FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊良子沖で爆釣のタチウオ釣りに挑戦

伊良子沖で爆釣のタチウオ釣りに挑戦
01.jpg
02.jpg


伊勢湾伊良子沖のタチウオは連日爆釣しているとのことで早速、9月5日(土)の釣行を決め知多半島にある師崎港の七福丸に会社の仲間5人で予約を入れた。
連日爆釣でかなり混雑が予想されるがやむを得ない。
当日は受付が4時からとのことで4時過ぎには船宿に着いたが既に船には数名の方が乗っておりトモ側は既にいっぱいであった。我々は中乗りさんに案内され右舷胴の間に並んで釣り座を構えた。
その後もどんどん釣り客が訪れ左右の間隔は1mも無いほどだ。これはオマツリ連発の予感。
サバの切り身とカタクチイワシのエサそして仕掛け1組が配られ、20名弱の釣り客を乗せて予定通り6時に出船となった。伊良子沖のポイントまでは30分程だ。天気は快晴で波は1m程、若干ウネリがある。残暑厳しく暑くなりそうだ。ポイントに到着すると既にタチウオ狙いの船団が密集している。
ポイントはかなり狭いようだ。そんな中で船長はタチウオの魚影を探し魚探で反応を探っている。
早速、船長からの指示で釣り開始となった。船長のアナウンスで『水深55mです。底から30mくらいまで誘ってください。』とのことであった。また「仕掛を降ろすとすぐに食ってきますから食ったら一気に巻き上げてください。」とのことだった。
船宿から渡されたテンビンズボ釣り仕掛け(タコベイトの一本針、オモリ80号)を付け第一投を投入した。50mまで降ろしリールのクラッチを入れ巻き上げようとしたとたん竿先にガクッガクッとアタリがきた。そのまま電動で微速で巻き上げると今度は竿を大きく曲げるあたりだ。
乗ったことを確信し竿を大きくしゃくって合わせを入れた後、中速で巻き上げると早速良型の本命タチウオが上がった。船長の言うとおりいきなり食いついてきた。
右舷左舷ともむらなく一気にあちこちで上がりだした。しかし今度は、予想したとおりアチコチでオマツリが連発しだした。船長の「食ったら一気に巻いて!」はオマツリ防止のためだった。せっかく当たっているときだけに残念だ。その後私も右隣の白石君と何度もオマツリしたが、仕掛けが無事に棚まで落ちたときには必ずタチウオをゲットすることができた。ここのタチウオの釣り方はいたって簡単だ。船長の指示棚を電動リールの微速から低速で少しアクションを入れながら巻き上げるだけだ。
タチウオはあまり俊敏な動きをしないのであまり早く動かすと追いかけてこない。途中アタリを感じてもそのまま微速で巻き続け少し待ってエサを食い込ませてから聞き合わせてから大きく合わせる。アタリを感じてもタチウオを掛けることができなかったら仕掛を上げてエサを確認する必要がある。カワハギ同様、非常にエサ取りがうまい魚なので魚とのやりとりも面白い。しばらくしてミヨシの太田君がファイトしている。かなり大物のようだ。メーター超えの指4本クラスだ。十分数は釣ったのでなんとか今度はドラゴン級を狙おうとサンマを丸ごと1本付けて狙ってみるのだがアタリは出るものの中々食い込んでこない。やはりドラゴンはいないのか。残念ながら12時を回り沖あがりの時間となった。当日の我々の釣果はタチウオ11㌢~75㌢を8~15本だった。他に外道でイシモチ、カサゴが釣れた。
当初は20本は軽いと思っていたが途中仕掛のオマツリによるロスタイムが響き今一歩の釣果となった。船宿の話では平日は空いているので30~40本は出ていますよとのことだった。
平日釣行はサラリーマン釣り師にはなかなか難しいが是非また挑戦したい。船宿の話ではドラゴン級も混じりながら数はコンスタントに上がっているので皆さんもこの機会に是非タチウオに挑戦されたらいかがでしょうか。

伊勢湾
師崎港七福丸
TEL 0569-63-0472

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。