FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子 外川沖 ヒラメゲット

銚子外川ヒラメ釣行
013.jpg


10月になり外房一帯で解禁となりヒラメが熱い。今年は夏場から好釣果が続いており期待が持てるとのことで10月25日、本紙協定の銚子外川の源正丸を訪れた。船長に聞くとこのところ7㎏級の大型もたびたび上がっているとのことで期待が持てる。釣行メンバーは私含め会社の釣り仲間7名だ。2,3日前の予報では天気は快晴だったが残念ながら当日は台風の影響も出て荒れ模様だ。5時出船とのことで30分前に港に集合したが朝から大粒の雨が降っており波もかなりあるようだ。当日の釣り客は悪天候でキャンセルもあったようで結局我々7名のみだった。予定通り5時に出船。釣り座は右舷に3名、左舷に4名に分かれることにした。私は左舷トモに釣り座を構えた。昨日は凪ですそでも3枚と好釣果だったようだが今日はうってかわってシケで厳しい条件。せめて雨が止んでくれれば・・。港を出るとかなりのウネリだ。たびたび船が跳ね上がってお尻が痛い。狙うポイントは大物が狙える一級ポイントの外川沖。ポイントまでは40分程の航程だ。ポイントに到着すると早速、船長から開始の合図が出た。イケスからエサのイワシをすくうと丸々と太った良いイワシだ。さっそく仕掛の準備をして投入した。やはり第一投は気合いが入る。水深は20m程だ。我こそはと思うがなかなかアタリがこない。10分ほどで隣の西川君の竿先がしなっている。アタリじゃないかと見るとどうも本人、魚とわからず巻き上げていたらしく海面にでかいヒラメが浮いている。すぐ船長に声をかけて無事タモに収まった。なんと73㌢、4.5kg(後計量)のジャンボヒラメだった。初心者にいきなり第一投から来てしまった。みんな気合いをいれるもののその後はぱったり。そして船長の合図でポイント移動となった。今度は仕掛が着底するとともにイナダが食いついてきた。すぐにみんなにイナダが上がりだした。喜んだのは最初だけでイナダの猛攻に皆うんざり。仕掛が底まで落ちなくなってしまった。数本イナダを取り込んだ後、強引な引きだったのでイナダのつもりで電動で高速で巻き上げるとなんと海面に現れたのは小さいながらも本命ヒラメ、船長を呼んでタモ入れしてもらいなんとか本命ゲットで一安心。その後何度も移動するがやはりイナダが寄ってきてしまい高いイワシをイナダに食われて船長も渋い顔だ。他の僚船から無線が入るが他船も同じような状況だ。そうこうするうち今度は右舷トモの木之下氏が大きく竿を曲げている。船長がタモを構えて待つと浮いて来たのは大きなサメだった。続いてミヨシでもサメが上がった。サメが掛かるようでは底はあまり芳しくないらしい。11時を回ったが釣況は改善されずウネリも大きいので船長の判断で沖上がりとなった。今日は残念ながら全員ヒラメゲットとはいかなかったが皆イナダの猛攻にあいおみやげは確保することができた。今度は是非また凪の時にリベンジしたい。当日の釣果はヒラメは4.5kg~1kg1~0枚、外道でイナダ、ソイ多数。今年は魚影も濃く外川ではかなりの大物も上がっているようなので皆さんもぜひ挑戦されたらいかがでしょうか。

銚子外川港
源正丸






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。