鋭い突っ込みを見せ中々上がってこない。横で中乗りのお兄さんがタモをもって構えるが水面でも暴れ中々タモに収まらない。やっとのことで1匹取り込むとまだ下に薄黒色の魚影が見えた。結局第一投で4匹のメダイをゲットした。周りを見るとあちこちで竿が曲がっている。どうやらマキ餌が効いてメダイの群れが船下に集まってきたようだ。中乗りのお兄さんもタモを持って大忙しだ。どうやらスタートから怒濤の入れ食いタイムに入ったようだ。その後はもう仕掛けを降ろせばヒットするような状況がしばらく続いた。またメダイ釣り初めての方もいたようで針掛かりしたメダイが暴れオマツリも連発している。オマツリしないように早めに巻き上げなければならないが巻き上げる途中でばれることも何度もあった。メダイは身が柔らかいので大きな合わせやあまり強引な巻き上げは禁物のようだ。身切れしてばれることが多くなるようだ。2時間程の入れ食いタイムが終了すると少しアタリが遠のいた。船中ポツリポツリとしか上がらなくなった。釣り船が同じポイントに集まっているので魚が散ったのかもしれない。しばらくすると左舷のトモで50㌢程のマダイも上がった。うれしい外道だ。時間は昼の12時を回った頃だが既に私の大型クーラーはほぼ満タンになってきた。こんなに釣ってどうするという感じだ。午後になってアタリが遠のいたので少し早いが15時前に沖上がりとなった。当日の釣果はメダイ45~55㌢を25匹と久々の爆釣で大満足の釣行となった。今後は型も良くなってくるので是非また挑戦してみたい。

乗船メモ
福井県小浜新港 
福丸
電話 0770(53)0246
料金 乗合い13000円
(エサ、氷付き) 

記事 竹川徳雄

つり情報掲載


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。