FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子外川 ヒラメ釣行

銚子外川ヒラメ釣行

hirame01.jpg
hirame03.jpg
hirame02.jpg


12月なり大洗沖も解禁となり外房一帯でヒラメの好釣果が続いているとのことで12月27日、忘年会をかねて銚子外川の源正丸を訪れた。源正丸の宮内船長は巷では少々口は悪いが数多く釣らせることで有名である。聞くと最近では5㎏級の大型もたびたび上がっているとのことで期待が持てる。釣行メンバーは会社関係の釣り友で私含め9人である。今は冬時間で5時集合の5時半出船なので夏場に比べると1時間遅く楽である。近くの民宿に前泊し軽く忘年会をやって朝5時過ぎに外川港に着いた。まだ周りは真っ暗だが港は船の明かりと正月用のヒラメを狙う釣り人でにぎやかだ。船は我々の他4名で13名の釣り客を乗せて出船となった。釣り座はミヨシとトモに分かれることにした。私は左舷トモに釣り座を構えた。心配した天気もここ数日は安定しており今日も風もなく凪のようだ。5時半をまわり釣船が一斉に港を出港した。狙うポイントは最近数上がっている一級ポイントの外川前だ。ポイントまでは30分程の航程だ。沖に出るとこの時期にしてはめずらしくべた凪だ。ポイントに到着すると早速、船長から開始の合図が出た。さっそくイワシをすくい仕掛の準備をして投入した。やはり第一投は気合いが入る。水深は30m程だ。我こそはと思うがなかなかアタリがこない。10分ほどですぐポイント移動となった。2度目の流しで投入間もなく竿先が一気に海面に吸い込まれた。いきなりアタリかと思って合わせを入れるが反応がないので根掛かりかと思い巻き上げるとなんと水面にヒラメが。あわてて船長を呼び無事ゲット。結果は隣の木之下氏の仕掛けとオマツリしておりヒラメには残念ながら木之下氏のハリが掛かっていた。仕掛けのオマツリでわからなかったようだ。気を取り直し再投入するとオモリが底に着いたとたん今度もすぐに仕掛けが引き込まれた。まちがいなくヒラメと確信ししばらく待って合わせを入れるとしっかりハリ掛かりしたようだ。慎重に巻き上げタモに収まったのは後計量2.8kg、65㌢のりっぱなヒラメだった。朝早いうちに本命をゲットできると何となく気持ちに余裕ができる。今度は左舷ミヨシの片岡氏が竿を曲げている。取り込まれたのは残念ながら本命ではなく40㌢程のイナダだった。その後右舷トモの三浦氏にアタリがあり船長がタモを持って構えると少し小振りながらも本命ヒラメだった。残念ながらその後の流しでは1時間程は船中誰にもヒット無し。船長曰く潮はよく流れているようだが昨日に比べアタリが少ないとのこと。他の僚船から無線が入るがまだほとんどが釣れていないようだ。そうこうするうち今度は右舷胴の間の小室氏にヒット。無事に1.5kg程の良型が上がった。すると今度はまたしても右舷胴の間の蔵野氏にヒット。1.5㎏級を取り込んだ。 時間も半ばを過ぎ仲間の半分は本命をゲットした。
しばらくすると置き竿にしていた私の竿先にモゾモゾッと微妙なアタリが来た。すかさず手持ちに切り替えて構えると一瞬竿先が絞り込まれてふわっと軽くなった。あわてて巻きにかかるとどうもオマツリのようだ。胴の間からトモまでなんと4人でオマツリしていた。残念ながらイワシにはくっきりとかじられた跡が・・・。すかさず新しいエサに替えて投入した。すると今度は同じ左舷の胴の間の西川氏にヒット。慎重に取り込んだのは1.5kg級のヒラメだ。その後は船長の判断で朝一番のポイントに戻ることになった。12時近くになり船中3枚ほど上がったところで船長から最後の一流しと合図があった。
気合いを入れて投入するとオモリが底に着いたとたんひったくるようなアタリだ。すかさず合わせを入れて巻き上げると良型のイナダだった。最後の流しでミヨシで本命ヒラメが1匹上がったところで沖上がりとなった。。当日の釣果はヒラメは2.8~1㎏ 2枚~0枚、他に外道でイナダ、マトウダイ等が上がった。我々の仲間は9人中6人が本命ゲット。外房は今年は魚影も濃く外川ではかなりの大物も上がっているようなので年明け是非また挑戦したい。

銚子外川港
源正丸
0479-23-0676






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。