FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外川沖ヒラメ 絶好釣

外川沖ヒラメ絶好釣
047.jpg



8月になり外川沖のヒラメが絶好調とのことで8月22日(土)、いつもお世話になる銚子外川の源正丸からヒラメ狙いで釣行した。
源正丸の宮内船長は少々口は悪いが外川の釣り船の中でも釣らせる船長として有名だ。
朝4時過ぎ外川港に着くと周りはまだ薄暗いが船の明かりと釣り人でにぎやかだ。
当日の釣り客はは我々5名の他6名で11名だ。
トモ側は既に埋まっていたので我々はミヨシ側両舷に分かれ、私は右舷ミヨシに釣り座を構えた。
5時になり一斉に出航となった。
予報はうねりを伴い波2.5mとのことで心配したがやはり港を出るとかなりの波だ。
外川沖のポイントまでは50分程、波で船が跳ねるのでミヨシにいるとかなりつらい。
ポイントに到着すると早速船長から開始の合図が出た。
最近は好釣果の日も多く昨日もトップ7枚とのことで期待が持てる。
初心者の田中君のタックルを準備し仕掛を降ろすと着底とともにいきなりガクガクッとアタリ、しばらく待って合わせを入れ巻き上げると1kg弱だが本命ヒラメ。幸先が良い。
何もわからずいきなりゲットで田中君もビックリだ。私も第一投を投入。いつものことだがやはり第一投は気合いが入る。我こそはと思うがなかなかアタリがこない。するとまた隣の田中君にアタリ。
本人は根掛かりのようだといっているが竿を取ってあおってみると間違いなく魚だ。
ゆっくり巻き上げ無事に船長のタモに収まったのは先ほどより大きな2kg弱の良型ヒラメだ。
なんと連続2枚ゲットだ。まさにビギナーズラックだ。朝の時合いが来たのかバタバタと上がりだした。開始1時間程で私以外の仲間は全員本命ゲット。私だけ取り残されてしまった。
だんだんアセリが来る。そうこうしているうちにやっと私の竿先にモゾモゾッとアタリがきた。
少しラインを送り出して慎重に待つと20秒ほどして竿先にガクガクッと大きなあたりがきた。
大きく合わせを入れるとしっかりハリ掛かりしたようだ。
慎重にやりとりし船長のタモに収まったのは1.5Kg程の本命ヒラメだった。
なんとか遅ればせながらみんなの仲間入りをさせてもらった。
しかし左舷ミヨシの片岡氏は順調に釣果をのばし8時過ぎには既に3枚ゲットしている。
みんなの状況を聞くと既にみんな2枚以上ゲットしたとのこと。また一歩出遅れてしまった。
悔しーい。なんとかもう1枚をと気合いを入れるがなかなかアタリが来ない。
9時を回った頃、イワシが暴れている感触が竿先から微妙に伝わってきた。
少しラインを送り出し慎重に待つと今度はいきなり竿が海面に突っ込んだ。
大きく合わせを入れ針掛かりを確信し慎重に巻き上げると2kgオーバーの良型ヒラメ。
ちょうどまた時合いがきたのか船中アチコチで活発なアタリが出だしバタバタと上がりだした。
なんと左舷ミヨシの片岡氏は型は小さいながらも4枚目をゲットしている。
今がチャンスと気合いを入れ再投入するが続かない。
10時を回ったところで船中全員が本命をゲットし今日はオデコ無しとなった。すばらしい。
さすが釣らせる名船長。
その後はしばらくアタリが遠のき上がってくるものもマトウダイ、クロソイやホウボウ等外道も多くなってきた。誘いをかけるもイワシが暴れる反応はあるがヒットしない。
しかし今日は全員揃って本命ゲットで大満足だ。やがて11時半になり沖上がりとなった。
当日の我々の釣果はヒラメ2.8kg~0.8kgを4~2枚その他ホウボウ、マトウダイ、クロソイ等外道も多数釣れた。今度は大物を狙って是非また近いうちに再挑戦したい。

乗船メモ
銚子外川港
源正丸
0479-23-0676
料金 11500円
(イワシ生き餌、氷付き)


大田区 竹川徳雄




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。