FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海アジ五目・マイカリレー  

日本海アジ五目・マイカリレー                      
 日本海のマイカ(ケンサキ)が釣れだしたとのことで8月18日(土)釣り好きな弟と二人で福井県若狭大島の海生丸を訪れた。日本海でのイカ釣りは6月のスルメ以来で久しぶりだ。マイカはまだスタートで日によってムラがあるようだが徐々に釣果は上がってきているようだ。マイカは特にイカの中でも高級ということでつい食指が伸びてしまう。当日は午後出船の半夜便だ。昼12時30分集合、13時出船とのことで少し早めにと思ったが結局夏休みで渋滞にはまり船宿に着いたのは12時30分だった。受付を済ませ、釣り座の抽選をして港の駐車場に向かった。すでに船上ではタックルの準備をされている方も多い。我々は右舷ミヨシに並んで釣り座を構えた。当日の釣り客は14名、全員揃ったところで13時前に出航となった。ここ2,3日天気が不安定で雷雨等が心配だが海上は凪でかなり暑い。今ニュース等で話題の大飯原発を横に見ながら通過し大島沖のポイントまで約30分ほどだ。やがてエンジン音がスローになりポイントに到着。まず明るいうちはサビキ仕掛けで五目狙いだ。船長から開始の合図。棚は50m程。仕掛けが底に着底しコマセを振るとすぐさま竿先にブルブルッとアタリ。少し竿先をあおって合わせ、電動で巻き上げると型の良いレンコダイがダブルで上がった。その後もアジ、カイワリ等も交じって入れ食いになった。釣り客の中には喰わせサビキで下バリに冷凍イワシを付け根魚を狙っている人もおりアコウも数匹上がっていた。そうこうしていると空が急に暗くなり雷鳴とともにバケツをひっくり返したような雨が降ってきた。とりあえず全員キャビンに避難。するとすぐ船の横でバッシャーンとものすごい音、どうやら船のすぐわきの海面に落雷があったようだ。もうキャビンの中でみんなびっくり。しばらくして小雨になり船長から移動のアナウンス。イカのポイントまでは20分程。到着するやいなや船の安定を待ち船長から開始の合図。水深は55m、10m位まで誘って下さいとのこと。仕掛けはヤマシタの2.5号のマイカ用5本スッテに50号のオモリをつけて投入した。久しぶりなので勝手がわからないまま、とりあえず投入し着底を確認し底を切ってゆっくり誘いを入れてみると、竿先に小刻みなアタリがでた。そのまま微速で巻き上げるとアタリが大きくなった。どうやら乗ったようだ。中速で巻き上げると30㌢程のマイカが浮いたのでたぐり寄せようとすると思い切りスミを吐かれバラシ。残念。気を取り直し再投入。しばらくして照明が点けられると周囲も徐々に乗り出した。しかしながらほとんどが単発。1匹ずつポツポツとは上がるので飽きないが2時間経ってもオケの中はまだ10杯程だ。土曜日で船が多く散っているのかなかなか乗りが悪い。隣の弟はマイカ釣りは初めてだがふと目をやると竿を大きく曲げて良形のマイカを上げた。その後、少し潮が速くなってきて隣とのオマツリも多くなってきた。アタリがあって追い乗りをまっているとどうしてもオマツリする可能性が高くなるので船長から「あたったら出来るだけ早く上げてください。」とアナウンスがあった。しかしその後はオマツリは無くなったがアタリも少なくなった。ひたすらフォールでシェイクしたりしゃくったりといろいろやってみるが1匹づつアタリを乗せて単発で拾うのがやっとという感じだ。今日は、決定的なパターンを見つけるには至らず最後までポツポツという感じで午後10時の沖上がりタイムとなった。残念ながら土曜日で深夜便が控えているので延長戦はないようだ。まだまだ序盤で日ムラがあるのはしかたないがこれから10月に向け釣果が上向いてくるので釣況を見て是非また挑戦したい。当日の船の釣果はアジ 28~43cm 19匹、レンコ&チダイ 18~30cm 86匹、カイワリ 18~23cm 55匹、他、ガシラ、アコウ、ウマヅラ多数
マイカ 11~40cm 2~30杯(船中152杯)

海生丸
13:00~22:00
料金 10000円
五目用エサ・氷・サビキセット1000円
福井県大飯郡おおい町大島110-16 
TEL.0770-77-0419


kaise01.jpg
kaise02.jpg
kaise03.jpg
kaise04.jpg

直幸丸 小浜西津 スルyメイカ

日本海小浜沖でスルメ狙い
 小浜沖でスルメイカが釣れているとの情報から早速イカ釣りの好きな弟を誘って6月23日(土)小浜西津港の直幸丸を訪れた。渋滞を予測し名古屋を早めに出発したのだが港には以外に早く集合時間の1時間以上前に着いた。4時を過ぎると徐々に車が集まってにぎわってきた。まもなく船長が到着し受付が始まった。受付を済ませると釣り座の抽選となり、我々は右舷胴の間に決まった。荷物を積み込み準備にかかった。釣り客は、12名、全員集合したので予定より10分程前に出船となった。天気は快晴、ベタ凪。まさに釣れれば言うこと無しの天気だ。航程は、1時間半程だ。海も穏やかで気持ち良い。デッキで横になり仮眠することにした。やがてエンジンがスローになりポイントに到着。船長から『オモリ80号基準で棚は100mから50m付近、まだ明るいが準備できた人からやってみてください。』とアナウンスがあり釣り開始となった。先ず仕掛けを110mまで落とし込みスローで巻き上げながら誘いを入れてみると90m程で竿先が曲がりズシリと重みが伝わってきた。早速中速で巻き上げると良型のスルメイカから水鉄砲の洗礼を受けた。幸先いいかも?と思っていると日が落ちると同時に船上からLED照明を伴った最新の集魚灯が灯された。眩しいくらいだ。すぐにまた仕掛けを投入、今度はゆっくり落とし込むと70m付近でいきなりゴンッと降下が止まった。誘いあげると乗ってきたので中速で巻き上げると良型のスルメイカダブルだった。船長からもアドバイスがあり落とし込みで乗ることが多いとのこと。乗りが悪いときは、少し深めに落とし誘いあげながら巻いてくると確実に乗ってきた。しかしながら群れが薄いのか単発が多いので数が伸びない。最初は、プラヅノも付けたが乗ってくるのはスッテばかりなのですべてスッテ仕掛けに交換した。多点掛けは、なかなかないが降ろせば順調に乗ってくる。ほとんどが定番の赤緑、赤白のスッテに乗ってきた。隣の弟も休みなく順調に釣っているようだ中々が数が伸びないとぼやいていた。弟もほとんど単発で中々多点掛けが少ないようだ。そろそろ終盤になってきたのでその後釣れたイカは用意してきた沖漬けのタレに入れることにした。苦しそうにイカがもがいているのを見ていると船長から沖上がりの合図。時計を見ると既に午前0時を回っていた。当日の私の釣果はスルメイカ20㌢~35㌢ 35杯、弟は45杯。残念ながら爆釣とはいかなかったが釣り日和に恵まれ久々の涼しい夜釣りを楽しむことが出来た。ぜひまた次回は3桁目指して挑戦したい。

小浜西津港
直幸丸
.0770(52)1739
APC 竹川徳雄


竹 川 弟 です。
surume0001.jpg


surume0002.jpg

続きを読む »

鳥羽 ヒラメ釣行

続きを読む »

入鹿池 ワカサギ 

入鹿池のワカサギ                     
 
                       
1月3日、弟夫婦と私の3人で入鹿池にワカサギ釣りに出かけた。私の中では、ここ数年、正月休みのワカサギ釣りは恒例行事になりつつある。しかしながら入鹿池のワカサギも昔は簡単に束釣りできたものだが、年々厳しくなってきたような気がする。当日は、風もなくこの時期にしては比較的暖かくまさに釣り日和。現地には7時半頃に到着した。今回は、初めてお世話になる名竜亭でボートを二艘借り、えさの赤虫を購入した。店のご主人に釣況を聞くと場所によりばらつきはあるが比較的赤壁や五条川河口等、奥の方が数が出ているとのこと。早速準備をして桟橋のボート乗り場に向かった。天気良く風もないのですでにボートはかなり出ている。ボートを2艘連結してエレキ(電動スクリュー)をつけて沖に向かい出航した。最近はエレキ持参のお客さんも多いようで専用取り付け板の着いたボートも多く用意されている。とりあえずボートが多く集まっている赤壁前に向かってみることにした。ポイントに到着し準備をして投入。今日のタックルは1.6mのワカサギ専用竿に小型両軸リール、ミチイト0.8号、仕掛けはハリス0.3号、ハリは秋田狐2号、錘2.5号。上下に誘うとすぐに特有のプルップルッという当たりが来た。追い食いをしばらく待ったがこれ以上の反応がないので取りこんだ。体長9センチほどの上品なワカサギだ。久々のワカサギとの出会いに感激。店の女将さんが言っていたとおり今年のワカサギは型が良い。さあ今日はいけるぞ弟夫婦にもげきを飛ばし再投入した。今日は寒いとの噂でしっかり着込んできたが風がないので意外に暖かい。弟夫婦にもアタリが来て鈴なりとはいかないまでもぼちぼち上がりだした。棚は底付近のようだ7本針で始めたが掛かってくるのは下から一番目か二番目の針だ。一時間ほどしてアタリが遠のいてきたのでポイントを移動することにした。少し遠くの五条川河口の方に行くことにしてアンカーを上げてボートを走らせた。チョイ移動のときエレキはほんとに便利で良い。新しいポイントに着き再投入した。こちらもボートが多い。しかしながら周りはボートは多いがあまり竿が立っていない。あまり釣れていないようだ。しばらくすると群れが回って来たのかアタリが出だしてポツポツと釣れてきた。エサの赤虫は面倒だがこまめに交換した良い。少しでも白くなったら交換した方が釣果が上がるようだ。そうこうするうちにたまにダブルで釣れてくるようになりやる気が出てきた。そして今度は、大きなアタリ。ダブル、トリプルと思い巻き上げるとブルーギルだった。そこではみんなにブルーギルが掛かり、またポイント移動することになった。今度は、池の中央あたりに戻って再開。エサを新鮮なものに取り替えて仕掛けを降ろしオモリ着底とともにゆっくり誘い上げるとククッと本命のアタリ。しばらく待って巻き上げるとダブルでヒット。しかしアタリも長続きせずパッタリ止まってしまった。風がないのでボートで仰向けになっていると気持ち良い。あまりの気持ちよさにウトウトしてしまう。弟に呼ばれて目を覚ますと竿先が大きく揺れている。あきらかにワカサギとは違うアタリだ。上げるとまたしても大きなブルーギルだ。またまたブルーギルが寄ってきたようだ。昼を過ぎなんとか当初目標の50匹は越えたようなので上がって撤収することにした。
陸に上がって休憩し昔懐かしい中華そばばを頂いた。やっぱり寒いときは暖かいものが美味しく感じられる。当日の釣果は、昼まで頑張って約4時間ほどであったが7㌢~11㌢のワカサギを私が57匹、弟夫婦が96匹。その他ブルーギル多数。数は伸びなかったもののポカポカ陽気でのんびり釣りを楽しむことができた。名竜亭さんには貸竿等も用意されているので手ぶらできてもオーケーだ。風があると湖の上はかなり寒いので防寒対策だけはしっかりされたい。まだまだ十分いけそうなので家族で釣行されてはいかがでしょうか。
▼問い合わせ 
名竜亭
0568―67―0240
APC 竹川徳雄

続きを読む »

明釣会・竹岡沖カワハギ釣り大会

明釣会・竹岡沖カワハギ釣り大会

KAWA03.jpg
KAWA02.jpg
KAWA01.jpg

今年最後の会社の釣り大会、釣りものは何にしようか迷った中、賛成多数で今が旬の美味しいカワハギに決定。
この時期は肝が膨れて最高に美味しくなる。キモ和えで刺身を食べたら絶品だ。
12月17日(土)横須賀大津港の小川丸さんに総勢13名でお邪魔することになった。
カワハギはえさ取り名人と言われるだけあって難しいがゲーム性が高く挑戦しがいがある。
当日は7時集合で7時40分出船だ。
現地に着くと7時過ぎにはすでに大勢集まり皆釣り座を確保して準備している。
私は、寒いので日が当たりそうな右舷トモに釣り座を構えた。
全員揃ったので定刻より少し早いが出船となった。
昨日までの強い風も治まって波もだんだん凪いでくるとのことで安心だ。
この時期、天気を心配したが先ずは一安心。ポイントの竹岡沖までは約30分程。
しかしながらやはり沖に出ると少し波がある。
やがてポイントに着くと数隻のカワハギ船が既に釣り始めている。
船長から開始の合図が出た。水深は35m程。
早速配られたアサリのむき身を付けて第一投を投入。
着底後糸ふけを取って誘いを入れるが、反応がないのか全くアタリが感じられない。
しかし仕掛けをあげてみると見事にエサを取られている。
そんな中すぐに後ろの竹田さんからカワハギゲット!の声。気合いを入れて再投入。
すると今度はすぐにコツコツと小気味よいアタリ。巻き上げると上がったのは丸々太ったトラギスだった。
開始30分、あちこちで本命が上がりだした。そして今度は私にヒット。
オモリが着底するとともにいきなりグイッーと引き込まれ竿を大きく曲げて上がったのは、後計量27㌢、
当日最長寸のカワハギだった。なんと今日は幸先の良いスタートだ。
しかしさすがエサ取り名人と言われるだけあってそう簡単には釣らせてくれない。
アタリはかなりあるのだがなかなか誘いに乗ってこない。
来たーっと思うとベラだったりトラギスだったり外道のオンパレード。
そこで今度はタタキをいれないで着底後たるませてゆっくり誘いあげてみることにした。
するとトラギスとは異なる強いアタリ。期待を胸に巻き上げ本命ゲット。
周りを見ると結構竿が曲がっている。どうやら時合いが来たようだ。
私もすぐに同じパターンで数匹追加した。
これでコツをつかんだつもりだったが、その後ぱったりアタリが遠のいた。
そして今度は竿が大きく曲がったと思ったらどうやら根掛かりらしく仕掛けをすべて持っていかれた。
場所によっては結構根があるようだ。
昼12時を回ったところで私は12匹、周りの状況を見てみると既に10匹越えが数人いた。
さて私も後半頑張って数をのばそうとタタキ、タルマセいろいろ試みるが相変わらず外道に悩まされた。
しかし仕掛けを上げると下針にトラギスがついて上針はエサが付いたままだったので今度は、トラギスのアタリが出てもすぐに合わせず更に仕掛けをたるませてみた。
するとしばらくして本命らしいあたり。上げてみるとカワハギとトラギスの一荷だった。
その後は、このトラギスが掛かっても無視する釣法で数を伸ばすことに成功。
そうこうしているうちに残念ながら残念ながら沖上がり時間となった。
私の釣果は、15~27㌢のカワハギ19匹、外道多数。他の釣り仲間の釣果は15~26㌢のカワハギが4~30尾で他に良型カサゴはじめ外道多数。
この時期にしては、寒くなく釣り日和に恵まれ楽しい一日を過ごすことができた。
是非また挑戦したい。

大津港 小川丸TEL046-843-0053
神奈川県横須賀市
大津町1-22-5

料金 エサ付き
 8500円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。